見出し画像

伝統は未来への投資によって維持される

「伝統文化は、過去についてよりも未来への投資を多くしなければならない」と私は考えております。

しかし、現実にはそうなっていないようです。

どうも「伝統という名前」がつくものは、意識が「維持・保存」という過去ばかりに向いてしまうのです。

過去のものの保存や維持のための経費はもちろん重要です。

しかしそれにおいても、そのための新しい人材の確保と教育、そして良い設備とその更新が必要になります。

「より良い未来」を作る事によって、伝統は維持されます。

伝統的なあれこれを「永続」させたいなら「未来に投資するべき」なのです。

伝統に関わることは、人材を育てるのに時間と予算がかかります。また、結果が出るまでに時間がかかります。

だから常に未来に投資していないと「伝統にまつわるあれこれ」は維持出来ないのです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
東京で染色品(主に和装)と絵画の制作・販売を行っております。こちらでは、雑感を書き綴っております。【同じテーマや内容を違う言い方をして何度も書く】ことが多いです。このnoteはサイトの文章置き場に使っております。サイト→ https://foglia.jp