見出し画像

cinema, local, emotional 018

今年の元日から一日も欠かさず書いている日記。B5のノート4冊目である(年内はこの一冊で保ちそう)。

手書きの文章だけの時もあれば、写真やチケットの半券を文章に添えることもある。

しかし、最近noteを更新し始めて、TwitterもFacebookもinstagramもピンと来なかった僕が、noteは楽しく更新できている。なぜだろう…と考えて、あ、手書きの日記を毎日書いているからだ、と思い当たった。

紙のノートに書いている日記の場所が、webに変わっただけみたいに、自然に更新できているのだ(それが読者にとって良いことかどうかは二の次だけれど)。

手書きの日記は今年いっぱい続けて、来年からwebのnoteに集約させていっても、今年書いてきた4冊のノートは決して無駄ではない気がする。何が言いたいかというと、書くことは楽しいってことです。

画像1

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

金はないものが出すものぢや。あるものは出さん。

4
映画監督/ドキュメンタリー映画「まちや紳士録」('13)「人情噺の福団治」('16)を監督。東京・名古屋・大阪ほか各地で劇場公開/2021年春撮影予定の新作劇映画を準備中/三重県 多度ふるさと塾 世話人/土着と革新の間 info@officearigato.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。