見出し画像

「人生は、死ぬまでの長い暇つぶし」

アプリで音楽を流していた時に偶然流れた曲の「どうせ人生 死ぬまでの長い暇つぶしなんだから」というワンフレーズが気に入った。

調べたら、『死ぬこと以外かすり傷』というコレサワの曲だった。歌詞はすごく好きなのに、何でこんなタイトルなの、とガッカリした。

「死ぬこと以外かすり傷」という言葉はすごく嫌い。大っ嫌い。この言葉に、どんな失敗や挫折も良い経験になるという、ポジティブな意味が込められているのは分かってる。

でも、事故に遭って下半身付随になったり、失明したり、多額の借金を抱えたり、大切な人を亡くしたりして、かすり傷な訳ないじゃん?「死ぬこと以外かすり傷」と他人に向かって言えちゃう人は、一体どんな人生を歩んできたの?と思ってしまう。



これは他人に向けて発する言葉ではない。あくまで「生きてさえいれば何度でも人生やり直せる」と、自分自身を奮い立たせるために使う言葉だと私は思う。

この言葉を言えるのは絶望を乗り越えた時だけ。今が幸せだからこそ、昔を振り返ってそう言えるの。

何か相談して「大丈夫大丈夫!死ぬこと以外かすり傷だよ!」とか言われたら、死んじゃうわ。そんなことをふと考えさせられました。


「死ぬこと以外擦り傷」というこの言葉、基本的には嫌いだけどコレサワになら言われてもまあいいかなって思った。

私はコレサワの『私を彼女にしたいなら』という曲が好きで、よく聴いていて。コレサワになら言われてもいい。コレサワ好きだし。説得力がある。

結局誰に言われるかって大切ですよね。人生は死ぬまでの長い暇つぶしなんだって!


この記事が参加している募集

私の勝負曲

思い出の曲

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yume

受け取ったサポートは記事作成に役立つように使わせていただきます。

わーい!!!
24歳/社会人/ほぼノンフィクション 人に言えない心の内を吐き出してます。