見出し画像

Binance(バイナンス)は日本人禁止?登録は違法で規制がかかる?


海外の仮想通貨取引所バイナンス、日本人は禁止なのでしょうか??

登録や取引は違法で規制がかかるのかについて、色々と調べてみましたよ。


Binance(バイナンス)とは

 

Binance(バイナンス)は、世界最大の仮想通貨取引所です。

以下のような特徴があり、僕はよく使っています!!

 

・取引手数料が0.1%と激安

・レバレッジ最大125倍で追証なし

・ここにしかない仮想通貨やサービスがある

 

特に「レバレッジ最大125倍で追証なし」というのが良いです!!

少ないお金から取引することができるので、リスクをおさえれますし・・・

万が一激しい値動きでマイナスになっても、プラマイゼロで終えられます。

 

また「取引手数料が0.1%と激安」なのも助かりますね!!

さらに下のリンクから登録すると、手数料が永久的に10%オフ(最高条件)となります。

 

日本人が使うのは禁止か


海外の取引所であるバイナンスを日本人が使うのは禁止なのか、実際に金融庁に問い合わせた人がいました。


この記事によると、金融庁の回答は「禁止ではないが自己責任」とのこと!!

法律の制限を受けないので、利用したからといって罰せられることはありません。
しかし「自己責任」になりますので、Binanceを利用する際は十分な注意が必要です。


つまり日本人でも登録は可能で、取引をしても違法ではありません!!

しかし金融庁の認可がない業者なので、トラブルがあった場合はすべて自己責任となります。


バイナンス規制の経緯


バイナンスは2017年の設立当初、日本語に対応していました。

しかし2018年「日本人向けに無許可で営業を行っている」と、金融庁から警告を受けたのです!!

参考:Binance - 金融庁


それからバイナンスは長く、日本語サービスを停止していました。

しかし2020年、日本語サービスが復活!!

公式サイトやアプリで日本語表記を選べるほか、日本語に対応したサポートセンターもできたのです。

無題

参考:Binance


そして同年「金融庁と協力し、日本市場で完全な規制遵守をする」という声明を発表しました!!


したがって今後、バイナンスは日本で当たり前のように使われる取引所になると思われます。


日本人がバイナンスを使うメリット


日本人がバイナンスを使うメリットとしては、以下3つが挙げられます!!


・取り扱う通貨やサービスが多い

・稼ぎやすい仕組みになっている

・信頼性が高く安全に取引できる


ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。


【取り扱う通貨やサービスが多い】


バイナンスが取り扱う仮想通貨は、2021年6月時点で309通貨です!!

新しい仮想通貨が出るたびに追加され、この数はどんどん増えています。

日本では最も多いところでも16通貨なので、その差は歴然でしょう。


またバイナンスでは現物のほか、先物やレバレッジトークンなど様々な取引ができます!!

様々な取引ができるということは、それだけ収益機会も増すということ。

さらにステーキングや流動性スワップなど、国内取引所にはないサービスも多数展開しているのです。


【稼ぎやすい仕組みになっている】


バイナンスは取引手数料が0.1%と、国内の取引所と比べて激安です!!

しかも取引量の多さやBNBの利用などで、そこから最大9割引となります。

手数料のくわしい仕組みについては、下の記事を読んでください。


またバイナンスはレバレッジ最大125倍で、追証なし(ゼロカット)という好条件です!!

ゼロカットとは、大きな損失が発生しても預け金を超えた分の損失はチャラにしてくれる仕組みのこと。

最大レバレッジは4倍で、もしもの時は追証も発生する国内取引所とは比べ物になりません。

【注意】
金融庁により、国内取引所ではゼロカットが禁止されています。
そのため証拠金を上回った分の損失は、借金となってしまうのです。


【信頼性が高く安全に取引できる】


バイナンスは流動性が高く、国内取引所よりスムーズな取引が可能です!!

なぜならユーザーが世界中にいて、その数は1,000万人を超えるから。

24時間の取引高は、国内トップのbitFlyerと比べてケタが2つも違います。

無題

参考:取引高別仮想通貨取引所 | CoinMarketCap


またバイナンスは2019年、約45億円のハッキング被害にあいました。

しかし事前に準備していた基金から、すぐに損失を補てんしたのです!!

結果としてユーザーへの影響はなく、素早く的確な対応が賞賛されました。


日本人がバイナンスを使うデメリット


日本人がバイナンスを使うデメリットは、日本円の入出金に対応していないことです!!

入出金は基本的に、国内取引所から仮想通貨でやり取りする必要があります。


国内取引所を通す分、やり取りが多くなるのが面倒くさいです。

また送金には手数料がかかるので、そこの負担もネックですね。

送金手数料が無料の国内取引所に関しては、下の記事を読んでください。


別の方法として、「クレジットカードを使って仮想通貨を買う」という手段があります!!

バイナンスではBTCやETHなどの主要通貨を、クレカで購入できるのです。

カード会社は「VISA」と「MasterCard」の2ブランドに対応していますよ。


無題

参考:Binance


クレカを使うことで、ポイントが付くというメリットがあります。

またカード払いなので、いま手元にお金が無くても購入が可能です。


ただしクレカを使う場合、「カード利用手数料」がかかります!!

購入価格の3.5%(最低10米ドル)が請求され、けっこう大きな負担です。

残高に反映されるのも1週間ほどかかるので、あまりオススメできません。


バイナンス登録の方法


バイナンスに登録し、口座開設をする手順は以下の通りです!!

 

・アカウントを作る

・2段階認証を設定する

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。


【アカウントを作る】


取引所のサイト(Binance.com)へ行き、アカウントを作成します。

下のリンクから登録すると、手数料が永久的に10%オフ(最高条件)になりますよ!!


アカウントの作成方法については、下の公式サイトを参考にしてください。


【2段階認証を設定する】


2段階認証とはIDとパスワードに加え、ワンタイムパスワードも入力するセキュリティ対策です。

ログインに手間がかかるようになりますが、不正ログインを防ぐために必ず設定しておきましょう!!


バイナンストップページ右上の人間ボタンを押し、「セキュリティ」を押します。

無題

参考:Binance


2段階認証には4種類(セキュリティーキー、Google認証、SMS認証、メールアドレス)があります。

この中でも「SMS認証」が最も簡単なので、SMS認証の横にある「オン」ボタンを押しましょう。

画像6

参考:Binance


自分が持っているスマホの電話番号を入力し、「コードを送信」ボタンを押します。

すると6ケタの数字がSMSで送られてくるので、それを「SMS認証コード」欄に入力しましょう。

同じようにしてメール認証コードも入力し、「提出」ボタンを押します。

画像5

参考:Binance


これで、2段階認証の設定は完了です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
国内銀行→香港金融→専業トレーダー。トレード歴13年。旅が好きで世界42都市にノマド経験。「トレードトラベラー」としてANA(全日空)に取り上げられた記事→is.gd/dJgsUB