見出し画像

ツイッターのアカウント名を漢字に変えた理由

こんにちは、平井(@yuji87)です。

サラリーマンしながらSNSをすることって、正直抵抗がありました。

Instagramは海外を意識した写真しかポストしていないから、名前の表記も海外からのコンタクトのしやすさを考えて英語でyuji hiraiとしていました。

その流れでツイッターの名前も英語で書いていたんですけど、『あきまへん』と吉田佐和子さんがブログで教えてくれました。読んだ瞬間、これはすぐに変えなあかんと思ったので変えました!

ボクのツイッターに興味ある方はこちらからご覧くださいね→https://twitter.com/Yuji8687

ツイッターで繋がりたい人は海外ではなくて、日本人。それならきちんと漢字で名前を表記しないといけないことに気付かせてくれました。昨日の今日でこれに気付けたことは、非常に大きなことだと思っています。

覚悟を決めるため

たかがツイッターのアカウント名で何言ってんの?笑 と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。ただ、ボクの中には確かに覚悟を決めたときに感じる爽快感があります。

まだまだ、ボクは変わることができる。

写真を初めたことで、たくさんの人と出逢いとても楽しくて充実した時間を過ごすことができるようになりました。ボクの将来についても本気でアドバイスしてくださる方にも出逢いました。

5年前くらいのボクを知っている写真仲間の方々からも、「人ってこんなに変われるんやなー笑」と言って頂きました。

もう10年近い付き合いになる妻からは「もっと紳士な人やと思ってた」と罵られています。ふざけすぎるボクが悪いので何も言い返せませんが笑
最近では写真のことの相談も聞いてくれるようになり、ボクの人生相談もしてくれる神妻です。

そして、「ボクが人生終わったとつぶやいた日」以降も、変わらずお気楽な雰囲気でボクと接してくれた家族、友人たち。ボクが今、持病とうまく付き合いながら日々を過ごしていられるのは、学生時代に支えてくれた人がたくさん居たからです。

友だち少ないんです。とか、良く言ってたけど、こうして振り返ってみるといっぱいいました笑。そしてこれからもきっと、新しい出逢いがあると確信しています。昨日もInstagram繋がりで3人と出逢いました。

今日、ツイッターのアカウントを漢字にした効果は、3ヶ月後に振り返ります。もちろん、漢字にしただけでは何も変わらないと思うので、発信していく情報も見極めていきます!ビビって何もつぶやけなくなるといけないので、今日の内容はプライベートな内容も入れました。明日からも変わらず発信していけそうです!

今後とも、「平井裕士」をよろしくお願いいたします!
週末、ツイッター用のプロフィール写真をじぶんで撮ってきます!真正面で爆笑してる写真が撮りたい笑

ツイッター:https://twitter.com/Yuji8687
Instagram:@yuji87

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

写真や旅のことだけじゃなく、今ボクが気になっていることをnoteに書いています!読んでいただきありがとうございます!

読んでいただきありがとうございます😊
43
双子の父☺︎☺︎ | 写真家 | 今を未来に伝える活動をしています | 設計者 | 妄想好き | 訪日観光マガジンMATCHAライター🖋大阪、和歌山担当 | 和歌祭400年祭実行委員会

この記事が入っているマガジン

クリエイターとファンをつなぐソーシャルメディア活用術
クリエイターとファンをつなぐソーシャルメディア活用術
  • 545本

インターネットの発達や安価な情報端末機の普及に加え、TwitterやFacebookなどソーシャルメディア(SNS)の台頭は人々の生活様式やビジネスのあり方を劇的に変えた。 しかしその一部は、クローズドな場であると勘違いして愚痴や悪態を垂れ流したり、武勇伝と称して己の愚挙を晒したり、また顔も見えない相手に罵詈雑言の限りを尽くし、騎士や保護者を気取って特定ユーザーを執拗に監視したりと、適切に使いこなせているとは言い難い。日本国内における「tweet=つぶやき」の意訳に基づく誤解はその最たるものだ。とりわけ彼らの読解力や当事者意識の欠如、そして知的怠惰が、利便性や活用機会の向上をより困難なものにしている。 だがSNS自体は単なる情報の発信や交換の道具にすぎず、我々は鳥たちが「さえずる(tweet)」ように自身の存在や意見を淡々と主張し、仲間を見つけて交流を深めるのが本来の使い方なのだ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。