動画活用・ディレクション基礎講座@宣伝会議 2020.02.20

動画活用・ディレクション基礎講座@宣伝会議 2020.02.20


案件で動画素材を使うことが増えてきたので、トレンドを学ぶために受講。動画活用・マーケティングの初級編として、期待通りの学びが得られました。

<動画市場・企画>
・良い動画とは何か
・動画の良し悪しを判断する目的設定スキルについて
・なぜ目的設定は重要なのか
・動画市場の「これまで」と「これから」
・動画の活用目的やジャンル
・動画に期待されることは、売上貢献かコスト削減
・認知から獲得まで、目的別の事例紹介
・まず「見て貰う工夫」を施すことの重要性
・実写とアニメーションの違い
・動画の社内制作と外注のポイント(パートナーのディレクション)
・制作予算の考え方

<企画・制作>
・目的とターゲットに沿った企画/構成
・撮影機材による違い
・動画制作ワークショップ ※4人チームでのコンセプトワーク(CM絵コンテ制作)
・撮影上の注意点
・各種動画、社内制作と外注のポイント(制作期間や費用の見極め方)

<広め方・効果測定>
・目的を明確にする
・コンテンツを拡散させるためのWeb動画市場の基本
・動画の配信について
・YouTubeを効果的に活用する4つのポイント
・伝わる構成
・Web動画の検討~活用~マーケティング
・バイラル動画について
・効果測定について
・KPI設定
・著作権

内容転載がNGなので感想文になりますが、、

●目的設定の重要さ、マーケティングの成功率をあげるためにすべきこと等、ロジカルに分析されていて面白かった。
●最近は動画内で使用するモデルや音楽で著作権絡みのトラブルが多くなっており、その対策が実務的な要件として何度も挙げられていた。
●3講義目の「広め方・効果測定」にてVSEOの具体的な事例紹介、既にyou tubeは予算がある企業にハックされつつある。動画の大量生産と細分化したVSEOアプローチでABテストを繰り返し、僅差の勝ち筋を奪い合ってる状況。(※ハック対象は検索結果や関連動画での表示位置、発信者の信頼度など)一握りのトップクリエイター、上記の企業CP、珍獣枠 で席が埋まっている。
●動画内の言葉や要素の検索技術 にはとても可能性を感じた。各社研究を進めているがなかなか難しく、Googleではマンパワーで対応している。


(雑感)動画マーケティングにおいて質は当然のことながら、量も重要になってきています。動画編集もそれなりに時間がかかる作業なので、大量のシリーズ動画の裏には膨大なマンパワーがあるわけですね。。昔、「IT土方」って言葉がよく使われてましたが、「動画の土方」も今後もどんどん増えていくんだろうなと感じました。動画工場だな、、、

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社ゆめみディレクター。雑食読書。