見出し画像

cinema, local, emotional 061

今日は三重県津市で長編劇映画の年内最後の打ち合わせ。車を停めて会場に向かってる途中に雨が。おもいっきし濡れながら駅ビルまで歩く。

長編劇映画は2021年の撮影に向けて少しずつ進んでいる。同時に新作ドキュメンタリーも進めていて、もうすぐ国内版、英語版ともに一段落しそう。作品に向かってる時はnoteを更新するモチベーションがなくなる。それでも…と更新しても書いてる本人がおもしろがってないのだから、アクセス数も下がる。分かりやすいもんだ。

午前中に、録画していた昨夜の「水曜日のダウンタウン」少し前の真心ブラザーズの回のNHK「SONGS」視聴。「SONGS」は、真心を好きな制作陣が作ってるのか、真心ブラザーズの良いところが良いかたちで表現されていた。サマーヌード、拝啓ジョンレノン、素晴らしきこの世界の生演奏もよかった。DVDに焼いて繰り返し観たい回。

「水曜日のダウンタウン」は、リアリティショーの中でクロちゃんのゲテモノ性が爆発していて、企画の人気と相まってノッて作られてる感じがしたが、中身のない笑いというか、笑いの中に品がないというか、文字通りのゲテモノショーでそれ以上でも以下でもなく、観ながら少しずつひいてしまった。クロちゃんギャラいくら貰ってんのかな、とか、なんで女の子達はアイドルなんか目指すんかねーと気づけば鼻ほじりながら見ていた。

打ち合わせまで少し時間があるので、これでも読みながら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

金はないものが出すものぢや。あるものは出さん。

5
映画監督/ドキュメンタリー映画「まちや紳士録」('13)「人情噺の福団治」('16)を監督。東京・名古屋・大阪ほか各地で劇場公開/2021年春撮影予定の新作劇映画を準備中/三重県 多度ふるさと塾 世話人/土着と革新の間 info@officearigato.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。