見出し画像

5分を見つける

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

イチロー

以前、5分の大切さを計算で示しました。→ちりも積もれば。5分を毎日続ければ、すごいところまで行けます。

* * *

ドライヤーをかけながら洋書を読む

昨年から髪を伸ばしています。髪が伸びてお姉さんっぽくなったのはいいけれど、ドライヤーに時間がかかって不満でした。15分はかかります。そこで髪を乾かしながらKindleで本を読むことにしました。しかも、初めての洋書。

ちなみに、“Born on a Blue Day”という本です。これは面白い。日本語版もあります。→「ぼくには数字が風景に見える」

毎日少しずつ読み続けて、とうとう4ヶ月で読み終わりました。洋書を読み切る自信はなかったから、自分で驚きました。

髪を乾かしながら読んだからこそ、最後まで読めたのだと思います。もし腰を据えて洋書に立ち向かったら、挫折していたでしょう。なかなか進まないことにイライラするから。一回15分なら、イライラする前に読書の時間が終わります。

髪を乾かしながら読書をするときのポイントは、Kindleで読むことです。紙の本だとページをめくるのが大変ですが、Kindleならタッチでページを送れます。辞書も電子辞書です。そうそう、Kindleにも辞書はついています。ただ、電子辞書のほうが用例が豊富なので私は電子辞書を使っています。

無駄な時間を活用できて、洋書も読める。髪が長い方はぜひ試してください。

ちなみに、今読んでいるのは“How to Have Impossible Conversations”という本。こちらも面白いです。

* * *

食事をしながらPodcast

食事をしながら考えごとをしていると、何かが気になってスマホで調べてしまいます。困っていました。食事が止まるから。かといって、動画を見ながら食べると、食べにくい。どうしたものか。

その解決策が「聴くコンテンツ」です。ラジオでも、音楽でも、落語でも、朗読(Audible)でも良いのですけれど、私はPodcastを選びました。Podcastとはインターネット上のラジオです。私は本を紹介してくれるPodcast(英語)を聞いています。

参考→私のおすすめのPodcast(英語)

この習慣も成功でした。食事は途切れないし、聴いていて楽しいです。英語の勉強にもなるし。歯磨きをしながら、洗濯をしながらも聴いています。

* * *

5分を見つける

私がすきま時間を活用した例を2つ紹介しました。あなたも自分の生活を観察してください。すきま時間はありませんか。その時間をなにかに使えませんか。5分が積み重なるとどうなるか、体験してください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ
3
1996生まれ。「なるほど!」という瞬間が好き。好きなものは、本、映画、料理、Perfume。ブログ→https://www.ykryk.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。