見出し画像

ゆーきながいの学びシリーズ

今日のPicks

①民泊新法180日ルール

 近年、Airbnbなどで一般的になりつつある「民泊」だが、実はこんなルールがあるなんて知らなかった。知らないことは罪ではないが、現実問題、ルールをよく知ってる人の方が人生うまくいきやすい。
 自分で何かビジネスを始めるにしても、現実には制度というものがあり、自分のビジネスを妨げるかもしれない。だからこそ、まずはルールを知り、そこから動き出さなければならない。制度を変えるためには、自ら政治に働きかけなければならないが、ルールを知らなければ、働きかけることすらできない。よし、いろんなことにアンテナ張って知的基盤固めよう。

②公的年金について

 年金とはそもそも損をするもので、一種の保険と同じである。損得ではなく、将来の安心に投資しているのだ、と考えていた。
 でも、今日の授業で年金の構造について正しく学び考えたら、

✔︎ 計画上、損はしない構造にはなってる。
✔︎ でも統計データに関しての信頼性や少子高齢化の雲行きなど不確定要素はいくつかあり、だからこそ、その都度変化させながら、より良い日本の構造を創る努力をしている。

などまた新たな知見を得た。これを鵜呑みにするのではなく、これを受けてまた新たな情報にあたり、自分の思考の糧にしていきたい。

③昨日のインターンで得た学びPick

✔︎ 現代の資本主義社会を支えてきたのは、自然科学。これからもそれは変わらないだろうが、今後は社会科学と向き合う重要性が高まるだろう。自然科学は正解のある一因一果、一方で社会科学は正解のない多因多果である。
✔︎ 我々学生が取り組んでいる「学問」というものは、学び問うものである。仮説を持って現実に当たり、自己他者共にFBを受けながらより良い方向へと模索していく。先が予測できない不確実な世の中だからこそ、模索力が鍵を握る。
✔︎ 人は集団になると無能になる。自分ゴト化できなくなるからだ。
✔︎ 誰よりも早く "第一声" を挙げられる人こそがリーダーだ。
✔︎ クオリアのない知識はいらない。
✔︎ 素朴に、本質的なことを、引っかかりを逃さずに可能な限り保留しながら問え。フィルターは入り口ではなく、出口に持て。

今日の学び

文化とは相互に影響し合う過程。
コミュニケーションは、文化の存在と機能を可能とする。
そして異文化は文化的背景を異とする人たちにおける文化。
異文化を理解し、互いの共通点や相違点を生かして、シナジー的なものを生み出すことがこれからの時代は重要になってくるんじゃないだろうか。



インスタフォローお願いします!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みてくださってありがとうございます!
9
東京工業大学大学院修士1年 / iOS / ブロックチェーン/ メディアアート / 旅 / 歴史 / ビリヤード
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。