ゆっくりノベル

★新しい小説の形に挑戦してます。 読む小説から、聞く小説に。 ★Noteでは、オーディオブック版も用意してます。 ★あらゆるジャンルの短編に挑戦中です。 ★音源は、CoeFontSTUDIO様よりお借りしてます。 感謝&支援! https://coefont.studio/
    • ゆっくりノベル 短編集

      • 9本

      書いた短編を纏めました。 ジャンルはたくさん。 好きなものだけつまんでください。

    • 美しきハンコ泥棒、ブス子

      • 8本

      ほとんどノンフィクションです。

    • オーディオブック版 一覧

      • 8本

      音源は、CoeFont STUDIO様よりお借りしております。 https://coefont.studio/

    • 追越車線上のアリア

      • 12本

      レンタカーを借りるときは、安心パックをもりもり付けてます。

    • 鍛冶工 スミスに微笑みを

      • 8本

      産業革命のころは、1日あたり14~16時間の労働だったそうです。今とそう変わりませんね。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

【短編小説】 プリンセス・ルルと伯爵の奇妙な愛情

 ルルと伯爵様は愛し合っています。何故なら、道端でうつむいていたルルを気に入って拾い、きれいなドレスと石の塔をあてがってくれ、『プリンセス・ルル』と名付けてくれ…

【短編小説】 美しきハンコ泥棒、ブス子

 そう、私はブスだ。  誰もが認める事実。  今年で27才。地元の女子校を出て4年。民間企業の総務課で働いている。残念ながらロクな社会人じゃない。  彼氏いない…

【ゆっくりノベル】 美しきハンコ泥棒、ブス子 ~峰不二子になりたかった女~ ED

 私の長い長い言い訳を聞いて、ゴリラは楽しそうな笑い声を上げた。 「ハハ、ごめんよ。ハンコを忘れたボクのミスだ。これ一枚だけ?」 「アッハイ。それだけデス……」 …

【ゆっくりノベル】 美しきハンコ泥棒、ブス子 ~峰不二子になりたかった女~ ⑥

 ん? とゴリラはつぶやいた。しばらく引き出しをあさる音が響いた。  長い時間だった。背中がだんだんと痛くなってきた。腹も支えて過呼吸になっていく。苦しい、とて…

【ゆっくりノベル】 美しきハンコ泥棒、ブス子 ~峰不二子になりたかった女~ ⑤

 部屋には誰もいなかった。ブーンと古いコピー機が鳴っている。営業シマには薄ぼんやりと明かりがついている。人っ子一人いない。  ぐっとガッツポーズを上げた。私はゴ…

【ゆっくりノベル】 美しきハンコ泥棒、ブス子 ~峰不二子になりたかった女~ ④

 私は階段で3階まで行った。ブルゴリとのエンカウントを気にして、エレベーターは使わなかった。ペタペタと段をのぼる音が響く。  渡り廊下に着いた。薄暗い建屋の中で…