作曲練習を再開しよう!

他のことに気を取られていたら、作曲練習から少し離れてしまった。。。

すぐにでも前みたいに取り組もうかとも思ったけれど、物事を先へ進めることと同じくらい“立ち止まる”という経験も大事。

なので、『①なんで作曲練習から離れてしまったのか?』『②どうしたら対策できるのか?』を一度考えてみましょう。

①なぜ作曲練習から離れてしまったのか?

仕事の方がバタバタしたことをきっかけに、作曲練習に限らずいろんなことが出来なくなってしまった。

そんなことを思いながらもダラダラとテレビを観る自分がいたりして、自分でも「いや、動けよ。」と思うようなダメな自分がこの1か月くらいは出てきちゃったね。

そんな自分に対してダメ出しをしたいところもあるけれど、過ぎちゃったことは仕方ないし、今またこうして実際に行動に移せるようになったので今回はお咎めなしとしましょう。

もしかしたら、無理に動いたことで曲作りが嫌になる可能性もあったかもしれないし。

そうならなかっただけでも良しとします。まぁケガみたいなもんかな。

ただ、ケガから復帰した自分が前の自分のレベルになっていたら意味がないと思う。ケガしたからこそ、次どうするかをしっかり考えるべき。

そこで考えたいのは「作曲練習から離れてしまったのか?」ということ。

趣味だし優先順位が低いのはあるけれど、時間なんて作ろうを思えばいくらでも作れると思う。

でも、そういう気持ちにならなかったというのは作曲練習に対して何か思うところがあったからじゃないのかなと。

じゃあソレはなんだろう?

うーん…『面倒だった』のかな。

そう思うのは時間がかかるから。演奏技術の乏しさもそうだし、どんな曲を作りたいかという想いやアイディアもすぐに思いつかない。

曲が出来上がっていくまでの過程は楽しいんだけど、楽しいところに辿り着く前で面倒な気分が出てきちゃう。

これは気持ちの問題ではあるけれど、同時に気持ちの問題ではない気がしてる。

そう思うのは自分があまり感情的に動くタイプの人間ではないから。

気持ちが付いてこないのは気持ちが動くような環境や状態が準備できてないことにも原因があると思うし、そこを工夫すれば自分の気持ちを動かすことが出来る気がする。

この感覚はこの先何度もいろんな場面で出てくると思うし、このタイミングで一度しっかり考えておきましょう。

そうすれば応用も効くと思うし、いつでも攻略できるはず。

ということで『②どうしたら対策できるのか?』を考えていきます。

②どうしたら対策できるのか?

もっと妥協してもいいのかな。

曲作りの目的の1つに意図して曲を作りたい、ロジカルに曲作りをしたい想いがありました。

意図して曲を作るやり方みたいなのは少しずつ光が見えてきた感覚がある一方で、考えることが多いから時間がかかるのがネックだと気づいた。

今の段階で納得するような曲はまだ作れないと思うから、だったらもっと感覚的に、下手くそでも時間をかけずに作曲できる練習をしてもいいのかなと思った。

いろいろ考えすぎるのも良くないこともあるし、これからしばらくは感覚重視で作曲をして作曲スピードを上げる練習をしていきましょうか。

全部感覚に頼るのは、それはそれでまた何をしていいか悩んじゃうので、テンプレートだったり、型にはまる部分は準備しておこうかな。

次にやることはどうする?

ここまで頭の中が整理出来れば、また動き出せる気がする。

少なくとも気持ちはちょっと前向きになった。

気持ちの準備は整ったから、あとは実際に行動に起こした時にこの気持ちが冷めないようにしたいですね。

そのために必要なのは…作曲手順を整理することかな。

「この手順に従って作曲していけば、曲が完成しますよ」というステップがあれば、迷わず作業できるでしょう。

次回は実際に作曲手順を整理しながら、何かしらの曲を作っていきたいと思います^^

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?