見出し画像

好きなゲームから面白いゲームを考える

最近ゲームを作っています。
どう面白いゲームを作るか、何が面白いと言えるのか。
そんな事を考えるには、まず自分がどういうゲームを面白いと感じるのか、をダラダラ考えて書いてみようと思いました。

自分を見つめるために書いていますが、
「自分は何を好きなんだろう、どういうものが面白いんだろう」
と悩んでいる方が、もし参考になれば幸いです。

注:一般的に面白いゲームの話ではなく、自分にとってどういうゲームが面白いと感じるのかを考えた記事です。
書かれたゲームの評価を下げるわけではありません。

僕のゲーム歴

自分のゲーム歴を振り返ります。
就活の時にもやりました。
自分の好きなもの, ゲームとか遊びとか, 人とかも振り返って。
そこから抽象的に自分が何を好きなのかを言語化した事が凄い活きたので、もう一度ゲームでやってみます。

小学校

小学生の時はスマブラやドカポン、ゴールデンアイなど、友達の家でコミュニケーションを取りながら、競うゲーム。今でも人とのコミュニケーション要素があるゲームはほんとに大好きなんだけど、多分ここがルーツ。
(結構マイナーですかね、人生ゲームとRPGを合わせたみたいなゲームで本当に友達同士で仲悪くなるくらいえげつない心理戦が行われます。)

画像1

中学校

中学生では、学年順位で○○番以内に入ったらPS2を買ってくれる、という親の言葉を信じて猛勉強し達成。その後になぜかゲームキューブを買ってもらいグレてしまう。
私はドラクエとFFをやりたかったんです。
任天堂のゲーム機では当時ドラクエやFFは出ないというお決まりでした。
小学校の時から友達の家に行って、ただただ見るだけだった憧れの別世界。。。
今でもRPG要素やVRの世界が大好きなのはここから来ているのかも。
(普通のゲームキューブじゃなくて、DVDが見れるパナソニック製のゲームキューブだったんですよね、見たことありますか?)

画像2

高校生

高校生では、中学でも一緒ですが、周りで流行ったゲームを楽しむ感じ。やっぱりコミュニケーションツールだったな。
ロックマンエグゼ(青春)、メタルギアソリッドポータブルオプス(ローカル対戦あり)、モンスターハンターなどなど。
たまにゲームボーイとかで出たゼルダとかDSの逆転裁判とか、周りはあんまやってないけど、ストーリーものには手を出してました。
ポータブル系のゲーム機は買ってもらえてたんですね。
ちょっと特殊にレッドストーンもかなりやりましたね。
PCで流行ったMMORPGゲームです。
これには結構びっくりして、お互い家にいて同じ世界を旅出来るってホントヤバイ!!って興奮してました。
今思うと、友人とコミュニケーションが取れて、異世界を旅出来るって、二つを完全に兼ね備えた最高のゲームだったのかもしれないです。

画像3

大学生

大学生になると一人暮らしになり、満を持してPS3を買いました。
やっぱり一人暮らしとテレビ必須のゲーム機の相性は良いですね。
ここで長年貯めてきたRPG・アクション系をひたすらやる生活へ。
FF7, FF9, FF13, メタルギアソリッドシリーズ前作, テイルズオブジアビス, ドラクエ8, キングダムハーツ...
FF7とかメタギアとかアビスは涙が止まらなかったですね。。
FF13はあんま好きじゃないんだけど、泣きました。
グラフィックと音楽、キャラのデザインほんと大好きでした、がストーリーがあまり好きじゃなくて。
泣くポイントは結構変わってて、ほんとにずっと一本道のストーリーを進まされて、急にでっかい広く自由度のあるステージに行ってわくわくするんです。
けど、どこにも人がいない。やっと人がいるであろう仲間の故郷に行くと、悲しい音楽とともに廃墟のような町が現れる。。ここで泣きました。
ほんとに寂しくなっちゃったんですね、、この世界に僕だけなの?という気持ちになりました。もちろん、家を出れば一杯人はいるんですけどね。
完全にスクリーンの向こう側に、音楽とグラフィックだけで持っていかれるという凄まじい体験でした。
こんな体験が僕は好きです。
(ちょっと久しぶりに聞きたくてYoutube探したら凄い似たコメントがありました。普通に良い曲なのでぜひ。下の画面クリック)

画像4

大学生くらいになってくると、ソーシャルゲームが流行りだしました。
白猫プロジェクト、ツムツムなどなど。
そこそこやりました。が、全くハマれなかったんですね。
白猫に至っては、友達と一緒にプレイもしたし、同じ世界を旅している。
なぜハマれなかったのか。

ネガティブな理由も結構大事。
ここまでの好きになったゲームの理由から、好きになれなかった二つの理由を推定。

一つ目に、コミュニケーション要素に対する好き、を他のアクティビティに持ってかれていたという事でしょうか。
大学生同士住んでる家が近く、遊ぶ・コミュニケーションを取る物が無数にあった(鍋・麻雀・映画鑑賞・旅行などなど・・・)
大学生になって無限に面白い、楽しい事が増えてしまった。

二つ目に、世界に没入できなかった。
これが大きい要素だと感じています。
全てのストーリーがきっと作りこまれているとは思うんです。
でも、ガチャを使わせたいだけなのかな?っていうのが頭によぎるせいか、どうしても物語に入れなかったんでしょう。
あと操作が単純すぎる物が多かったり、タップしていけば世界が進んでいって冒険している感が得られなかったのも大きかったです。

多分、ゲーム要素の中で何かを集めるのが好き、という人もいて、そういう人はソシャゲは凄い楽しめるのかなって思います。
僕もカードゲームはやってたし、ポケモンもやってました。
でも、自分の中ではコレクション < コミュニケーション に重きが置かれているようです。

僕の好きなゲーム要素

一旦、まとめてみます。
1. 友人とコミュニケーションが取れること
2. 現実にはない新しい世界に没入できること

僕はこれを就活の時にゲーム以外の好きなものである、映画やアニメ、漫画からも分析し、上の二つを共通項として得ました。
ゲーム業界も考えていたんですが、
僕は映画もアニメも漫画も好きだったんです。
ゲームは大好きだけど、上の二つの要素を満たす一つだ。という事に気づいてしまい、ゲーム業界を志しませんでした。

書き始めたらダラダラ長くなりすぎたので、いったんここで終えます。
次は、会社に入ってからのゲーム事情を書いていきたいと思います。
(ここを書きたかった。。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
大阪大学理学部卒 新卒入社4年目のXRエンジニア IT企業でVRやARについての研究開発をした後、ゲーム会社に転職してまたしてもVRやARの開発をしてます エンジニアをしながら異国を旅しながら生活したいです 写真はエストニアのタリンです