見出し画像

2020 韓国旅行~ホームプラス東大門店&未食のソーセージ。

引き続き2020韓国旅行2話です。
よろしくお願いします。


今回は2泊3日の旅で、この記録は
1日目になります。
日記というよりは
わかりやすくまとめたいので後日の
話も混ぜながら進行していきたいと思います。
#韓国 #ホームプラス東大門 #酒
#ソウル #龍頭 #高知人




初日「念願のホームプラスとスンデ」


刺身センターでクロソイの刺身を
腹一杯食べ、そこからは自由行動。

叔父とは
「今日は初日やから遅い時間まで飲むゼヨ」
「後で鍾路のタプコル公園の門のとこで合流しよう」

と打ち合わせをしてここでひとまず解散。

地下鉄の路線図さえわかっていれば
たとえばカンナムスタイルの「江南」
だろうが、プデチゲ発祥の地「議政府」
でもお安い御用。
この場合だとSUBWAY KOREAという
アプリがとても便利。
コネスト韓国地図と併用すればかなり心強い。

ひとまず刺身も食えたし満足。
次に向かうは

ホームプラス東大門店


ソウルは龍頭(ヨングド)駅の真上にある
ショッピングセンター。第二第四日曜日は
休みやし最終日は朝早いから、行くなら
今日しかねぇ!とのことで単身突撃。

ここに行くには地下鉄1号線に乗り
新設洞(シンソルドン)から2号線乗り換えで
たった一駅。

着いた‼️

ココだよココ…と思いつつ作戦を確認。

重たい買い物があるなら初日にせよ

生モノは帰り際にせよ


まぁ重いの買いすぎて荷物重量オーバー
しちゃうんですがね。笑


お目当ては調味料。
テンジャンチゲやキムチ鍋を日本で
より良いものを食べれるようにしたい!

A○azonより安く買いたい。笑

ホームプラスは地下に二階、上には
四階だった気がする。
家電から食品、さらにはフードコートも
ある。ちょっとしたデパート。僕は
東京とか関東へは行ったことないので
こうしたイオンモールよりはすこし小さい
デパートをまだあまり見たことがない。


早速B2Fの食品売り場に行く。

コインロッカーに手荷物を預けてカートを借りる。カートは一階のエスカレーターのとこにある。

前までカート使うのに100Wだか要るよう
だったが今は必要ないみたい。
怠惰なアルバイト青年がカート置き場の
イスに座っていた。口うるさい店長がきて
「あきれかえったヤツめ」とか言われて
しまわないか心配…笑


生鮮コーナーから野菜コーナー等をまず
見て回る。それらを買って帰ることは無い。

惣菜コーナーも面白い。
もっと何人かで行くならホテルの部屋で
チキンなぞを買って帰って缶ビールで乾杯!
ってのもアリかも。

今回の目当ての調味料を探す。
プルダック激辛ソース、韓国味噌
コチュジャン、酢コチュジャン
サムジャン、だいたい2〜3000wくらい。

あと

チャジャンミョン 

用の味噌、春醬(チュンジャン)を買う。


これは前回阿峴(アヒョン)で食べた
チャジャンミョン。
すげー美味いわけではないけど、なぜか
クセになる。麺もゲットしたし、準備は
オーケー。


調味料コーナーから、レトルト食品の
コーナーへ。いくつか面白いものを
ゲット。

片方はホームプラスのオリジナルブランド。
このあたりはかさばらなくて持ち帰りにも良い。そして何より、美味いし。笑


ほどほどに買い、リュックに詰めて、
ダイソーっぽい店もあったので
寄ってみる。

コレねぇ〜。笑

なんで買ったのかね。笑
まぁ、そこまで高くないし、
ルールさえわかれば遊べる。
文字を覚えるのにも良いか。笑

他にもコップ等を購入。

ひとしきり買い物をしてホームプラスを
後にする。思い切ってタクシー使えば
もっと買い物できたかな?いや、配送
サービスで日本に送ればよかったか。
次に活かそう。


その足で叔父と約束していた、
タプコル公園を目指し、鍾路3街駅まで行く。


ここで充電2%...

正直のところタプコル公園の位置を
はっきりと把握しておらず…笑
電池が切れるかもしれないから
広蔵市場(カンジャンシジャン)の
西口にいることを叔父に伝えると、
そこまで来てくれた。感謝。


市場では屋台が所狭しとならぶ。

燃えたぎるガスコンロが前にあろうが
氷点下のソウルの空気とでうやむやになる。
簡単に言えば前が熱くて背中が寒い。


湯気を追って店を探す


トッポッキ、蒸し豚、オデン
薪のように積み上がるキムパ
屋台の軒からぶら下がる唐辛子。
どの店もわずかにラインナップが違う。

数ある屋台の中でどれにするか、となり
実は食べたことがなかった

スンデ

を食ってみることに。

特に選ばずにスンデあるしココで
いいや、と座る。目の前には赤い
トッポッキがぐつぐつと煮えている。

スンデジュセヨ!

なかなかのインパクト。笑

韓国風ソーセージと言う人も居るけど
何にでも風とつけて表現すると海原○山に
きびしいお言葉をいただくハメになると
言うもの。

コレが韓国風だと?士郎め…

どこまでも愚かなやつよ…

まぁ。ほかに例えようがないわね。
ベトナム風コーヒーとかも。

さてお味は。

こってりとした豚脂の味にモチモチとした食感。餅米と春雨と合わさってなんとも言えない美味さに仕上がっておるわい。

苦手な人は無理でしょうね。
注文時に店のおばちゃんが
あんたスンデ食うの?やるね。
みたいな顔してた。
コレにはコチュジャンも欲しかったな。

とにかくモチモチしてこってりしてる。

他にもサービスで細いキムパと
トッポッキ、オデンも。
これらに合わせるのは、米のマッコリ。
サッパリした味の微炭酸で、こりゃ
スンデに合わないわけないなぁ。

キムチ、トッポッキと食うと寒い体が
あったまってくる。それをマッコリで
流し込み、スンデを食う。またマッコリ。
この繰り返しが良い。たまにオデン。

右隣には子供が3人ほど
ハフハフとトッポッキを頬張ってた。
キムチのおかわりをせがむ姿が可愛い。

広蔵市場ともなればさすがに日本人も
多く子供たちが帰った席には日本人の
カップルが座った。左隣はおそらく
二十代前半の日本人女子2人。

酔っ払った韓国人の男性がキムパを
買って帰ってたな。寿司折を買って帰る
日本の酔っ払いと何が違うものか。

ここではビールを1本、マッコリ二本を
空けてホテルへ帰る。
ホテルへは鍾路三街(チョンノサムガ)駅から
三号線下りで忠武路(チュンムロ)まで行き
乗り継いで明洞へ。


もう少し飲みたかったので
一階のコンビニで缶ビールを買う。

そして、かねてからやりたかったことがあったのでトライする。


黄海(哀しき獣)と言う映画で、主人公の
グナム(ハ・ジョンウ)が江南の街で
張り込みをする際、あまりの寒さに
コンビニに入り、カップ麺をすする。

時計にも目配せしつつふと右に居る
男性のたべているソーセージが
目にうつり…次のシーンではソーセージを
かじりながらコンビニから出てくるグナム。


妙に良いのよ。あのシーン。笑

ハ・ジョンウ氏の食事シーンだけを
まとめた動画がYouTubeにある
くらいなのでハ・ジョンウ氏の強い
魅力がなせる技でしょう。食堂の
冷蔵庫をガバッと開けてタッパーを
取り出し大根のキムチを食うシーン
なんかたまりません。
(今回はあの大根のキムチを買った)


ラーメンはさすがに腹一杯なので入らない
けどコンビニのソーセージはやってみたい。
韓国のコンビニのソーセージはレンジで
チンできるらしく、面白いなぁ〜と思いつつ
チャレンジ。

おお!少し破裂したが成功!笑

こいつをかじりつつ、街を…
と思いきや疲れたので部屋で食う。

皮はプチっと噛み切れる。
ソーセージだなぁ〜って感じ。
これ、持って帰りたかったなー。
けど検疫的にアウトどころかゲームセットよね。


これにて初日は終わり。
次は2日目!
鍾閣(ジョンガク)の精進屋でへジャンククを食い
新設洞(シンソルドン)の風物市場を探る。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
料理や旅行、路上観察等書いてます!高知在住。よろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。