見出し画像

1月26日放送分 #渋谷の体育会 収録後記(パラスポーツすごろく打ち合わせ)

こんにちは。パラスポーツ大好き女子のまえゆかです。

先週に引き続き、パラスポーツすごろくのドリームチームでの制作打ち合わせ!
ゲストも前回と同じく、
MVP Creative JAPAN の大海さん、クリエイティブディレクターの浅井さん、ボードゲームデザイナーの朝戸さんです!

今回の放送をお聞き逃しの方はこちらからぜひ。

先週までの流れは、先週の収録後記もぜひ♪


すごろくが海を越える?!

クリエイティブディレクターの浅井さんが、国内にとどめておくのはもったいないと。
今回のをきっかけに、渋谷から世界へ。海外のローカライズ版ができたらね、というお話が!
なんだか、初めに想像していたものよりすごく大きな話になってきました!笑

デザインどうする?

すごろくで大事になってくるデザイン。
シンプルなデザインであった方がいいというお話もあり、デザイナーが誰になるかが今後の方針を決めていくことになるそう。

平井さんから挙がったのが、渋谷のラジオのラジ公を作った寄藤文平さんのお名前が。

渋谷のラジオ発信の企画ですからね。
一旦、話は通さないと! と予想以上に大きな話になりました。笑

また、渋谷のラジオに出ている奈良さんとか…

え、奈良さん?! 

と、素人の私は驚くばかり。笑

イラストレーターさんにどう依頼するのか、とか、予算のない中でどうするのかとか。
ギャラは全部現物で、とか。笑

どのくらいの点数を依頼するかで金額は変わるものだと思いますが、プロジェクトに賛同してくださる方にご協力いただけたら嬉しいですね。

ここはもう、平井さんの腕にかかってます。笑
本プロジェクト初の持ち帰りタスクとして平井さんが動くことに。

大御所の力が必要!

世界を目指すのであれば、やはり大御所の力が必要! という話にもなりましたし、大御所の方が気持ちで賛同していただけるのではないかという流れになりました。笑

実名で公共に流れちゃったんですが、今後はどうなるんでしょう。
すごい勢いのあるメンバーだなと思いました。笑

最悪、平井さんが描くということに。
これはこれで、価値がありそう。

パラスポーツ親善大使のこともあがりましたが、いろんな大人の制約がありますね。。
大きすぎるところはちょっとさすがにね。

箭内さんの力もぜひお借りしたいですね、というお話も。

オファーはバカになったフリで「てへっ♡」って感じでの依頼がいいそうで、これはもう平井さんしかできない。笑

場合によっては、渋谷のラジオで絵を描くのが得意な子供とか、障がいのある方で絵を描くのが得意な方とか、みんなで作るをコンセプトにするアイディアもあるので、何かしらは動けそうですね!

コマは

大海さんがすでに車いすバスケ車や義足とか作ってくださっていて、当日私は義足のシルバーのピアスをしていました。

モノポリーに入ってる鉄のコマがいいよね、という話になったので、シルバーで作るのもいいね!と。

大海さんは、コマのサイズが知りたいという意見で。

そのためにも最初に決めるのが、箱のサイズ。

箱をA4にして、ボードが二つ折りがA3、四つ折りだとA2。
A2が少し大きいかもしれないけど、四つ折りがいいかなと。
そして、マス目が先週100~150マスと決まったので、マスを埋めていくとデザインでコマのサイズを決められるとのこと。

ボードにはエピソードに合う挿絵があるといいとのこと。

なので、ボードサイズは少し大きい方がいいねという話にもなったので、A3~A2サイズになるかなと。

大海さんのところでサイコロは制作できるとのこと!
ルーレットは商標的に使えないそうなので、サイコロは大海さんのところでお願いすることになりそうですね^^

オリンピック・パラリンピックという文言は使用できないですが、新国立競技場に近しい、「スタジアム」を置いたりして、ボードを飾ることができそう。

コマに色を付けるのもできるし、自分でポスカで塗ることもできるそうなので、いい感じの5色で制作できそう。

ここまでで決まったことを整理するとこんな感じ。

【決まったこと】
・ボードサイズ
 A3より少し大きい(四つ折りなど)

・箱サイズ
 レターパックに入るサイズ(郵送サイズ)
 ノートパソコンくらい(持ち運べるように)    

スポンサーどうする?

競技団体とコラボすると難しいのがスポンサー周り。
2020の大会へスポンサーしている企業さんもあれば、競技団体をスポンサーしている企業さんも。
競技団体をコラボして抵触しないスポンサーに当たっていきたいというのがこちらの希望。

全面的に競技団体と連携するのは難しいかもしれませんが、競技団体さんの大会会場で配れたり、選手に協力してもらえたら嬉しいですし。

クラウドファンディングに応援してもらえたらそれも嬉しいし。

行政も合宿誘致していたりするので、地域の名前を出してくれたら協力してもらえるかも?
ただ、行政で広告費は難しそうなので、一個人でご協力いただけそうな支援の形を検討できるといいなと。
現物納品で地元の方に広めてもらえたら嬉しいなぁと。

スポンサー周りは西本部長の担当で!

梱包・発送も検討しないと

渋谷区内の作業所とかで、梱包と発送してくださるところを見つけて連携できるといいなという話にもなりましたが、コマを作るのは札幌。
作るそばから梱包できるとスムーズかも?
ということで、札幌の作業所の方々にお願いできるといいなと!

ゲームは1セット作るのに約1か月くらい。
そこから発送作業をするのでもう少し時間が必要になるそう。

作業所への依頼だとタイトなスケジュールは難しいので、いざという時はみんなで札幌に乗り込んで梱包作業しようと^^
いざという場面じゃなくても梱包作業みんなでやったら楽しそう!
私はただ単に札幌に行きたいだけだけど、みんなで梱包出来たら楽しそうかもー^^

今後の理想的な流れ

まずは1000個で見積もり作成。
平井さんがイラストレーターを口説けたらほぼGOサインで、宣伝しながら政策をするというのが理想的な流れ!

制作過程をどんどんと発信していくのも楽しそう。
印刷している過程とかも動画に録っていけたらいいですね。

一回目の打ち合わせは収録ですし!

今後のスケジュール

5月に配るとしたら、完成は4月。
印刷開始が遅くとも4月上旬。

デザインは、1か月くらい。
2月には内容FIX。3月制作して、4月に印刷に回す。

2月中には完全にルールをFIXさせないといけないというので、意外とタイト!
コマの調整は3月末で、コマの完成自体は発送のところまでにあればOK。

意外と大変なのが、説明書らしく。
読んで遊べるようにいろんな方にチェックしてもらう必要があるらしい!
説明書だけはプロに作ってもらった方がいいですね。

2月中旬までにルール確定って、結構ギリギリ。笑

クラウドファンディングを始めるとしたら、プロトタイプができたところでキービジュアルになる予定。

テストプレイをクラウドファンディングサイトに載せるのもいいですね!

どんな出来上がりになるんだろ~すごく楽しみ!

競技をどうしよう?

A面、B面にして複数の競技にするのか、パラ陸上だけを作って、ほかの版を作っていくのがいいのか。

SNSのお友達としては陸上の友達の方が多くて。車いすバスケはそこまで友達が多くないし、一番仲がいいのが車いすラグビーですが、そうすると競技人口が少なくて。

一般の友達で刺さるのは陸上なのか、車いすバスケなのかというと、マニアックな友達の方がいいとのことで、コアファンとしては陸上。ライトファンが車いすバスケかなと。

とりあえず陸上で作ろう! ということに。
余力があれば、バスケを作れたらいいねと。

さて、いよいよ具体的に制作に動いていかないといけないので、平井さんがイラストレーターを決めて、朝戸さんが素体(骨組み)を作っていただけるとのことで、それを元にコマを当てはめていくことを目標に。

朝戸さんにおんぶにだっこな状態ですが、強力なスタッフが入っていただいたので、素体をみながらコマを私が当てはめて、2月上旬にテストプレイしてまたディスカッション。。

テストプレイの時にはパラ陸上の選手やパラアスリートにも一緒にやってもらえたらなと!

って、もう1月下旬だけど2月上旬なんだけど大丈夫かな?笑
普段は1年とかかけて作るゲームをタイトな日程で作るので、2週間で素体を作ってくれるそう!

まあ、遅れたら遅れたで何とかなるのがこのプロジェクトですからね!

誰かの一歩を踏み出すようなきっかけになるようなすごろくになったらいいなと思っているので、学校とかリハビリ施設とかに配りたいなと思っています。

リハビリ施設の数を調べなくちゃ!
作業療法士さんに配ってもらうのも大事だなと思うのでそういった方々に配ることも考えたいですね~。

とはいえ、調べてみたら作業療法士の有資格者が94,000人。
結構多いな…笑
その中で脊髄損傷とかにかかわっている人ってどのくらいなんだろう?
車いすメーカーとか義足メーカーにも提供したい!
ネットワーク使って調べなくちゃ。

さあ、これから楽しみな時間が増えてきました~♪
関わってくれるパラアスリートを増やしていくのが私の仕事でもあるので頑張ります~!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。Twitterではパラスポーツの情報を発信しているのでそちらもフォローしてもらえたら嬉しいです。 https://twitter.com/yukacharin

嬉しい!
9
パラスポーツエバンジェリスト。パラスポーツ以外にも色々関わりながら、考えながら発信しようと思います。 コルクラボ5期/Global Shapers Community東京HUB/こども哲学おとな哲学アーダコーダ理事 マガジン▶パラスポーツ/読書好き/哲学対話

この記事が入っているマガジン