見出し画像

【お知らせ】『落語暦』出版のお知らせ

元・西日本新聞記者の宮原勝彦さんが本を出されました。

『落語暦』集広舎 2182円+税
著・宮原勝彦/絵・下川光二

数年がかりで執筆されていて、途中で一部を読ませてもらったりもしました。私の名前や作品タイトルも出してくださっていて、ありがたや。

文中に記載いただいてる映画製作で抜け殻になったため、落語から遠のいていたのですが、読んでるとまた寄席に行きたくなってきた。ページをめくればお囃子が聞こえてくる、そんな一冊です。

伊藤有紀


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

金はないものが出すものぢや。あるものは出さん。

2
映画監督/ドキュメンタリー映画「まちや紳士録」('13)「人情噺の福団治」('16)を監督。東京・名古屋・大阪ほか各地で劇場公開/2021年春撮影予定の新作劇映画を準備中/三重県 多度ふるさと塾 世話人/土着と革新の間 info@officearigato.com

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。