AvatarGrabシーンを動かす

はじめに

OculusIntegrationのSampleFrameworkにはたくさんのシーンがあるので、 一つずつ遊んでみようと思います。

環境

2019年10月3日現在
- Unity2020.1.0a5 → Unity2020.1.0a8にUpdateし両方確認
- OculusIntegration v1.40

AvatarGrabシーン

Oculus/SampleFramework/Usageフォルダの中にシーンがあります。
このシーンは大量のオブジェクトがあって、それを掴んで遊べます。

動かし方

LocalAvatarWithGrabオブジェクトのOVRAvatarスクリプトを開くと、ControllerShaderが外れているので、以下のShaderをアタッチする。この設定をしないと死ぬほど重くなった。

画像1

これだけでも起動すれば、ものを掴むことができますが、自分の手が全く見えません。 OculusAvatarの設定をする必要があります。

Oculusメニュー>Avatars>EditSettingsを開く。

画像2

画像3

ここに入れるAppIDはOculusのDashboardでアプリを作成して取得する必要があります。 作り方の記事を昔書いたので参考にしてください。OculusPlatformのSettingについて - Qiita

  • - OculusRift, RiftSを挿したPC上で確認したい場合
        - DashboardでOculusRiftアプリを作成しIDを取得し、OculusRiftAppIDに入力する
    - OculusQuestで試したい場合
        DashboardでOculusGoアプリを作成しIDを取得し、OculusGo/Questの欄にIDを入力する

↑二つともGetして入力しておくと良いと思います。

Build

OculusQuestでビルドしたいときは、こちらのBlogを参考にしてください。Unity+Oculus Quest 開発メモ

遊ぶ

机にボックスがあるので掴んだり投げたりできます。

気になったこと
両手にボックスを持って一つのボックスを挟めるが、間のボックスを潰すように手を動かすと貫通してしまうので若干気持ち悪い

まとめ

ものを掴めるのは気持いい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
1
大阪大学理学部卒 新卒入社4年目のXRエンジニア IT企業でVRやARについての研究開発をした後、ゲーム会社に転職してまたしてもVRやARの開発をしてます エンジニアをしながら異国を旅しながら生活したいです 写真はエストニアのタリンです