CEOのみなさんへ――Z世代から未来の雇用者への手紙 新卒者は何を求め、何に価値を置くのか
見出し画像

CEOのみなさんへ――Z世代から未来の雇用者への手紙 新卒者は何を求め、何に価値を置くのか

川崎 裕一 / マネタイズおじさん


#DIAMONDハーバードビジネスレビュー

Z世代、なかでもマイノリティに属する若者は、何を求め、何に価値観を置き、何を実現しようとしているのか。彼らの意思決定プロセスを知ることは、DEIのみならず、未来に向けて組織をどう進化させていくべきかを見極める羅針盤になるはずだ。

リクルーターが、インクルーシブな職場構築のための予算確保に苦労したがダイバーシティが業績に好影響を与えるという証拠が見つかったら社内は一変した、という話をした。利益貢献しなければやらないのか、と思いその会社への就職活動をやめた。

政治よりも、自分の価値観と社会正義に対する期待が重要。ジョージ・フロイド殺害事件への抗議デモが広がったときに声明を出さず、ジェンダーと人種ダイバーシティが驚くほどかけている会社からのオファーは受けない。

Z世代は最も多様な世代である。異なる家庭環境で育った人のニーズを理解していない会社に入る人はいない。

ソーシャルメディアで自分のアイデンティティを表現することが大好きである。これを制限されるような職場には行かない。自分の見解は個人的なものであり、一線を越えれば自分自身が責任を問われることは分かっている。

社会にポジティブなインパクトを与える活動は、付け加えるものではなく、仕事のプロセスに組み入れられるべきである。従業員の評価に記載され、有給の労働時間に組み入れられ、世界がよりよい場所になることへの従業員の貢献は、功績として奨励されるべき。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!モチベーションが上がっております!
川崎 裕一 / マネタイズおじさん
スマニュー執行役員 ゼロから4ヶ月で広告事業を立ち上げました。 起業した会社をミクシィに売却。取締役COOとして時価総額160億円から5,000億円へ企業再生。 はてな取締役副社長としてゼロから広告事業を立ち上げてIPO。 マネタイズや企業再生について発信します。