見出し画像

京都はなぜ人を惹きつけるのか(私の京都論)

私は大学4年間を京都で過ごし、今は東京に暮らしている。
先日いろんなタイミングが重なって1週間京都に滞在した。
京都にしばらく住んでいて、一度京都を離れて、また戻った今このタイミングで思ったことがある。

" It's such a magical place. "
昔から京都は不思議な街であるなぁと思っていた。
言うなれば、森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」(※注1)が現実の世界にあってもおかしくないような、そんな魔法を持っているように思う。

そして雪降る貴船神社に一人で訪れたとき、
ふと「マーケターは全員京都に来たほうがいい」
という言葉も頭に浮かんだ(※注2)。

なんでだろう?
ぽつぽつと思うところはあったのだけれど、
しっかりと向き合って考えたことがなかったので、
これを機会にちょっと考察してみようと思う。

京都の不思議なこと
・京都で会えるものは、大阪でも東京でも、なかなか会えない(気がする)
・京都にいるだけで文化的になれる(気がする)。これを言い訳にけっこうな授業をサボっていた時期もあった。
・なぜかデザイナーとかクリエイターを惹きつけている(気がする)

要因①:京都には消費できるものが少ない
消費できるもの:ファストファッションとか。そんなに大きな都市ではないがゆえに、ありとあらゆる娯楽が揃っている大都市と比較すると、お金を払うことで無条件に楽しめる系の遊びが少ない。お寺巡りはある程度教養を求められるし、鴨川散策を楽しむには五感をフル活用する必要がある。

ここで関西の三大都市を比較してみると、
・大阪...最先端でお金で消費できるものが多い(東京も同じ)
・神戸三宮...外見も中身も古き良き時代を残す(地方都市)
・京都...外見は古いけど中身がわりと最新だったりする

要因②:建造物の制限がある
京都はかつての都であり文化保全の観点から様々な規制がある。例えば高い建物が建てられないとか、歴史的建造物を取り壊すには市の許可がいるとか、コンビニの色が茶色になったりとか。
こういった制限があるおかげで、世界中の大都市にある似たり寄ったりの大型商用施設が建設しづらい。
人は制限があるとクリエイティブになるが、街も同じで制限があることでクリエイティブになるように思う。

要因③:オリジナルのコンテンツがある
唯一無二の歴史的名勝が数えきれないほどある。
これが京都を他の年を大きく差別化している。いわずもがな。
この土地で何か新しいものを創作している人(アーティストやデザイナーといった人達)が、この歴史に敬意を示した上で、歴史の上にさらに新しい文化を日々生み出している。

要因④:余白がある
視覚的余白:建物が低いおかげで街に圧迫感がない。この空間的広がりが人の思考を広げてることに少しばかりは寄与しているように感じる。
時間的余白:京都の街は自転車社会。東西南北縦横無尽に自転車が走り回る。ということは、始発も終電も気にしない(無論京都で生活が完結している場合に限るが)。
水という余白:鴨川、高瀬川、桂川。京都生活は流れる水がとても身近にある。絶えず動き続ける水はずっと見ていられるので、物思いに更けるのにぴったり。そこそこの街でありながら自然を感じられるのもこのおかげだと思う。

以上をまとめると、

京都は、制限と余白の絶妙なバランスを保っており、そのために人を自由でクリエイティブにする街

なのだろう。

...とかいろいろ考えてたら、京都を思ってた以上にめっちゃ好きな自分に気が付いてしまった。もう、どこでもドアで毎週末京都に通いたいよう。
そして京都以外にも素敵なところはいっぱいあるはずだから、旅人属性としてmagical place を世界中で発見してみたい。そうすることで、より私の愛する京都論も深みを増していってほしいと思う。

※注1:京都大学と思われる大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語を2人の視点から交互に描いた長編小説。ときに現実を逸脱した不可思議なエピソードを交えている(wiki)
※注2:ゆじるしの本職はマーケター



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

この記事が入っているマガジン

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

  • 3778本