見出し画像

超AI整理法・写真、第8章

『「超」AI整理法』の書籍に掲載した写真のカラー版や、スペースの制約で書籍に掲載できなかった写真を紹介します。

◇名刺の整理
名刺を撮影すると宛名やメールアドレスを認識してくれます。

 そしてメール送信画面を開いてくれます。
 本文だけ書けばすぐに送信できるので便利。

名刺は6枚くらいまとめて認識させることができます。

◇新聞の切り抜き
 新聞記事はウエブで得られるので、見出しだけ残して置けば十分です。いくつもまとめて写真にとっておくが一番簡単。

逆さまになっていても、認識してくれます。

そして、もとの記事を引出してくれます。

小さくてもOK。上に見える小さい見出しを認識して、下に候補を出してくれました。

◇パスワードの管理
 パスワードは手書きで残しておくのが一番安全。手書きでも認識してくれます。

こんないい加減な手書きでもOK。

◇領収書の整理
 領収書の整理は面倒です。いろいろと認識してくれるのですが、本当は金額だけを認識してほしいところ。

そこで、何枚もの領収書をまとめて写真を撮っておきます。

そして、数字だけを認識させます。

 それをコピーして、スプレッドシートにペーストします。かなり原始的ですが、いままでよりは効率化できます。

◇目的の箇所だけを認識させる
 目的の箇所だけを表示させるための紙片。原始的ですが、意外と機能します。

このようにして長方形を作ります。

 新聞記事はレイアウトがさまざまなので、なかなか目的の所だけを認識しません。下の表は、どこを認識したらよいのか、迷っています。本当は、いまどのような電子マネーがあるのか、その名を認識させたいのです。

これを紙で囲ってみます。見事に目的のところだけを認識。

 こちらは、本当は「リチウム電池」とはどんなものかを知りたいので、その文字だけを認識して欲しいのです。しかし、メーカー名を認識しています。

そこで紙で囲ったら、成功!

            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
一人の伝道師(エバンジェリスト)として、noteを使って何ができるかに挑戦します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。