ニッチジャンルで_安定的に稼ぐ

ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論

※無料部分約8,000文字(戦略編)、有料部分約13,000文字(戦術編)の大作です。ブクマしてゆっくり読むことをおすすめします。(購入後に後悔させないように、無料で半分読めるようにしました。)

※ワードプレスでブログが作れる程度の知識を持った初心者の方、またはなかなか収益が上がらない初級者の方に向けた有料記事です。


はじめまして、私はユキスキというものです。

ブログ歴は5年。そもそもブログを始めたきっかけは、妻からもらうお小遣い以外に自分の自由になるお金が少しでも欲しかったからです(笑)

画像1

現在は、雑記ブログを1つと特化ブログを複数運営しており、最も大規模なブログは直近で月間29万PV。※あくまで私の実績を示するためのものであり、PV数は今回の理論に絶対必要なものではありません。

収益はというと、先月は27万円ほど。楽天とアマゾンのアフィリエイトがメインです。※有料ゾーンで実際に稼いでいるブログと収益の内訳を公開してます。

ニッチ(隙間)ジャンルで稼ぐブログ理論というのは完全オリジナルですので、少なくても私が探した中で同様の情報を上げているブロガーさんはいませんでした。

今回、5年間ブログを運営してきて、自分の理論に自信が持てたので有料で公開することにしました。

なぜ、稼いでるブログ記事を公開なんて大胆なことができるかというと、ニッチなジャンルなので競合する心配がないからです。

普通にFXやサプリ、クレカなどのジャンルでこんなことやったら、ライバルにパクられますからね。

というわけで、私の全てをさらけ出しますので(笑)ぜひ最後までお付き合いください!


■2020年5月15日…一部情報を訂正しました。

■2020年7月6日…一部情報を加筆・修正しました。

細く長く売上を継続させるブログ理論

最初に結論から申し上げると、この有料記事の本質は「少ない作業時間で、細く長く売上を継続させる」ことです。

皆さん、巷では専業・副業問わず「ブログで月収100万円達成しました!」なんて情報に溢れていますよね。でも、現実問題ブログで月収100万円なんて可能なんでしょうか?

私が5年間複数のブログを運営して得た結論は、「0%ではないけど、限りなく不可能」です。

実際、アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、2019年月間の収入が100万円を超えた人はわずか6.7%。

特に私の場合、会社員と子育てのかたわらブログを更新しておりますので、とてもじゃないですが専業ブロガーには勝てません。

それに、ブログアフィリエイトは売上を伸ばすよりも維持する方が100倍大変。だから、一時的に売上を伸ばすことができても、継続しているブロガーは少ないのが現状です。

でもね、ある日ふと思ったんです。

「100万円を稼ぐのは難しいけど、1万円を継続的に稼ぐのはそれほど難しくないのでは?」

一般的に100万円を稼ぎ出すアフィリエイトブログと言えば、高単価なジャンルで勝負するのが一般的です。

あるいは、有名ブロガーヒトデさんのように文章力でファンを増やしていったり、マナブさんのように自分のコンテンツを販売する方法。

不可能とは言いませんが、大半の人はそんな文章力も創造力も持ち合わせてはいないはず。もちろん私も、そんなその他大勢の凡人の一人でした。

さらに、私は会社員であり子育て中の父親でもあるため、平日は1~2時間、休日でも3~4時間程度の作業時間しか取れません。

そんな作業時間で、専業のブロガーさんに勝てると思いますか?

というわけで、私は早々に月収100万円なんて夢を放棄して、今回ご紹介する「少ない作業時間で継続的に10万円稼ぐ理論」を編み出したわけです。

偉そうに語ってますが、「戦略」こそ固まったものの最初は全く結果が出ませんでした。それこそ、数ヶ月間収益が0で、自分でもよく継続できたなぁと感心します(笑)

ぜひこの記事を全て読んでいただき、私のように無駄な作業をすることなく、最短で稼ぐ技術を身につけていただければと思います。

1-1.ニッチ(隙間)ジャンルで稼ぐってどういうこと?

ニッチなジャンルとはつまり、「稼ぎづらい」または「マニアック」なジャンルということです。

(例)

・私鉄オタクブログ

・爬虫類の育て方ブログ

・地方の寺社仏閣ブログ

当然ながら、そういったジャンルには強力なライバルが少なく、初心者の方や片手間のブログでも少額を稼ぐ余地は十分に残されています。

しかも、楽天、アマゾンのアフィリエイトプログラムを使えば、世の中にあるほぼすべてのものを収益化することができます。

「いくらライバルが少ないとはいえ、少額しか稼げなければ本末転倒では?」

いえいえ、確かに単体で月間1,000円しか稼げない記事なら、副業やお小遣いにしても少なすぎます。しかし、月間1,000円を稼ぐ記事を10記事書いたらどうなると思いますか?100記事だったら?

この理論を簡単に説明するとそういうことです。

どうです、確かに100万円稼げたら理想ですが、そんな夢物語よりも毎月2万円でも3万円でも収入が増えたら嬉しいですよね。

しかも、100万円稼げるジャンルよりも、はるかにローリスクですよ。次項からは、ニッチなジャンルで稼ぐメリットについてお話したいと思います。

※具体的な構築方法や実際に稼いでいる記事については、有料部分で公開してます。

1-2.ニッチなジャンルで手堅く稼ぐメリットとは?

前述の通り、ニッチなジャンルで月収100万円を稼ぐことはできません。しかし、それ以上に大きなメリットが存在するのです。

■ライバルが少ない

当然ながら、稼ぎづらいマニアックなジャンルというのは敬遠されるので、ライバルが少なくブルーオーシャンな市場が多いです。

■順位変動が少ない

ライバルが少ないということは、強力なブログの出現による順位変動に悩まされるリスクが減るとことを意味します。

■定期的な追記・更新がほとんど不要

さらに、順位変動によるリスクが少ないと、定期的な追記・更新が不要となります。時間が限られる副業ブロガーにとって、新規記事に集中できるというのは大きなメリットです。

しかし、これには不変的な内容の記事を書く必要があります。具体的な執筆方法については有料部分で解説します。

■ブログが飛ぶリスクが少ない

「ブログ記事は資産になる」といいますが、実際はGoogleアップデートによりすべて飛んでしまうリスクをはらんでいます。

その点、競合が少ないニッチなジャンルでは、アップデートによりブログが飛ぶリスクが少ないのです。

■長期間安定的に稼ぐことができる

先ほどお話した通り、この理論ではけっして大きく稼ぐことはできませんが、例えば一万円でも十万円でも毎月継続的に入ってきたら、かなりおいしいと思いませんか?

順位変動に対するリスクが少ないので、ある程度放置していても安定的に収益を上げることができます。

■コアなファンを獲得することができる

マニア同士で意気投合するというのはよくある話。心理学で言う「類似性の法則」ですね。

ツイッターやインスタグラムを併用することによって、共通の趣味・趣向を持ったコアなファンを獲得することができます。

また、ファンはリピーターになってくれるので、収益だけでなくSEO効果も期待できます。

■売上を0から1にするのが容易

ブログアフィリエイトの何が難しいかって、売上を0から1にすることなんです。特にASP系の案件は売れるまでのハードルがとても高いのですが、この理論であれば初心者・初級者の方でも結果が出しやすいのが特徴です。

他のブロガーさんも言及していますが、いったん売上を獲得することができれば、あとは作業量しだいでさらに収入を得られる可能性が高まります。

1-3.SEO面でのメリット

ニッチなジャンルで攻めるということは、SEOの面でもメリットがあります。

E-A-Tを強化しなくても良い

グーグルはE-A-T(専門性/権威性/信頼性)を重要視していると、ガイドラインで公式に発表しています。

例えば、健康系のブログだったら、下記のようになるわけです。

・専門性…健康のみを扱ったブログが構築できているか?

・権威性…専門の医師が執筆しているか?

・信頼性…その情報が、論文や一次情報に基づいているか?

そして、YMYL系(お金や健康に関わるジャンル)のブロガー・アフィリエイターが駆逐された理由がまさにこれだったわけです。中でも権威性の部分では、一般のブロガーは医師や弁護士・公認会計士など専門職に太刀打ちできません。

しかし、ニッチなジャンルであれば、専門性や信頼性を得ることは容易です。また、YMYL系ジャンルとは違い、権威性はそこまで重要視されていません。

※ちなみに、専門的な特化型ブログを構築できれば一番よいですが、難しいようであれば雑記ブログの単発記事で稼ぐ方法もあります。具体的な構築方法については有料部分で解説します。

商標キーワードでも上位表示できる

三角グラフ

ちょっと難しい話になりますが、このあとの項にも出てくる重要な内容なのでぜひ覚えてください。検索キーワードは、購買欲順に商標キーワード、収益キーワード、集客キーワードの三つに分けることができます。

グラフをご覧いただくとイメージしやすいと思いますが、このうち商標キーワードで検索する人が最も購買欲の高い層と言えます。

たとえば、iPhone11を販売するとしましょう。

【商標キーワード】

iPhone11 評判、iPhone11 クチコミ、iPhone11 安い iPhone11 使えない …等

ズバリ、商品名で検索しているユーザーは、最も購買欲が高い層と言って良いでしょう。

【収益キーワード】

スマホ おすすめ、iPhoneシリーズ 比較、スマホ 安価、iphone 修理 …等

具体的な商品名までとはいかないまでも、おすすめ、比較、安い等のキーワードで検索しているユーザーは購入する意思が高いことが伺えます。

【集客キーワード】

iphone11 設定方法、iPhone11 使い方、スマホ 読書 …等

iPhone11に関連しているとはいえ、このキーワードで検索するユーザーはほとんど購買欲がありません。


これだけを聞くと、初心者ブロガーの方は「じゃあ商標キーワードの記事だけを書けば良くないですか?」と思うかもしれませんが、収益性が高いジャンルほど商標キーワードでの上位表示が難しくなります。

ですので、集客ワードや商標キーワードでブログのE-A-T(専門性、権威性、信頼性)を構築していく必要があるわけです。結果、ブログのSEOが強化され商標キーワードで上位表示されやすくなります。

それこそ、iPhone関連のブログであれば、商標キーワードの上位表示まで少なくても100記事以上が必要になってくるでしょう。

しかし、ニッチなジャンルであれば、壮大なブログを設計せずとも単発の商標ワード記事で上位を取れる可能性が高いのです。

SNSによるサイテーションの効果が高い

サイテーションとは、ブログ名・ブログ記事が検索エンジン・SNSや他のブログ上で引用・言及されることです。

質の高いリンクがSEO対策として有効なのはご存知かと思いますが、実はブログ名がつぶやかれたり、記事がシェア・リツイートされるだけでもSEO効果を発揮します。

ニッチなジャンルの場合仲間意識が強いので、ブログが紹介されたりシェア・リツイートされる可能性が高くなります。

あなたも趣味に関する有益な情報が流れてきた場合、フォロワーと共有したくなりますよね。特にツイッター・インスタグラムは共通の趣味・思考を持ったアカウントが集まりやすいので、強力なSEO効果を発揮します。

有料ゾーンで紹介する私のブログでも、シェア・リツイートされている記事の方が安定的に上位を確保しています。

ライバルが少ない上に、サイテーションで記事を強化すれば鬼に金棒です。

■サイテーションを意識するなら、ありきたりなブログ名はNG!?

余談ですが、ありきたりな名前だったり、固有名詞をブログ名にするのはおすすめしません。

(例)

・たかしのブログ

・iPhone攻略ブログ

・かわいい子犬紹介ブログ

でも、固有名詞や名前が入っていたほうが、どんなブログかわかりやすいですよね。なぜ、こういったブログ名がダメなんでしょうか?

①ブログ名で指名検索しても上位表示されない

②覚えてもらいづらい

③SNSで発言しづらい

要はサイテーションにとって良くない状況に陥ってしまうわけです。個人的には造語や略称を使うのがおすすめです。

(例)

・たかしのブログ→たかブロ

・iPhone攻略ブログ→iPhone城を攻略せよ!

また、ブログ名は他のサイトと被っていないかグーグルで調べましょう。

「長文SEO」など古いSEO対策がまだ通用する

Googleの検索エンジンは日々強化されており、1年前に通用していたSEO対策が明日には使えなくなるといった事態も頻繁に起こります。

しかし、ライバルが少ないジャンルでは、「長文SEO」「サテライトブログの構築」など、古いSEO対策がまだ通用することが多いです。(ただし、ホワイトハットSEOに限る)

2-1.どんなブログにするかを考える

さて、私が提唱する理論の概要はお分かりいただけたかと思いますので、ここからはさらに具体的な販売戦略について解説します。

なんといっても、最も重要なのがブログのジャンルです。

ジャンル選びで重要なポイントとなるのが「トレンドに左右されない不変的な内容を扱うブログにする」ということ。

【トレンドに左右されるブログ】

・美味しいイタリアンレストランを紹介するブログ

・最新ゲームの攻略ブログ

・iPhoneの最新ガジェットを扱ったブログ

・プロ野球の選手紹介をするブログ

【トレンドに左右されないブログ】

・寺社仏閣を紹介するブログ

・レトロゲームの攻略ブログ

・iPhoneの使い方を扱ったブログ

・プロ野球選手に学ぶ上達のコツに関するブログ


一見すると、イタリアンレストランブログも寺社仏閣ブログも変わりがないように見えますが、実は1つ盲点があります。

それは、イタリアンレストランのほうが閉店や移転のリスクが大きいということです。

ファッションやゲームにも同じことがいえます。いくらライバルが少ないジャンルでも、流行が目まぐるしく変わるジャンルはメンテナンスが非常に大変です。

5年先、10年先に読んでも価値が落ちないブログジャンルを考えましょう。

ちなみに、健康・医療系ジャンルだけは避けたほうが無難。健康アップデート以降、もう個人が頑張ってどうにかなるジャンルではなくなっているので注意です。

実際、医師監修とか、しっかり医療論文から引用しているブログでさえ平気で圏外に飛んでます。

※すでに雑記ブログなどをスタートしてしまった方向けに、単発記事で稼ぐ方法も有料ゾーンで紹介しているのでご安心ください。

2-2.ニッチすぎるジャンルもNG

ニッチなジャンルで稼ぐという理論ですが、ものには限界というものがあります。

例えば、インド発祥の「カバディ」というスポーツの専門サイトを作るとしましょう。

カバディの日本における競技人口はわずか5,000人。これでは、さすがにニッチ過ぎて稼ぐことは難しいでしょう。

こういったニッチすぎるジャンルの場合は、「世界のマイナースポーツを紹介するブログ」など、もう少し間口を広げることをおすすめします。

※指標となる検索ボリュームについては、後ほど詳しく解説します。

2-3.レッドオーシャンでも勝てる術は残されている!?

ニッチすぎるジャンルとは逆に、検索ボリュームが多いジャンルはどうでしょう。

確かにボリュームが多いに越したことはありませんが、こういったジャンルはすでにレッドオーシャンである場合がほとんどです。

ただ、「自分は誰よりも野球に詳しい!」「私は誰よりも釣りに詳しい!」という方もいるでしょう。

その場合は、よりピンポイントな内容のブログをおすすめします。

・ひたすらバッティングのコツだけを扱うブログ

・関東のイワナ釣りだけを扱ったブログ

レッドオーシャンの中でも、ピンポイントで密度の濃い情報を扱うことによってユーザー、検索エンジンから高い評価を得ることができます。

2-4.若年層がメインターゲットとなるジャンルはなるべく避ける

一般的に、高校生よりも50代のほうがお金を持っているのは明確ですよね。

いくらニッチなジャンルである程度検索ボリュームがあるとしても、若年層がメインターゲットとなるブログはおすすめしません。

「100均コスメブログ」と「ブランドコスメブログ」。どちらの方がマネタイズしやすいかは説明するまでもありません。

2-5.検索ボリュームを調べよう

ブログの方向性が決まったら、今度は検索ボリュームを調べてみましょう。

前述の通り、「ニッチなジャンルで稼ぐ」と言っても限界はあります。ある程度検索ボリュームが確保できるジャンルが望ましいです。

検索ボリュームを調べる方法はいくつかありますが、「Googleキーワードプランナー」を使用するのが一般的です。

キーワードプランナーは広告出稿のためのツールですが、検索ボリュームを無料で調べることができます。

競合性を高~低まで示してくれるので、ブログ初心者でも簡単にニッチキーワードを探し出すことができます。

ただし、いくら競合性が低いとは言え検索ボリュームが少なければ意味はありません。もちろん多いに越したことはありませんが、100以上あれば収益は見込めます。

とはいえ、「集客キーワード」のボリュームが多くても、「商標キーワード」「収益キーワード」の検索数が少なければ意味がありません。

キーワードは、収益が見込める「ニッチキーワード+商標キーワード」「ニッチキーワード+収益キーワード」をメインに検索しましょう。

もし、検索ボリュームが少ない場合は、もう少し範囲を広げることをおすすめします。

(例)カメレオンの育て方ブログ→爬虫類の育て方ブログ

キーワード選定方法について詳しく語ると、とんでもない文字数になってしまうので、下記の記事も合わせて参照ください。

2-6.ライバルを検索してみよう

検索ボリュームを調べたら、今度はライバルを検索してみましょう。キーワードプランナーである程度の競合性は把握できますが、実際に目で見ることが大切です。

収益が見込めそうなワードをひたすら検索。検索結果から、1ページ目に表示された上位の記事を順番に読んでいきます。

特にニッチジャンルは、検索1~3位を取れなければあまり集客は見込めないので、あくまで1~3位に勝てるだけの記事を書けるかどうかが判断基準となります。

ただし、単体ページの内容が薄くても、ブログ全体としての情報ボリューム(記事数)が大きい場合もあります。法人が運営しているサイトは、1記事の内容が薄くてもドメインパワーが強力です。

同ジャンルの特化型ブログをみつけたら、トップページでサイト全体のボリュームも調べておきましょう。

2-7.キーワード選定(余談)

エクセル

100記事以上投下するなら、キーワード選定しておくと内容が整理できて便利です。

これもいろいろやり方はありますが、私はエクセルでカテゴリーごとにビッグワードとサブワードに分けて、記事を書くごとに消していくという手法を取っています。

自身はもちろん、訪れるユーザーもブログ内が整理されていると欲しい情報が探しやすいので、巡回率の向上につながります。

ただし、初心者の方は設計を意識しすぎると筆が進まなくなるので、この作業は飛ばして好きな内容から書き始めても構いません。

2-8.記事の書き方

競合が少なく、検索ボリュームもある程度確保できることが分かったら、実際に記事を書いていきましょう。

しつこいようですが、記事を書くポイントはただ一つ「不変的な記事の構築」です。

記事を書く前に「5年先・10年先に読んでも価値が落ちない内容か?」問いかけてみる必要があります。

たとえば、月1,000円稼ぐ記事を書いたとしましょう。しかし、1年後にアクセスが無くなる内容なら振り出しに戻ってしまいます。

せっかく仕事や子育ての合間に書いた記事が無に喫してしまうなら、アルバイトでもしたほうがよほど効率的です。

さらに具体的な書き方については、有料部分で解説させていただきます。

2-9.マネタイズ方法

私は楽天とアマゾンをメインにマネタイズしています。楽天・アマゾンは、初心者・初級者の方でもASP案件より販売しやすいのが特徴です。

アドセンスも貼っていますが、正直ニッチなジャンルはクリック単価が低いのであまり大きな収益が見込めません。

それに、ニッチなジャンルはそもそもアクセスが少ないので、物販でマネタイズしたほうが効率的。

アドセンス収益はPVに依存しているため、マネタイズ方法としてはおすすめしません。(結果的にPVが伸びたら、アドセンスにシフトすればいいだけです。)

ただし、富裕層や中高年のアクセスを獲得できるなら、アドセンスを中心に添えていいかもしれません。

3-1.購入前の注意点

というわけで、ここからは有料記事となりますが、前項までは概要だと思ってください。

タメになったとおっしゃる方は、有料部分ではさらに濃い情報を書いているので、ぜひご一読いただければと思います。

購入前に、以下に当てはまる方はご注意下さい。

読んだだけでは稼げません

当たり前ですが、読んだだけで簡単に稼げるといった類のものではありません。

ここからは、より具体的なリサーチ、キーワード選定、記事の書き方、マネタイズ方法まで実例を交えお話しますが、あとはいかにご自身が実践するかが成功の鍵となります。

有料部分の情報漏えいは厳禁

他の購入者の方との公平を期すため、有料部分を他人と共有したり他の媒体で公開することを固く禁じます。

30万円以上稼ぐ保証はありません

私はこの理論で、先月27万円稼ぐことができました。しかし、私自身が現時点でMAX30万円以上稼ぐことができていない以上、それ以上の収入を得る保証はありません。

ただし、作業時間を増やせば30万円以上稼げるかもしれません。

※直近の収益は有料記事の最後に公開してます。

即効性のあるものではありません

これもあらゆる有名ブロガーさんが言及してますが、ブログビジネス自体即効性のあるものではありません。

開始3ヶ月以降徐々に結果に表れるものですので、あらかじめご留意ください。

再現性は100%ではありません

これも当たりまえの話ですが、再現性は100%ではありません。

ただ、私が5年間一日1~2時間程度の作業で、10万円以上の収益を確保しているのは紛れもない事実です。しかも、複数のサイトで利益を上げているので、再現性の高い理論だとは自負しております。

3-2.こんな人におすすめ!

こんな人にはぜひお読みいただきたいと思います。

マニアックな趣味で収益化したい

この理論に最も適した方は、マニアックな趣味などで収益化したいブロガーさんです。

ニッチなジャンルはPVが見込めないのでアドセンス収益だけでは少ないです。しかし、物販を盛り込んで大規模ブログを構築できれば、安定的に収益を生み出すことでしょう。

少ない作業時間でお小遣い稼ぎをしたい

はっきり言って、月何十万円も稼ぐブロガーさんは一日の作業時間も長いです。普通に考えて互角に戦えるわけがありません。

この理論は、他のブロガーさんが取りこぼした、または収益性が低いので参入してこないジャンルで勝負するということです。

本業や育児で忙しい

志は高いものの、作業時間が確保できない方におすすめ。少ない作業時間で小さく積み重ね稼ぐことがこの理論の特徴です。

初心者だけどブログで稼ぐコツを知りたい

大規模ブログだけでなく、初心者ブロガーさんが構築しやすい小規模・単発のブログで稼ぐコツもお話します。

まだ収益が上がってないブロガーさんは、0→1にするためのステップにしていただければと思います。

大きく稼ごうとは思わない、月数万円の収入が安定的に得られればOK

大きく稼ぐより、更新しなくても長年にわたり安定的に収益を得られることに主眼を置いた理論です。

3-3.購入特典

有名ブロガーのクロネコ屋さんは、有料記事でも稼いでいるサイトを公開していません。それだけサイトを公開することにはリスクがあります。

しかし、今回は購入特典として私が実際に稼いでいるブログと収益を公開したいと思います。

実際に収益を上げているブログを公開しているだけでも、購入する価値があると自負しております。

どれだけのブログを構築すれば少ない作業量で10万円稼げるのか?

どれだけのボリューム・内容の記事を書けばよいのか?

どんどん真似していただければと思います。(もちろん内容をパクってはダメですけど…笑)

セールストーク抜きで、値段は売れ行きとともに上げていきます。なぜなら、広がりすぎると購入者のレア感が薄まってしまうからです。(ハイブランドと同じマーケティングですね)

以上ご理解の上、購入ください。

※公開しているのは執筆時点での収益です。タイムリーな売上報告ではありませんので、あらかじめご了承ください。

※需要があれば、期間限定でブログコンサルなどを受け付ける予定はあります。ご要望の方は連絡ください。(応募多数の場合、予告なく中止させて頂くことがあります。)

この続きをみるには

この続き: 11,857文字 / 画像7枚

ライバル不在のニッチなジャンルで継続的に10万円を稼ぐブログ理論

yuki_suki

1,600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ポチっていただきありがとうございます!
8
38歳サラリーマンで1児の父。会社での給与がなかなか増えないので、小遣い稼ぎのつもりでブログを開始する。「ニッチブログで小さく稼ぐ理論」を提唱しており、現在はGoogleアップデートの影響を受けづらくライバルが少ないジャンルで月間20万円前後を安定的に稼ぎ出しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。