見出し画像

縄文土器に思いを馳せて

縄文人になりたい現代人こと、やつしです。めためたに暑くなってきましたね。
それでも都会のコンクリートジャングルにいると、外気は暑いはずなのに、なぜか寒くて震える・・・って何だろ、この異常事態。

私の職場の上司は、自称暑がりと寒がりを兼務してる。ゆえに、周囲にお構いなく、ガンガンエアコンをコントロールしまくっておられます。機械も人間もこき使うのがとてもお上手ですね」なんて褒め言葉はそっと胸にしまい、休みは古代の歴史を感じに繰り出す私。そして、ふと思いを馳せるのです。

例えば、上司にイニシアチブを握りしめられているエアコン。もし数千年後の未来にもし発掘されたなら、遺跡発掘の専門家はどんな解釈をするのだろうかと。

多分、そこまで未来になると、もはや文献もあんまり残ってなさそうですよね。
だからエアコンを見て、

「これは、きっと水を濾過する装置なのでは?」

「いやいや、これは毒ガスを撒き散らすものに違いない」

この妄想に火をつけてくれたのが、こちら井戸尻考古館「正解のない縄文クイズ」




井戸尻で出土する土器は、前のブログでも書きましたが、結構芸術レベルが高いんですって。

有名なところでいくと、ジブリ作品にもところどころで登場する縄文土器ってこんなふうに紋様が描かれていると思います。

この紋様、そもそも何をかたどったんだ? 
皆さんも大喜利の如く、ユニークな発想に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

え。僕の解釈ですか?

それはまた次回のブログをご期待くださいませ^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!