好きな音楽、低音

4

ハードフレアナイトと独演会

フェスのない夏も終わり、世の中はすっかり秋だ。
そんな中、私が一番好きなバンドScoobie Doから嬉しいお知らせが2つ届いた。ハードフレアナイトとナガイケジョー独演会の配信ライブ開催だ。今回はこの2つの配信ライブについて触れたいと思う。

Scoobie Doとは

まずScoobie Doとはどんなバンドか、公式サイトの紹介は以下の通り。

ROCKとFUNKの最高沸点“Funk-a-lis

もっとみる
読んでくれて、ありがとう!
3

ライジングサンとサカナクションの配信

コロナ渦の今、音楽業界ではネット配信ライブは主流だ。かくゆう私も足繫くライブに通う日常から180度変わり、自宅で配信ライブを楽しむ日々を過ごしている。

そんな中、この夏印象に残ったライブ配信が2つある。「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube」と「SAKANAQUARIUM光 ONLINE」だ。

RISING SUN ROCK FESTI

もっとみる
読んでくれて、ありがとう!
4

アーバンポップが奏でる物語-Omoinotake

Omoinotakeというバンドをご存知だろうか?
最近では映画やネットドラマの主題歌に起用されたり、各種音楽番組で紹介される事も多くなったのでご存知の方も多いだろう。

私がOmoinotakeを知ったのはおそらく2~3年前、twitterの呟きで知った気がする。残念ながら当時はそんなに興味を示さなかったのが、最近あるきっかけで彼らの虜になった。

それが映画「囀る鳥は羽ばたかない」と「恋つば」

もっとみる
ありがとうございます!
4

低音に酔いしれる-STAND ALONE-

自身は影に隠れ、歌声やギターを美しく響かせる事、それこそがベースの命題であると言われている。縁の下の力持ち、城で言うと石垣、他者を支える事で自分を生かす、それが低音の定め。

私の敬愛するベーシスト、ナガイケジョー氏はそんな命題を持つベース1本で「独演会」を行うという、中々に数奇な事を行っている人物だ。

残念ながら、昨今のコロナ情勢で独演会は無期限の延期となっているのだが、この度、独演会の雰囲気

もっとみる
ありがとうございます!
1