池尾優/編集者・ライター

編集者、ライター、時々ヨガを教える人。東京生まれ、20代でバンコク現地採用生活、帰国後トラベルカルチャー誌「TRANSIT」副編集長を経て現在はフリーランス。2018年より京都在住。3歳と0歳の子どもと7歳のトカゲがいます。 www.yuikeo.com

茶道の向こう側

可視化できないことが潰されていくオンライン時代に

9月になるととたんに秋の空気にかわった。あんなにうるさかったクマゼミの声も聞こえなくなると寂しくなる。 8月はお盆でお寺さんが忙しいため、お茶のお稽古はお休みだった。この機に、今なぜ茶道なのか?私なりに考えてみた。 最近コンスタントにやらせていただいているお仕事に、"オンライン"をテーマにしたwebメディアがある。 内容はそこまでテックテックしたものではなく、オンラインの根底にある企業や人の哲学などにフォーカスしているメディアだ。 ここで取材するのは、たとえばアプリと

スキ
2

直径3cmの中に広がる美意識の宇宙

「今日は"拝見"をしてみようかね」 お稽古を始めて1ヶ月が過ぎた頃、先生が言った。私がお稽古でやることといえば、まだまだお菓子を食べてお茶をいただくだけ。そこに加えて、「拝見」という新たな作法を学ぶことになった。 拝見とは文字通り、掛け軸や器などの亭主が準備したものを見させてもらうこと。結論から言おう。拝見するのは大変なのだ。 例えば、床の間の諸飾り(掛け軸、生花、お香の3点セット)を拝見する際には、正座をし両手の平を畳に添え、掛け軸、生花、お香の順に見るというルールが

スキ
4

お茶会の「段取り」力

「来週の日曜は月釜当番さかいに、あなたもよかったら来なさいね」 お稽古終わりに先生が声をかけてくれたのは、月釜へのお誘い。月釜とは毎月各地の茶室で開かれる、一般の方向けのお茶会のこと。お稽古場のお寺では、年に一回このお茶会の当番がまわってくるそうで、それが今年は7月なのだとか。 ”誰でも参加OK”の月釜。これまで気になってはいたものの、さすがに経験ゼロで行く勇気はなかった。今もまだまだビギナーゆえ不安は多いが、その月釜に行けるチケットが、それも亭主である先生公認で、私のも

スキ
5

よそさんが京都で茶道を始めたらどうなる?

京都に住んたら、ぜひやってみたいと思っていたのが茶道だ。東京から京都へ来て2年8ヶ月、その機会になかなか恵まれてこなかったが、遂にそのチャンスが訪れた。 「一見さんお断り」「いけずをされる」「ぶぶ漬けを出される」など、“よそさん(よそ者)”を嫌うといったステレオタイプな京都気質を表す言葉がある。私も京都に住むまで、そんなことあるの?と思っていたのだけれど、実際、そういう人はいる。移住者の多いエリアに住んでいるので、そこまで頻繁には起きないが、いろんなケースがあっておもしろい

スキ
17