見出し画像

「自分で体の痛みを改善するには、どうしたら良いですか?」

和光

和光の浜田です。

本日のパフォーマンス分析(力み図)は、日本のバスケットボール選手。山口県柳井市出身。


2022年3月の河村勇輝選手です。


河村勇輝 - Wikipedia

ja.wikipedia.org


【お知らせ】
LINE等でいただいたご感想は、HPや日々の投稿で使用させていただく場合もございます。
その際は、匿名で投稿させていただきます。
ご理解のほどよろしくお願い致します。


【解説】
赤色の部分は、力み・無理・潜在的不安の部分を示し

痛みの原因・パフォーマンス低下になる

「動きの良くない部分」


赤色の個数が少ないほど一流のアスリート。


参考として

・0個 

MAXのパフォーマンスを発揮している状態。

レジェンド級の超一流アスリートに多い。

(例:全盛期のメッシ選手、イチロー選手、ジョコビッチ選手、タイガーウッズ選手など)

・1〜2個 

ハイパフォーマンスを発揮している状態。

毎年、安定した成績を残す一流アスリートに多い。

・3〜5個 

平均的なパフォーマンスを発揮している状態。

プロレベルではレギュラークラスのアスリートに多い。

・5〜10個 

本来のパフォーマンスを発揮できていない状態。

プロレベルだと怪我をしているアスリートに多い。

アマチュアのアスリートレベル。

・10個以上 

アスリート以外の平均的日本人

(成績は運や競技レベルでも変わる)



【パフォーマンス指標】


河村勇輝選手のパフォーマンス指標(改善すべき場所)は、


1.頭


2.腰


3.右股関節


4.右足首


です。


日本のバスケットボールの選手の中では

かなり良いパフォーマンス状態です。


頭がクリアになれば、

もっと良いのですが

ひとつひとつ頭の中を整理して


断捨離をしていくのが良いでしょう。


*このように痛みの原因となる

力みや無理のある部分

潜在的不安のある部分などの


・動きの良くないところ

・バランスを崩しているところ


を気功による心身のバランス調整で

体や心の痛みを改善し動ける体にします。


【LINE公式アカウント】
@pdg7740c

友だち追加URL
https://lin.ee/qs9WITw

までご連絡をお待ちしております。


追伸


「自分で体の痛みを改善するにはどうしたら良いですか?」


とクライアントさんに

質問されたのでお答えします。


以前もお話ししましたが


体にこだわっているうちは、

なかなか痛みは改善しません。


とても難しいのですが、

体の痛みを


「心の痛み」


として受け止めることができれば、

体の痛みから解放されます。


例えば、


体の痛みが改善して

何がやりたいのか?


本当にやりたいのか?


何か痛みが治ったら

引っかかることはないのか?


と自分で問い詰めていくと

(なかなかできませんので無理なく)


心の痛みにぶち当たります。


心の痛みに当たったら

体の痛みは癒えます。


心の痛みを解決したい場合は、


「体が動けることで何か不都合はないか?」


を自分で問います。


すると動く体のデメリットに

ぶち当たります。


どちらにせよ、

極端さが痛みの元ですので


体ばかり気になる方は、心も見つめ直し

心が辛い方は、体を見つめ直し


人のせいにしたい方は、

自分の方に意識を向けて


自分のせいにしてしまう方は

自分の置かれた環境に目を向けると


楽になります。


こうして自分で

ニュートラル(自然体)を

作っていくのです。


まずは、何でもいいので

自分の中にある極端さに


目を向けましょう。


【インスタ】
https://www.instagram.com/yuichihamada19

【和光・公式ホームページ】
https://wako-hamada.com/

#気功 #整体 #東広島 #横浜ビー・コルセアーズ #河村勇輝 #プロバスケット #NBA #自然治癒力 #体のバランス #怪我防止 #自然体 #身体の使い方 #力を抜く #メンタル改善 #エネルギー #パフォーマンス向上 #エナジーカウンセラー #遠隔気功 #気功師 #エネルギーワーク #ヒーリング #遠隔ヒーリング #モテ気 #スポーツ障害 #スポーツの怪我 #スポーツトレーナー #スポーツパフォーマンス #スポーツ整体 #動ける体

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
和光
体の痛みを根本改善する情報をお届けします。