freeeの関西オフィスを見せちゃいます!

freeeの関西オフィスを見せちゃいます!

こんにちは!ムーブ研のユカです。
前回はfreeeの関西オフィスが移転し、その移転先が大阪の根深い下町
【京橋!!】
という記事を書かせていただきました。

今回はオフィスの内装についてご紹介したいと思います。

まず、freeeのオフィス作りにはいくつかこだわりがあります!


・ナチュラル、木目
 派手なきらびやかさがなく、ライトブラウンの木目でぬくもりやあたたかみを感じる家具が好ましい。上質だがカジュアルさが感じられるもの。
・黒は使わない
 木目の家具以外の家具のベースカラーはホワイトかグレー。黒は使わない。目立たせたいところや差し色がほしい箇所の家具はコーポレートカラーに近いものを選ぶ。
・実用的
 オフィスチェアなど長時間使うものは、体に負担のかからないものを選ぶ。

以上を踏まえて作られたfreee関西オフィスがこちら!

画像1

エントランスを入ると白い壁に鮮やかなブルー
広々とした開放的な空間です。

そこを抜けるとアソビバという広場。社内イベントや勉強会等で使用できるよう作られました。多目的に使用されますが、社員同士の交流を深める場として使われる事が多いです。

画像2

例えば、関西オフィスでは第1第3金曜日にTeaTimeを設けています。
同じ支社で働いていても日々の業務の中で中々接点無くて知りえるきっかけが無かったりするので、コミュニケーションの場として利用しています。
美味しいコーヒーと特別なお菓子を用意していて…そちらも社員から好評です!!

画像3

アソビバから見える会議室の雰囲気も、色味を使っていますがとても落ち着いて見えています。
ガラス張りですがしっかり防音もされており、セキュリティの為ガラスにはモザイクシートが貼られています!

そして、お気に入りポイントは、何と言ってもモザイクシートに潜んでいるfreeeのロゴ!!

画像4

こういう遊び心あるオフィスがとても好きです!


アソビバの奥は、執務室です。

画像5

画像6

画像7

執務室内にはyogiboスペースもありリラックスして仕事ができます。

画像8

以前のオフィスはレンタルオフィスの為、少し殺風景な内装の中で業務をしていましたが京橋に移転して緑も増えてとてもfreeeらしいオフィスが完成しました。

スクリーンショット 2020-10-02 144734

関西オフィスの雰囲気は伝わりましたでしょうか?

一部しかお見せ出来ませんでしたが、freeeにはまだまだ面白い施策があります!
また少しずつ紹介していければいいなと思います!
ぜひ、あえ共freeeでfreeeのバックオフィス活動を覗いてみてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!