Asanaを使ってみた#03~タスクの依存関係が便利!~
見出し画像

Asanaを使ってみた#03~タスクの依存関係が便利!~

引き続きAsanaでfreee導入プロフェクト管理にチャレンジし続けています。

昨日、マスタの設定でちょいと悩ましいことが起こりまして…(^^;

このマスタの設定が終わらないと、クライアントさんが希望されている、過年度仕訳の移管にも取り掛かれないんですね。。


…この、「■■が終わらないと〇〇できない」というのはプロジェクトにはよくあることかと思いますが、それを言葉やリストだけでクライアントさんにお伝えするのってなかなか難しいです…


で、Asanaには、それがパッとわかる機能がついてるみたいなんです!

画像1


こんな感じです!

「過年度情報移管」というタスクは、「マスタ設定」のタスク完了後にスタートできる、というのが可視化されました!


もともと僕は、クライアントさんへの進捗説明用にAsanaのタイムラインを使いたかったので、この矢印はまさにかゆいところに手が届く機能ですね!!


ただ、乱発しすぎると矢印がカオスになりそうなので、「サブタスク」の機能と、「タスクの依存関係」の機能をバランスよく使って、ビジュアル的にも整理整頓してクライアントさんにお伝えしていきたいと思います!


この旅はまだまだ続きます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
クラウドツール好きの公認会計士・税理士。ツールはあくまでもツールかもしれないですが、一方で、やりたいことの実現に力を貸してくれる強力なサポーターであると思っています。自分の記事が、誰かの"一歩踏み出すキッカケ"につながるよう、様々なクラウドツールチャレンジについて書いていきます!