見出し画像

冬だけど、写真の世界では、夏は作れる。

2019/2/5(火)新宿オフィス

今日は通常運転の冬だけど、
昨日は、春をかなり先取りしたかのような、陽気だった。
昨日は、雑誌のグラビアの撮影で、
とても日当たりのよいスタジオにいたのだけど、
天気もよくて、窓もたくさんあって、大きくて、
だから、ものすごくあたたかくなる。

どころか、暑かった。
部屋着で、だらだらしている女の子を撮っていたのですが、
ソフトクリームでも、食べているところを撮りますか、
といって、直射日光差し込むなかで、
パステルカラーのタンクトップにショーパンで、
ちょっと汗ばむぐらいで、
美味しそうに、ソフトクリームを食べる姿……。

これもう、夏じゃん!

って、思った。

撮った写真、どう見ても、夏。
そう、写真の世界では、夏は作れる。

この季節は、外に出ると、
どうしても、冬感が、出てしまう。

なぜなら、木が枯れているから。
どこで撮っても、どこかしらに、
木は写るんですよね。

東京って、緑が多い。
(枯れてるから、いまは緑ではないけど)

今日は、渋谷でロケです。
冬に、冬らしく。撮ってこよう。

ありがとう!また、見にきてください!
12
1978年4月15日|名古屋出身|筑波大学(心理学)|自転車で日本縦断+世界二周|究極の晴れ男|猫二匹(ニコとカノ)|日本ソラリーマン協会|スクールガール・コンプレックス|少女礼讃|キヤノン写真新世紀優秀賞|ギャラリーと出版レーベル(著書80冊)|ペンギン大好き|ショートヘア偏愛