新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ワイルド系2歳と0歳自宅保育の遊び技10選

新型コロナウイルスが猛威を奮い、ついに今月緊急事態宣言も発令された。

育休中の私は、宣言が出る少し前から保育園に通う2歳の長男の登園自粛を開始し、育休を延長することに。家族の命を守るため、そして周囲に迷惑をかけることのないようにできることは何でもやるつもりである。

が、しかし。0歳の次男はまだしも、パワーが有り余る長男を自宅にこもって保育するのはなかなかの苦行…(机にじっと座ってられないタイプです)遊具での感染を恐れ、公園に行くことも辞めた我が家でいかにストレスを溜めずに親も子も日々を過ごせるか…悩みに悩んだ。
日々アップデートしている最中ではあるが、知恵を絞り考え実行している自宅育児の技をご紹介したいと思う。

1.トランポリン

画像1

我が家は賃貸だが小さな庭スペースがあるため、そこをとにかくフル活用することにした。
普段は家庭菜園をやっているくらいだが、幸いにも足触りのいい人工芝を敷いているため、子供たちを裸足で遊ばせられる。

とにかく全身運動になって、場所を取らないもの…と考えた結果1番に思いついたのがトランポリン。

ジャングルジムも検討したが、屋根がないため雨天のことを考えると、室内に動かすことができないため断念した。

購入してみてよかったのが、子供はもちろん大人の運動にとてもよい点である。100kg耐久のもののため、私も夫も子供と一緒に遊びながら飛び跳ねている。外出自粛で運動不足になるのは大人も一緒。これは中々よい健康維持法であると感じる。

ちなみに我が家はスプリング式のものを購入したが、室内で使う場合は、耐久性はやや落ちるがゴム式が音が少なく良いそうである。

各種ECサイトでも売り切れが続出しており、入荷待ちになっているものも多いので、検討する場合は早めの購入をおすすめする。

▼購入した商品
トイザらス限定 ミッキー&フレンズ トランポリン 91cm
https://item.rakuten.co.jp/toysrus/601409700/

2.飛び石ブロック

画像2

こちらも持ち運びが簡単で全身を使えるものがないか…と考えた結果購入したもの。

高さの違うブロックを床に自由に置き、その上を歩いて楽しむおもちゃである。

トランポリン同様「絶対に買い!!」なアイテムであった。2歳という年齢にちょうどいい運動強度なのである。
置く場所によって難易度を変えられるのもよい。

長男は何度もよろけて手や足を床についたりしながら「もう一回!」と言って果敢にチャレンジし、目に見えてバランス感覚が良くなってきている。

画像3

ちなみに私は1番高いブロックの上で片足立ちをして、ヨガポーズを取っている。
10秒と持たず、自分の体幹の弱さに慄いている。自粛が終わるまでには1分くらい立っていられるようになりたいものである。

こちらはもちろん室内でも楽しめる。リビングや廊下など省スペースで遊べるのでありがたい。

▼購入した商品(※現在売切れになっているが類似商品あり)
LUDNEE バランスストーン バランスボード 遊具 子供用... https://www.amazon.jp/dp/B0856T1LK9?ref=ppx_pop_mob_ap_share

3.ホース縄跳び

画像4

こちらは、家庭菜園用に購入していたホースを柵に繋いだなんちゃって大縄跳びである。

縄跳び自体はまだ2歳の長男が1人ではできないため、私が縄を持って動かすこの形式にしてみた。

余談だが自宅に縄跳び確かあったはず…!と思い探したところ見つけたのがコレ。

【最新型】縄跳び トレーニング 縄なし https://www.amazon.co.jp/dp/B07W67MJMN/ref=cm_sw_r_cp_api_i_Ah6JEbG8C56KN

まさかのエア縄跳び…。子供用に使うのは諦めたが、これはこれで省スペースで運動できるので、この機会に使ってみようかと思っている(未使用のままお蔵入りしていたところが私のダメ人間さを物語っている)

我が子の場合、まだ縄を大きく揺らしてのジャンプは難しいようだ。しかしこれも私のさじ加減で強度を調節できる。蛇のようにニョロニョロ〜と動かしてやると、長男は楽しそうにジャンプしている。

時にはバトルロープのように自分で縄を持ち揺らして遊んでいる。
2歳児は、良かれと思って色んなものを用意しても、まだ本来の使い方が出来ないことも多い。親の意図しない遊び方をしたり、集中力がすぐ途切れてしまったり…一緒に遊ぶとイライラする!なんて場面も正直多い。
だが、逆にいうと大人が「え?こんなの楽しいの?」と思うくらいのレベルでもめちゃくちゃ楽しんでくれるケースもあるので、面白いものである。

縄跳びだが、我が家はホースを使ったが、ある程度重さのある紐なら何でも活用できそうだ。

4.室内ジャンプ

画像5

こちらはお金もかからず最も手軽にできる遊び技である。
そう、床にマスキングテープを貼っただけのジャンプスペースだ。
我が家の場合すぐに飽きてしまうのが難点ではあるが、それなりに遊んでくれている。
最近は可愛いマスキングテープも多いので、子供のテンションがあがりそうなもので試してみてもいいかもしれない。
今後は形を変えながら強度をあげたりする予定である。

5.階段ドリル

画像6

マスキングテープが余ったので、何かできないかな?と考えて思いついたのがこちら。
その名も階段ドリル。

階段は最高の運動ツールである。
横にいて危なくないように見守りながらだが、一緒に数字を読み上げながら何度も上り下りした。
(お察しの通り私にも中々の運動である)

楽しかったらしく「もう一回!」とせがまれ、英語で日本語でと色んなバージョンで繰り返した。
幼児ドリルもいくつか購入したのだが、我が子の場合全く興味を持ってくれない恐れもあるため、この身体を使いながらのドリルは我ながら中々妙案であったように思う。

6.お菓子作り

画像7

じっとしてられない系男子の長男でも、集中力を発揮するのが菓子作りである。

入れる、混ぜる、練るなど様々な動きが必要となり、手先を使う料理は子供の学びに最適である。
自分が食べるものがどうやってできているのか?を知る食育の観点でもとても良い。

安全性や、工程の楽しさから我が家ではクッキーを作ることが多い。
電子秤を使う時には「この数字は何かな?100になったらとめようね」などと会話をし、生地を綿棒でのばしたり、型抜きをしたり、手を貸しつつも楽しめるパートはなるべく子供自身にトライさせている。

市販のお菓子に比べて、甘さなどを自分でコントロールできるのも良い点だ。
クッキーの場合、焼いている途中にあまーい匂いが部屋に漂ってくるため「もうできたかな?」「まだかなぁ?」と子供のワクワクが目に見えて高まるのも見ていて微笑ましい。
触覚や味覚は勿論、嗅覚でも楽しめるなんて最高だ。

ちなみに料理全般に興味があるタイプなので、セラミックの包丁を持たせキュウリなどもたまに切らせている。これはさすがに私が手を添えながらでないと、まだ危ないが…

7.ピクニック

画像8

少しでもアウトドア気分をということで、庭にテントも出してみた。
0歳の次男は庭に連れて行くと、0.5秒で土を食べるのでなかなか困っていたのだが、テントがあれば虫除けもできるし、その中で遊ばせられるので便利である。

画像9

おやつを食べたり(面倒くさいのでお弁当は作っていない笑)

画像10

オモチャで遊んだり、中々に楽しそうである。

▼購入した商品(元々家にあったもの)
FIELDOOR フルクローズサンシェードテント 両面開閉式 【幅240cm/ブルー】 & 折畳みクッショングランドシート
https://www.amazon.co.jp/dp/B07DW1P8XC/ref=cm_sw_r_cp_apip_EN2p7hrTl4Myr

8.シール貼り

画像11

ドリルは無理でもシールなら…!と保育園でもよくやっている丸シール貼りにトライ。

台紙はこちらのサイトからダウンロードさせて頂き、コンビニでコピーした。
そう長くは集中力が持たないが、それなりには時間を潰せたので毎日やってみようと思う。
市販のシールブックも購入したのでそれと併用しながらだが、丸シールは手先も器用になりそうだし、材料も100均で手に入るのでおすすめである。

9.おもちゃレンタル

画像12

ずっと気になっていた、おもちゃのレンタルサブスクリプションだが、これを機に契約することにした。

私が選んだのは、KIDS LABORATORYというサービス。
届いてみると想像以上に内容がよく気に入った。送料別で3980円(税抜・2020年4月時点)なのだが、1点5000円くらいしそうなおもちゃも同封されている。

商品はどれも綺麗だし、セレクトのセンスも中々。何よりLINEでやりとりをして希望などを伝えられる便利さが嬉しい。

セレクションは主に次男用にお願いしている。9ヶ月の次男は身体的な成長が毎月著しい。興味を持つものや、楽しめるものがどんどん変わって行くので、こういった月齢に合わせて無駄なく使えるサービスはものすごくよい。
2歳を超えるとしばらく遊べるおもちゃが増える印象だが、赤ちゃん用はすぐに使わなくなってしまうので、家に使わない物が増えないところも気に入っている。

おもちゃのサブスクサービスは他にもたくさんあるので、試して比較もしてみたいところである。

10.プレイジムソファ

画像13

遊び疲れて寝てしまっているが(笑)このソファの配置が最近の我が家のデフォルトである。

そう、背もたれを床に置きプレイジムにしているのだ。長男はこのソファの上をグルグル回ったり、ジャンプして降りたりして遊び、次男は四つん這いでよじ登ったり降りたりと全身運動をしている。

ソファに登れるようになってしまった次男の怪我防止にも一躍かっている。

我が家の中で最も高価なものなので、本当は大事に使いたいが、どうせ飛び跳ねられるのであればお気のすむまでとことんどうぞ!という開き直りプレイである。

追い詰められて見出した「生活のくふう」

さて、住宅事情にもよるだろうが、何か参考になるものがあれば幸いである。

紹介した物以外でも、youtube、Netflix、huluなどの動画はもちろん、パズル、カードゲームなどとにかく飽きさせないように日々必死で子供と遊んでいる。

また、日々脳味噌フル回転で「家の中でできる」「お金をかけすぎずにできる」ことを思索しているのだが、ふとこう思った。

あれ?すぐにできることばかりじゃん。何で私今までやらなかったの?と。

人間は追い詰められてこそパワーを発揮するということを痛感している。
いろんな制約があると、人は知恵を使うようになるものだ。

我が家もコロナで夫の仕事が休みになって(しかも条件的に現在の補償対象ではない)収入が減ったり、私が仕事復帰できなくなったりと、色んな苦難に見舞わられているが、これを機にいい発見もたくさんあったので、それは今後の糧にしていこうと思う。

がんばれ日本、がんばれ世界。
がんばれ我が家、がんばれ全ての子育て中のパパママ!

#新型コロナ #おうちじかん #stayhome #自宅保育 #家庭学習 #新型コロナウイルス #緊急事態宣言 #外出自粛 #イヤイヤ期

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポート、ありがたくて使えない(笑)その気持ちがすっごく嬉しいです。

嬉しいです♡ありがとうございます!
26
IT企業のメディア系事業部で働いています。3歳と1歳児の兄弟ママで、フルタイム共働きのドタバタライフ。noteではワーママとしての働き方や、カナダ出身夫との生活の中で感じたことを書いていきます。最近は育児投稿多めです。

こちらでもピックアップされています

子育て論
子育て論
  • 18本

2人の子供の育児について

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。