ロードレース撮影
見出し画像

ロードレース撮影

ゆい

5/30まで、自転車のロードレス「2021 ツアー・オブ・ジャパン」が開催されました。
国内で唯一、複数の県・エリアを移動しながら、複数日に渡って繰り広げられるロードレースです。
昨日(5/30)が最終日でした。

*沿道での観戦自粛を案内されておりましたが、ウォーキング(散歩)の途中で立ち寄るレベルにし、一番端っこの人がほぼいないところで、接触ゼロに気をつけて短時間だけ見てきました。
私自身趣味でロードバイクに乗っています。
所属する自転車チームの若手がなんとプロになりまして、このレースがプロとして初参戦でした。勇姿を写真に撮ってあげたいと、勝手に担当カメラマンをやってきました。どうかお許しください。

普段、動体撮影はしません。
どちらかというと、ストリートスナップで人物をブレさせて誰だかわからないようにして街の風景を撮ったり、川や滝の流れをスローシャッターで柔らかく撮ったりと、動体をブレさせて撮ることはよくありますが、速い動体を止めて撮ることはやらないです。

なのでワクワクの動体撮影でした。

カメラは、Nikon Z 50を持っていきました。
レンズは、望遠のキットレンズ、Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRです。
APS-C(DX)なので、フルサイズ換算だと75-375mmになります。

トップを走っている選手を撮るのは簡単でした。タイトル画像にした写真はトップの選手です。置きピンでも、コンティニュアスAF(AF-C)でもオッケーですね。高速シャッターにして連写したうちの1枚です。
選手たちの走行スピードはおよそ時速50Kmです。自転車とはいえ、かなり速いんですよ。

*露出(撮影)モードはマニュアル(SS:1/4000、F値:8.0)、レリーズモードは、高速連続撮影(拡張)で撮影しました。

ところが第2グループ以下の大集団になると難易度が上がりました。
まず、お目当ての選手がどこにいるのか見極めなければなりません。
集団の中で見え隠れするのでコンティニュアスAF(AF-C)は諦め、ほぼ置きピンで撮りました。

黒と黄色のジャージ「リオモ ベルマーレ レーシングチーム」を追っています。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

この中で、狙っていったのは黒いヘルメット、赤いサングラスをしている選手です。我が自転車チームから初のプロ選手「西本健三郎」選手です。19歳!

置きピンで連写ーーーー!!

置きピンといいながら、連写の中で若干画角位置をズラして撮影しています。

気をつけたことは、Z 50だと連写のバッファメモリが少ないので、連写が行われている時間の中にうまく収めることです。

人から離れてだいぶ後ろから撮ったので、左下にひと(メディアのカメラマンさんでした^^;)の頭が入ってしまいましたが、トリミングします。

Z 6IIを持っていけばよかったと後悔しました。望遠レンズはAPS-C用のしか持ってないので、Z 50にしたのですが、連写スピード、連写のバッファ、AF精度、ファインダーの見やすさはZ 6IIが上ですので、Z 6IIにAPS-Cレンズ付けて撮影すればよかったと思いました。自動的にクロップされてしまうので、1000万画素レベルになってしまうので避けたのですが、1000万画素でもオッケーですよね。

もっとガッツリと観戦できるときでしたら、流し撮影にも挑戦したかったです。

スポーツ撮影にはミラーレスのEVFではなく、レフ機の光学ファインダーが良いというのが一般論ですね。Nikon ZシリーズのファインダーはEVFですがとても見やすく優秀です。Z 6IIのファインダーとかめちゃめちゃ見やすいのですが、それより劣るZ 50のファインダーも他社のミラーレス機から比べたらとても良いです。今回はEVFだとどうかな、、、というのが一番の心配だったのですが、あまり不都合は感じませんでした。集団の中で目的の選手を見つけるのもZ 50のファインダーは視認性に優れていて楽でした。走るコースやおおよそのスピードが決まっているスポーツなので、追っかけ(予測)易い自転車ロードレースならミラーレスのEVFでも十分だと思います。

メディアのカメラマンを見ていると、撮ったらバイクの後ろに乗ってすぐ別の位置に移動してました。何箇所かでトップ集団を撮る、有力選手を撮る、スタート前、スタート、レース中、ゴールの瞬間、表彰式など必要なタイミングを押さえて撮る。とか、結構忙しいんだろうなぁと感じました。少なくともバイクの運転手と組んで2名1チームにならんといけないですね。

それとやはり基本的な耐久性(頑丈さ、防塵・防滴)は大事と思いました。にわか雨降ったし。^^

西本健三郎選手の総合リザルトは全体の35位でした。もっともっと上位にいけると思います。お疲れ様でした!

撮影と応援の楽しみをくれてありがとう!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ゆい
photographer / 動画・映像クリエイター / フォトマスター1級 / 撮影・制作・レビューなど、お受けいたします。