見出し画像

我が家秘伝のオリジナルレシピ*極太きゅうりの"きゅうり丼"

夏。
お義父さんの家庭菜園のハウスで採れる極太きゅうりは、ジューシーで新鮮で家族みんなが大好きな旬の食材です。

毎年、初物は仏前にお供えしてからいただいています。


きゅうり丼01


まずはザクザクと切って、シンプルに塩やもろみ味噌で。
次に豚バラ、わかめ、えのきと合わせてポン酢炒めに。
定番の酢の物、やみつききゅうり、千切りの大葉と冷奴にのせて…

そうして1週間ほどが過ぎた頃からでしょうか。

次第に毎日大量に収穫される極太きゅうりと、調理担当の私との格闘が始まることになります。


きゅうり丼02


なんせ極太ですから、食べても食べてもなくならないのです…

6人家族の毎回の食卓にのぼらせたとしても、1日に使うのはせいぜい2~3本。

なんとかヤツを大量消費できる方法はないものか…

きゅうり丼は、そんな格闘の末うまれた「我が家の秘伝レシピ」です。
またの名を「苦肉の策」とも言う… 笑


極太きゅうりの"きゅうり丼"

きゅうり丼03

■材料(6人家族なので6人分です)
・極太きゅうり 2〜3本
・豚ミンチ 300gほど
・和風顆粒だし 1袋
・塩、コショウ、醤油 ※ざっと味見をしながら適量
・水溶き片栗粉 ※しっかりとろみがつく分量
・ご飯 各自どんぶりに1杯

ざっくりとした分量でスミマセン…(おおざっぱなO型)

■作り方
①きゅうりはタテ半分に切った後、5ミリくらいの斜め切りにする。
②鍋に①を入れ、かぶるくらいの水を加えて沸騰させ、中火で煮る。
③きゅうりが少しやわらかくなったかな、という頃合いに豚ミンチを入れ、しばらく沸騰させる。
④和風顆粒だし、塩、コショウ、醤油で味付けする。
⑤いったん火を止めて水溶き片栗粉を入れ、弱火でとろみがつくまで煮る。
⑥どんぶりによそったご飯の上からかければ完成ー♪

あまり煮すぎると具としてのきゅうりの存在感がなくなってしまうので、少しやわらかくなるくらいを目安に。

とろみのある丼なので、老若男女に好まれます。
豚ミンチからいい旨みが出るんですよ〜

材料数が少なく工程がシンプル ←ここ重要
そして美味しい♪♪

さらに

きゅうり丼に汁物と、ザクザクと切ったきゅうりを付けたりなんかしたら、1回の食事で極太きゅうりが4本も消費できるという!!


きゅうり丼04


今年から1人暮らしを始めた娘も、この夏に作ったと写真を送ってくれていました。

娘にとって「家の夏の味」になっているんだなぁと、ちょっとうれしかったな。

我が家の秘伝レシピ、極太きゅうりのきゅうり丼。
よろしければぜひお試しくださいね(^^)


*はじめましての方はこちらをどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Happy (^^)♪
125
デザイン想|代表|デザイナー *投稿は仕事のこと、心のこと、日々のことなど。ゆる~いもの、自分の世界を拡げてくれるものに惹かれます。

こちらでもピックアップされています

暮らしをよりよく
暮らしをよりよく
  • 10本

暮らしをよりよくする(かも… な)発見や法則、知恵、レシピを紹介するページです。

コメント (14)
きゅうりがどんぶりになるとは‼
フォローありがとうございます。よろしくお願いします。
きゅうりも驚いているかもしれませんね(^^)
透明水彩の世界、ステキですね!しっかり描き込まれたものもラフなスケッチも、見ていて心ときめきます✨
どうぞよろしくお願いします♪
きゅうり丼🥒
きゅうりってどうしても生のままのイメージでしたが、火を通しても良いんですね😁
そうなんですよ〜
わが家でも生でザクザク切ってそのままだったり、浅漬けで食べることの方が多いですけど、きゅうり丼とポン酢炒めはナカナカいけますよ(^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。