見出し画像

バイナンスは追証なし!レバレッジ100倍超のビットコイン先物のやり方


最近バイナンスで、レバレッジ125倍のビットコイン先物を取引しています!!

その仕組みとやり方について、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えしましょう。


Binance(バイナンス)とは

 

Binance(バイナンス)は、世界最大の仮想通貨取引所です。

以下のような特徴があり、僕はよく使っています!!

 

・取引手数料が0.1%と激安

・レバレッジ最大125倍で追証なし

・ここにしかない仮想通貨やサービスがある

 

特に「レバレッジ最大125倍で追証なし」というのが良いです!!

少ないお金から取引することができるので、リスクをおさえれますし・・・

万が一激しい値動きでマイナスになっても、プラマイゼロで終えられます。

 

また「取引手数料が0.1%と激安」なのも助かりますね!!

さらに下のリンクから登録すると、手数料が永久的に10%オフ(最高条件)となります。

 

ビットコイン先物の特徴

 

バイナンスのビットコイン先物は、「USDT先物(USDT Futures)」というところでできます。

この「USDT先物」には、以下のような特徴がありますよ!!

 

・無期限:将来ビットコインの現物を引き渡す必要がない

・レバレッジ:1~125倍まで自分の好きな倍率で取引可能

・追証なし:口座がマイナスになっても追加金は必要ない

 

つまり先物にありがちな「期限」とか「引渡」など、難しいことを考える必要がなく・・・

高レバレッジ・追証なしで、普通のビットコイン取引ができるということです。

 

ちなみに追証がないのは、バイナンスがトレーダーから少しずつ手数料を徴収しているから!!

トレーダーのポジション量に合わせて、およそ8時間に1回ずつ利息(FR:funding rate)を取っています。

そこで集めた資金を利用して、もしものロスカットに対応しているのです。

 

ビットコイン先物の準備


バイナンスでビットコイン先物をやるための準備は、以下の通りです!!

 

・アカウントを作る

・テザーを手に入れる

・先物ウォレットへ移す

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう。


【アカウントを作る】


取引所のサイト(Binance.com)へ行き、アカウントを作成します。

下のリンクから登録すると、手数料が永久的に10%オフ(最高条件)になりますよ!!


アカウントの作成方法については、下の公式サイトを参考にしてください。


アカウントが作れたら、あわせて2段階認証も設定しておきます。

2段階認証とはIDとパスワードに加え、ワンタイムパスワードも入力するセキュリティ対策です。

ログインに手間がかかるようになりますが、不正ログインを防ぐために必ず設定しておきましょう!!


バイナンストップページ右上の人間ボタンを押し、「セキュリティ」を押します。

画像15

参考:Binance


2段階認証には4種類(セキュリティーキー、Google認証、SMS認証、メールアドレス)があります。

この中でも「SMS認証」が最も簡単なので、SMS認証の横にある「オン」ボタンを押しましょう。

画像17

参考:Binance


自分が持っているスマホの電話番号を入力し、「コードを送信」ボタンを押します。

すると6ケタの数字がSMSで送られてくるので、それを「SMS認証コード」欄に入力しましょう。

同じようにしてメール認証コードも入力し、「提出」ボタンを押します。

画像17

参考:Binance


これで、2段階認証の設定は完了です。


【テザーを手に入れる】


バイナンスでビットコイン先物を行う場合は、テザー(USDT)が必要です。

ちなみにテザーとは、米ドルに価格が連動する仮想通貨ですね。

手に入れる方法としては、以下の2つが挙げられます!!


バイナンスでクレカを使いテザーを買う

②国内の取引所からビットコインを送金し変換する


①の方法は簡単ですが、手数料3.5%(最低10米ドル)がかかってきます。

残高に反映されるのも1週間ほどかかるので、あまりオススメできません。

したがって今回は②の方法について、くわしく解説しましょう!!


バイナンストップページ右上から「ウォレット」→「フィアットと現物」にいきます。

画像2

参考:Binance


コイン一覧からBTCを検索し、右のアクションの中から「入金」を押します。

あ

参考:Binance


アドレスが表示されるので、ここに国内の仮想通貨取引所から入金しましょう。

い

参考:Binance


送金手数料が無料の国内取引所に関しては、下の記事を読んでください。


BTCが残高に反映されたら、右のアクションの中から「コンバート」を押します。

あ

参考:Binance


振替元を「BTC」、振替先を「USDT」として、手持ちのビットコインをテザーに交換します。

う

参考:Binance


価格を指定して交換したい場合は、トレードを使ってください。

画像6

参考:Binance

 

【先物ウォレットへ移す】


バイナンストップページ右上から「ウォレット」→「先物ウォレット」にいきます。

画像7

参考:Binance


「振替」ボタンを押し、「現物ウォレット」から「USDS-M先物」へUSDTを送りましょう。

画像8

参考:Binance

 

ビットコイン先物の取引方法


バイナンスでビットコイン先物を取引する方法は、以下の通りです!!

 

・レバレッジを調整する

・注文を出す

・ポジションを決済する

 

ではそれぞれについて、以下でくわしく説明しましょう!!


【レバレッジを調整する】


バイナンストップページ上部のタブから「デリバティブ」→「USDS-M先物」へ行きます。

画像9

参考:Binance


ここが、ビットコイン先物の取引画面になります。

画像10

参考:Binance


画面の左上に、「(数字)x」と書かれているボタンがあります。

ここを押すと、レバレッジの調整が可能です。


画像14

参考:Binance


1倍から最大125倍まで選択できるので、自分の好みに合わせましょう。

画像11

参考:Binance


【注文を出す】

 

画面の右側には、注文画面が表示されています。

ここで実際に売り買いの注文を出し、ポジションを持つのです。

画像12

参考:Binance


注文の方法は、以下の5種類が準備されています。

 

・リミット(指値)
・マーケット(成行)
・ストップリミット(逆指値)
・ストップマーケット(逆成行)
・トレーリングストップ(値幅指定)

 

ちなみに取引するには、理解度テストに合格しなければいけません。

しかしこのテストは、何度でも間違えることができます。

したがって間違えながら答えを学習して、合格を目指しましょう。

 

【ポジションを決済する】 


取引画面を下へスクロールしていくと、チャート下に現在のポジションが現れます。

ここで保有ポジションの確認、決済を行うことが可能です。

画像13

参考:Binance


実際にやってみた 


実際にバイナンスで20万円を使って、1BTCの取引をしてみました!!

今ビットコインの価格は約200万円なので、レバレッジ10倍の取引ですね。

 



ビットコインの値動きはとても大きいので、1日で証拠金が倍になることもあります!!

その分リスクも高いので、トレードを行う際は十分に気をつけましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
国内銀行→香港金融→専業トレーダー。トレード歴13年。旅が好きで世界42都市にノマド経験。「トレードトラベラー」としてANA(全日空)に取り上げられた記事→is.gd/dJgsUB