見出し画像

月1取引で+92.9万円|月末ロンフィクFXで利益を出す手法を検証


「ロンドンフィックスのFXトレードって、具体的にどうやったら良いんだろう??」と疑問に思っている方へ。

再現性が高い月末ロンフィクトレードの手法を、FX歴10年以上の専業トレーダーがお伝えします!!

2010年5月から2020年6月まで約10年間のデータ(1時間足)の検証結果なので、再現性アリです。


この記事は有料ですが、コチラから無料で読めます


ロンドンフィックスとは


ロンドンフィックスとは、ロンドン市場でその日の判断基準となるレートが決まる時間です。

東京市場でいう、「仲値」みたいなものですね。

「ロンドンフィキシング」とか、略して「ロンフィク」とも言いますよ。


日本時間では、ロンドンフィックスは1時(夏時間は24時)となります。

夏時間について、くわしくは下の記事を読んでください。

参考:FXにおすすめの取引時間は?値動きが激しい特徴を持つ時間帯3つ


ロンフィク時間における価格が、その日の銀行の両替レートとなります。

したがってこの時間に向けて、為替は一方向に動きやすくなるのです!!

特に月末は決算やリバランスによって大口注文が入ってくるので、その傾向が強くなりますよ。


実需筋の企業は、想定外の事態が起こることをイヤがります。

「なるべく、銀行の為替レートと近い価格で取引したい」

そんな企業の不要なリスクを避けたい思いから、その時間帯に取引が集中するのです。


ロンフィクで分かりやすい動きをする通貨ペア

この続きをみるには

この続き: 2,879文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

僕が今まで使ってきた・今でも使っているFXトレード手法をまとめました!こちらから無料で読めます→https://is.gd/oqDPNM

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
国内銀行→香港金融→専業トレーダー。トレード歴13年。旅が好きで世界42都市にノマド経験。「トレードトラベラー」としてANA(全日空)に取り上げられた記事→is.gd/dJgsUB