見出し画像

絵を描いているときに考えること・思うこと

こんにちは!
まるちペインター なんばゆきです!

先日、FBの『なんばゆきの初クラファン企画部』
絵を描いているときは何を考えているの?」という質問があったので...お答えします!

[photo by yagi_photoやじさん]

今回は、ご依頼制作の場合のお話をしますね!考えているのは一つのことだけではないです。また固定して考えてるわけではないですが、無意識に考えていたことを改めて気にして洗い出してみました!

①ご依頼主のこと

普段まずは、ご依頼いただいた方のことを頭に浮かべてラフ案を描いています。

その方が思い描いている脳内イメージをヒアリングで引き出し、要望に応えられるように、絵にして表現できるようにまずはご依頼主様のことを浮かべます。

ご依頼主様の好みの色や、好みの雰囲気、好みのタッチなど、ご依頼様の好きなことからインスピレーションを受けてラフ案に起こしています。

②ご希望のイメージ

次に、ご依頼主様が希望するイメージを具体化するためにどうすればいいのかを考えています。

言葉や参考画像をいただいたものを参考にしながら、ご依頼内容に合わせてオリジナリティをどう出すのかを考えたりしています。

ご依頼でいつも気をつけていることは、『汲み取ること』『気になることはすぐ聞く』ですね!

ご依頼主様によっては「おまかせします」とおっしゃられる方もいます。
気をつけたいのは、そこは「任せられたから好き放題自我を出そう!」ではなく、【おまかせします=あなたのことを信頼しています=素晴らしい作品を期待しています】と私は脳内で変換するようにしています。
なので、おまかせだけど、気になったことや分からないこと、迷ってる時などはその度にヒアリングするようにしています。(直接会う方以外はメッセンジャーやメールなどで✉️)

③喜ぶ姿を想像する

一番よく考えていることは、やはり相手に喜んでもらうためにどう描くか、どう表現するかですね!

例えば、似顔絵を描いているときは、相手が笑顔になることを考えながら描いています。気づいたら自分の顔も笑顔になってることが多いです!

笑顔効果で、その分さらに制作も楽しくなります。

ここでいう相手というのは、ご依頼主だけではないのです。
例えば、チラシ制作であれば、その媒体を観たときの人たちの反応があるので、それを予測しながら制作していきます。

ウェルカムボードの制作であれば、新郎新婦のご家族・ご友人たちがそれを観たときにどんな気持ちになるのか、どんな表情になるのかを想像しながら気持ちを込めて描いています!


最後に・・・
今回は
簡単に分けるとこの3つです。
でも、これは絶対この3つじゃないといけないというわけではないです。

描き手によって考えることはさまざまですが、なんばゆきの場合はこんな感じです!

ただこの3つで共通して言えるのは、ご依頼制作は『独りよがりにならないこと』、そして『なによりも相手を喜ばせるために、どう表現するか』を考えることが一番大事ということですね!

ちなみに・・・

先日描かせていただいた
うおしーらんとプロテイン前田くんの
【うおぷろ飯】のアイコンです!

二人のラブラブぷりを表現しました。そしてデート向けのグルメ紹介のインスタアカウントなので、そういった面を想像しながら描きました☺︎
ラフ案が二つあり、もう一つの案はこちら↓
こちらは、シンプルに暖かい二人の印象をイメージしながら描いたものです。

最終的には、二人が選んでくれて、1枚目の絵になりました!


うおしーらんは東京にいますが、離れていても更新しています*
二人を応援する気持ちも込めて、描きました!そしてこれからも二人の活躍を見守っています☺︎

うおぷろ飯:
https://www.instagram.com/uopromeshi

-----------------------------------

P.S.普段絵を描くときは脳内で言語化することあまりないので、文章読みにくいかもですが、私なりに書いてみました!笑
これから少しずつ文章書くことに慣れていこうと思います!☺︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう!
3
ショップ▶︎https://gsfr3.app.goo.gl/bKjuEn お仕事▶︎イラスト、似顔絵、デザイン、ジャグアタトゥー(JAGUABASE名古屋店店長) 趣味▶︎プロレス観戦、ファッション、YouTuber(NANBA FAMILY )、アウトドア
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。