見出し画像

フルスタックエンジニア(非企画出身)がWebサービスをリリースして3週間ほど経って気づいた、施策の優先順位

こんにちは、最近受託開発をやめて、無謀にもサービスを
作り始めちゃった、MoldSpoon Inc(ひとり会社)のyuku_tasです。

マイクロスキルシェアサービス「ラクダタスク🐫」
https://rakudatask.com/
をひとりで作っています。

小規模な仕事をこなすとアマゾンギフト券でその場で報酬化できる。
サクッとバイトするにはお誂え向きなサービスだと思っています。

で、本題です。まあ「なんでも一人でやっていい」ということは、よく何からやっていいかよくわからなくなる。んですよね。

そこで、サービスをリリースしてから3週間ほど経ちましたが現時点でこんな感じでやることの優先順位をつけている、というのを整理しておきたいと思います。

優先順位1位:施策の実行順序を考える。

やることの整理と順番を決める。まあ当然でしょう。
材料となるのは以下。

・周りの反応

 友達やパートナー、先輩、メンターの方からのご意見です。

 「この画面のこの機能が使いにくい」という間接的なものから、
 「このビジネスモデルではこういう施策が向いている」というピンポイントそのものズバリのご指摘まで。

好意をもってアドバイスしていただいておりまして、8・9割は取り入れる決定をしていると思います。(逆に取り入れないのは、自分が目指しているサービスと方向性が違うとき、かな)

・ユーザーのサービスの回遊具合
ログ、GA等から、ランディングからサービスのどこに回遊しているのか等を分析してフローなどの改善案を考える。間接的な証拠なので、これをもって今後の施策を決めることはない。他と組み合わせて使う。

・CVに至るフローの見直し
 (まだ母数が少ない)
CVに至ったユーザーの行動は離脱したユーザーと比べ、ポジティブな材料として参考にしやすい。「ああ、俺の考えていた〜〜という施策は正しかったんだ!」っていう意味で。でも、改善点がまだ多いフェーズなのでむやみに参考にしない。自己満足、精神衛生上の薬にとどめておく。

これらのデータを見てPDCAを回し、次の一手の実行順序を整理

現時点ではデイリースクラムみたいな感じで、1日の始まりか1日の終りの
時間にまとまった時間を取り(またはカフェとかに行って)Evernoteにメモを取りながら脳内を整理している。

いまは、多分人生で一番小さいユニット単位でPDCAを回している。

(炎上案件をやってたときはもっと小さいサイズで回す、、というよりメダパニがキマってたけど、、、)

優先順位2位:ソーシャル系の施策

・サービスのtwアカウントでフォロー・リアクションを最低1日1時間はする。単にヨイショだけじゃなくてきちんと意味のあるポストもする。
(まだこのあたりの最適化については実践および勉強中)
・分析に際してはsocial-dogなどのツールも使う
・ブログの記事を書く、qiita/noteにポストする。(やり始めたところ😘)

地道にやれば着実にユーザーは流入して効果検証の助けになりそうなので、開発ほどやってて万能感はないけど、やるように心を整える。

やらないと死ぬ(という肌感あり)。

優先順位3位:小さい機能の改善・開発

PDCAの結果上がってきた、課題について機能改修をする。

改善しないとボケている課題の仮説が本当に解決すべきなのかが判断できず、迷いが生じたままう走ることになってしまう。

常識的に考えてこのくらいは必要だろう、という「仮説が検証できる」ところまで開発をやりきる。やりきらないとやる意味がない。(機能を「工事中」で留めるのは愚の骨頂感がある)

優先順位4位:書籍・メディアからのインプット

インプットはブログ等で同時にアウトプットに流用もできるので、スキマ時間を利用してインプットを行う。

優先順位5位:大きな機能の改修またはピボット

今の僕が置かれた状況(フルスタックエンジニア1名での開発)下では1週間以上かかる大きな機能の改修は、ピボットと同じくらいエネルギーを使う行為と思っていたほうがいい。

リーンスタートアップでいうところの「見せかけの仕事」になるリスクがとてつもなくデカイので、手は極力出したくない感ある。

1〜4位を回し続けた結果、どうしても行き詰まる結果がでてきたときに
考えるべき。ただしサービスが軌道に乗っていない段階では週1回0.5〜1時間くらいでもいいので、実行を考える時間を設定しておいたほうがよさそう。

毎日考えるのは投資効率が悪すぎる行為なので、思いついた時以外は一切考えないようにする。積みタスクにしておく。

その他、気づいたこと


サービスのクオリティを高めることと、ピボットして作り直すことは実は相反する概念じゃなくて、正の比例関係にあるイメージがある。

たとえビジネスモデルやセグメントを変えたとしても、上記で言う1〜4位のサイクルを回した経験は、無駄にならないと感じる。

近接領域へのピボットじゃないと知見は生きにくいと思う。
しかし業界の設定自体が万が一間違っているときに、いつまでもそのサンクコストを意識してたら死んでいくだけなので、厳然と判断したい。


以上です。

フェーズが変わると考え方も変わると思う。
今はPDCAを回せている感じがあって、一人の作業者としては凄くいい感触を得ている。今後の人生に活かせそうな感じがとてもある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
開発会社経営10年 プロマネ/PHP/Swift/Java/データ分析 etc. 本気で「ものつくり」してる人です😉 https://moldspoon.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。