齋藤 優子 / こりん

’88生まれ。2013年よりQHHT催眠誘導士として全国各地で活動。東京から鹿児島離島に移住。歌や文章、話すことで表現するのが生きがい。noteでは自身の経験や不思議な体験を元に小説やエッセイを書いています。地球フェチ。https://www.yukosaitoqhht.com/

齋藤 優子 / こりん

’88生まれ。2013年よりQHHT催眠誘導士として全国各地で活動。東京から鹿児島離島に移住。歌や文章、話すことで表現するのが生きがい。noteでは自身の経験や不思議な体験を元に小説やエッセイを書いています。地球フェチ。https://www.yukosaitoqhht.com/

    マガジン

    • ハウツー

      ハウツー系の記事をまとめています。

    • 新しいドリーム・ワーク

      こりんと双子の妹みちこが独自に編み出した「夢リーディング」でハイヤーセルフと繋がり、現実に活用していくところをシェアしていきます。

    • クンダリーニアウェイクニング

      私がツインソウルと出会ってクンダリーニ覚醒した話をまとめています。

    • コネクト

      連載小説「コネクト」の記事はこちらにまとめてあります。

    • エッセイ

      エッセイの記事をまとめてあります。

    最近の記事

    太陽フレアの影響?アセンション症状?体調不良/うつ症状/耳鳴り/頭痛/眠気の原因と解消法!

    お久しぶりです、こりんです♪ 昨日、シェアメイトが珍しく頭が痛くて体調が悪いというので、「新月の影響じゃないの〜?」なんて言っていたら、私もその日はだるくて一日寝てしまいました。 その後xクラスの太陽フレアが起こったことを知り、これのせいか〜と思って昔自分のブログにも書いたことを思い出し管理ページを開くと、以下の記事だけ700アクセスあったのでなるほど〜と思いました。(普段ブログは更新頻度が少ないためアクセス少ないので珍しいこと😅) つまり700人が同じように何らかの体

      • 潜在意識の部屋 【新しいドリーム・ワーク day3】

        こんにちは、こりんです♪ 今日は繰り返し見る夢を見たので違う角度からのリーディングになりました。 繰り返し見る夢は特に潜在意識からのメッセージが 込められており、その意味を理解するまで見続けます。 一見なんだか分からないような夢でも、夢に流れがあって、後日夢の続きを見ることによって理解できることもあります。 【内容】 私は広い部屋を眺めている。そこは私の持ち物だと分かっている。部屋は一部屋で、テニスコートくらいの大きさ。天井には大きなクリスタルのシャンデリアが二つあっ

        • 夢はヒーリング 【新しいドリーム・ワーク day2】

          こんにちは、こりんです♪ 前回お話ししたように、夢と夢リーディング内容をシェアしようとおもいます。 読んでいない方はこちら→ 【潜在意識と繋がる】新しいドリーム・ワーク day1 今日は夜寝たときに見た夢と、昼寝をしたときに見た夢二つあるので二つ書いていきます。 昨日の夢は結構変な夢で意味が全然わからなかったので、シェアしませんでした。夢は全部意味があるってわけでもなくて、結構意味わからないものもあったりするのです。今日は割とわかりやすかったかなと思います。 【内容

          • 【潜在意識と繋がる】新しいドリーム・ワーク day1

            こんにちは、こりんです♪ 今日から夢日記を書いていこうかなと思う。昨日寝る前にお願いしたインスピレーションはこれだったわ。私は小学生のころに夢に興味を持ち、中学生の頃から夢日記を始めて明晰夢を見るようになり、今まで毎日のように書く時期もあったりなかったりを繰り返している。私は基本的に毎日夢は見て大抵覚えているので記録することができる。夢は潜在意識の領域であるから、ハイヤーセルフがダイレクトにメッセージを送れる場所であり、過去のトラウマや現在の自分が顕著に現れるのだ。そこで夢

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ハウツー
            齋藤 優子 / こりん
          • 新しいドリーム・ワーク
            齋藤 優子 / こりん
          • クンダリーニアウェイクニング
            齋藤 優子 / こりん
          • コネクト
            齋藤 優子 / こりん
          • エッセイ
            齋藤 優子 / こりん
          • 自己紹介
            齋藤 優子 / こりん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ソウルメイトと出会ってクンダリーニ覚醒(スピリチュアルセックス)をした話 その2

            こんにちは。量子催眠誘導士のこりんです。 この記事は前回のつづきです。 まだ読んでいない方はこちらからお読みください→ ソウルメイトと出会ってクンダリーニ覚醒(スピリチュアルセックス)をした話 その1 2020年の10月、私がした(かもしれない?)「クンダリーニ覚醒(スピリチュアルセックス)」の不思議な体験について自分なりに考察しながら書いています。 その1はクンダリーニ覚醒とはなにか、覚醒する方法とは、その前兆やわたしの体験談などについてお話ししました。 今回その

            ソウルメイトと出会ってクンダリーニ覚醒(スピリチュアルセックス)をした話 その1

            こんにちは。量子催眠誘導士のこりんです。 去年鹿児島の離島「沖永良部島」に移住して島暮らしをしながら発信しています♪ 今回は去年2020年の10月、私がした(かもしれない?)「クンダリーニ覚醒(スピリチュアルセックス)」の不思議な体験についてお話しようと思います。 驚きの体験だったのでシェアしたいという気持ち半分、どちらかというとこの体験を公開して、同じような体験をした方がいれば情報交換できたらなという思いもあり書くことにしました。 正直自分がした体験を共有できる人が

            予兆 // 連載小説コネクト #6

            東京 「やりたいこととかあるの?」 「今しか出来ないことってあるじゃん? だからやりたいことはやんなきゃね」  ヒカリは、会ったばかりの中年男に作り笑顔でそう答えた。いつもはなんともないが、バイトで疲れていたので世間話はさっさと終えたかった。ヒカリは中年男から2万円を受け取り、制服のポケットに入れ、車から足早に出て行った。 「これは女子高生のうちしか出来ないことだね」ポケットの中で札をこすりながら、ヒカリは颯爽と家に向かって歩いていた。ヒカリにとって男性を”慰めて”あ

            WHO AM I? 何をしても私に戻っていく私

            ライターの仕事で依頼された記事を書いていたり、やりたいことを後回しにしているとき、「無性に」自分の思いをつらつらと吐き出す文章が書きたくなることがある。ライターの仕事があるのは文章を書くのが好きな私にとってありがたい仕事ではあるけれど、自分の思った通りに「何も考えずに文章を書く」ことほど気持ち良いものはないなと思う。 先日、自己紹介(こりん自己紹介 ー現在編ー)を書いて分かったことがあった。思い返してみれば私は今まで、自分の自己紹介をあんな風に書いたことがなかったので、とて

            こりん自己紹介 ー現在編ー

            こんにちは、こりんです。 私はあまりにもやっていることが多いので、改めてここで自己紹介をしたいと思います。簡単には説明しきれない、私の独特なプロフィールをお楽しみください。  |アバウトこりん齋藤優子(32)周りには「こりんさん」「ゆうこさん」「ゆうこりん」と呼ばれる。どこでも堂々としているせいか、学生時代の頃から同い年や年上の人にも「さん」付けで呼ばれることが多いので「ゆうこ」と呼び捨てされると嬉しい。童顔のため未だに20代半ばに見られることが多々あるが、仕事でもアング

            私が思う「優しい食事」とは?

            例えばヴィーガンで動物に優しい生活をしていたとしても、その人が自分を否定ばかりしていたり、誰かを否定ばかししていたり、自分の知識を押し付けるあまりに、家族や友人と食事を楽しめない状況があるとすれば、私はそれは悲しく感じるのです。 動物性の食事をしないのは個人の選択であり、自由です。しかしそれを選択するあまりに、誰かにとって「優しくない」状況を自ら作り出してしまいたくないと、私は思うのです。 もし、ヴィーガンになったことで体調を崩した人がいれば、それを無理にでも続けることは

            わたしが 自分を「ヴィーガン」や「プラントベース」 と言わなくなった理由

            初めて会う人、久々に会う人との食事の場面でよく思うことがある。 「動物性のものは食べない」と話すと「ヴィーガンなの?」と聞かれる。 わたしは一応「菜食だよ」と答える。この会話にいつも違和感を感じている。 わたしは「カテゴライズ」や「定義」があまり好きじゃない。なぜなら枠に収められるほど自分は窮屈に感じるから。 わたしは、 「野菜とフルーツが好きな人」 「納豆とおにぎりと味噌汁が好きな人」 「自分、他人、動物、環境、地球に優しくいたい人」 ただそれだけだ。 わ

            歴史の授業 // 連載小説コネクト #5

            ブルースター  ブルースターでは、”経験”の少ない子供たちに授業をしている。「リーダー」の授業は人気で、毎回たくさんの子供たちで賑わっている。授業はホログラムで参加できるので、どこにいても受けることが可能だ。 「ーーこのように、この星の生物は生殖機能がないため、クローンを作り続けたが、著しく愛が育たなかったため、滅んでしまいそうです。”絶滅危惧星”はここまで。次の星を見てみようか」リーダーがホログラムの映像を切り替えた。 「次の星は、銀河中でも珍しい経験をした星です」子

            【保存版】アセンション(次元上昇)で起こる症状とその緩和方法!眠気・だるさ・耳鳴り・関節痛の原因

            こんにちは!催眠誘導士のこりんです。 地球上のほとんどの人が気づいていますが、今地球は、変化の真っ只中で、歴史が大きく動こうとしています。 そして今、地球ではスピリチュアルピープルがいうところの、「アセンション」が起きています! これに伴い、様々な症状が現れることがあるので、戸惑わないためにもチェックをしておきましょう。 アセンションとは? アセンションとは、次元上昇のことであり、現状ある、恐れや戦争がある地球から、宇宙の仲間と共生し、愛のある「新しい地球」に変化し

            世界の平和は、 心の中から、 起こっていく

            長いこと人類が取り組んできた「光と闇の統合」 いま急速に、世界が一つになろうとしている。 私たちは、愛の「無い」ところに、愛が「必要」だと気づく。 「不健康」になったときに、「健康」の大事さに気づく。 私たちは、「不足」からしか「必要」なものを学べない。 最初から「ある」ものには、必要性を感じないから。 だから私たちは、多様性の美しさを学ぶために、 「分離」を経験している。 思いだそう。本来私たちは元々「ひとつ」だということ。 全ての存在に、「違い」があるか

            本来の自分とは? どんな自分も受け入れる

            昔はやんちゃだった。今より思っていることが素直に言えなかった。 だからパンクバンドで爆発して、歌うことでしか表現できなかった。 でも実はそのときと、今とで言っていることは何ら変わっていなくて、 わたしはずっと「周りは関係ない!」「わたしはわたしよ!」 と言っているだけだった。 昔と今とで何が違うかって「何もかも違う」ようで、「全てそのまま」にも感じる。 ひとつだけ違うところは、わたしは「ハイヤーセルフ」の存在を知ってから「孤独」じゃなくなったということ。 いつも

            自分の死を意識すると、今を大事にできる

            先日友人が臨床心理学の礎を築いた「河合隼雄先生」のことを書いたある記事を紹介してくれ、それを読んで思ったことがありました。その中にある 〈人間だけは自分が死ぬということをすごく早くから知ってて、(中略)ほんとに人間というものを考えたら、死のことをどこかで考えていなかったら、話にならないですよね〉。 『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』(1999年、新潮社)から引用 この文章を読んで、何かが引っかかった。私はミステリー小説やSFアニメによくある、主人公の知らない「未来に起こる