見出し画像

ライジングサンとサカナクションの配信

コロナ渦の今、音楽業界ではネット配信ライブは主流だ。かくゆう私も足繫くライブに通う日常から180度変わり、自宅で配信ライブを楽しむ日々を過ごしている。

そんな中、この夏印象に残ったライブ配信が2つある。「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube」と「SAKANAQUARIUM光 ONLINE」だ。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube

「RISING SUN ROCK FESTIVAL」は北海道石狩市で行われている夏フェスだ。その歴史は古く、フジロック・ロッキン・サマソニと合わせて4大フェスと言われている。今回の配信はコロナの影響で中止となったRSRの開催日、8/15 22:00から5:00までのオールナイトで実施された。

内容は過去パフォーマンスの配信、弾き語り、料理、討論会など様々な催しが行われた。配信中はTwitterでも大きな盛り上がりを見せ、「#RSR20」タグが世界トレンド1位になるほどだ。個人的にもTwitter内で各界隈の方々と交流ができ、とても楽しかった。意外にも、恋つば界隈でも配信を見ている方がいて少し驚いた。

ここまでの盛り上がりを見せたのはライジングサンが長年、道民そして日本の音楽好きの皆様、出演者に愛されてきたフェスだからであろう。

来年どうなるのか、まだまだ先は見えないが開催が実現した暁にはまた行きたい。そう思わせてくれるライブ配信だった。

SAKANAQUARIUM光 ONLINE

サカナクションは男女5人で構成される日本のロックバンドだ。今回の元々予定されていたアリーナツアー「SAKANAQUARIUM光」と同じタイトルを銘打っている。私はお茶の間でテレビで拝見させて頂いた。

凄かった、とにかく凄かった。まさに革命だった。

各SNSで公式からも示唆されていたが、今回の配信に当たって何度も入念な打ち合わせとリハーサルが行われた事が伺える。

演奏であったり、映像演出であったり、照明であったり、音響や曲順も含めて全てが緻密に絡み合い「オンラインでの表現」を見事にやってのけたチームサカナクションに完敗である。

その全てがリアルタイムで行われた事、最後にまた生のライブに行きたいと思わせてくれる。そんな感動を与えてくれたサカナクションに感謝を述べたい、ありがとう。

道産子魂の競演

今さら気づいたのだが、ライジングサンもサカナクションも北海道にゆかりのある2者ではないか。何だか道民を贔屓しているような感じになってしまったが、まあ良いだろう。

これからも道産子魂を持つ音楽関係者が私たちに夢を見せてくれるように応援したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
4
北の大地でベース弾きながらSEやっている人

こちらでもピックアップされています

好きな音楽、低音
好きな音楽、低音
  • 4本

好きな音楽、アーティスト、低音について

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。