編集長ことはじめ

19

編集者が、メディア運営でなく「事業」の持続発展に貢献できるようになると、オウンドメディアはもっと進化すると思う

「企業のメディア化」が進む中、編集者の役割は?

企業が主体となって運営する「オウンドメディア」の立ち上げがここ数年活況を呈していましたが、2018年末〜2019年にかけて、オウンドメディア閉鎖のニュースを目にすることも増えてきました。中には、そのコンテンツの質の高さから多くのファンを獲得していたり、誰もがよく知る有名企業によるオウンドメディアの名も散見され、潮目の変化を感じます。

オウンドメデ

もっとみる

遠くへ行くならみんなでーsoarが非営利・寄付会員モデルのメディア運営で「情報のセーフティネット」を目指す理由

NPO法人soar理事の鈴木悠平です。

「人の可能性が広がる瞬間を捉える」ウェブメディア「soar」の運営を中心に、さまざまな困難に直面した人たちの回復の物語や、困難のある人と支援をする人をつなげる活動を行っています。

現在、「情報のセーフティネット」化を目指したサイトリニューアルのためのクラウドファンディングを実施中です。

この記事では、soarがなぜ寄付モデルでメディア運営をするのか、今

もっとみる

ボキャブラリーの裏側に敏感になる

たとえば、どれだけ表向きには「愛されるコミュニティを」と聞こえのいいことを言っていても、裏で「囲い込み」とか「刈り取り」と言ってれば、結局それはユーザーを冨の収奪の対象と見ているということである。

と、言い切ってしまうと「いやいやそれはあくまでマーケティング用語として便宜的に使ってるだけでしょ」という釈明を受けるかもしれないが、用語というのはそれが使われる背景となった世界観が前提にあるわけで、そ

もっとみる

記事の事前チェックありやなしや問題について

メディアにおける記事の事前チェックはありやなしやの議論が某所で交わされていたので、少し考えてみた。

論点いくつかあるが、一律にチェックあり・なしどっちが良いかという話ではなく、
・そのメディアが何を目的としているのか
・どのような性質・目的の(1種類あるいは複数種の)コンテンツを提供しているのか
・そのメディアの読者にとって「良いコンテンツ」とは何で、それはどのようにして作ることができるか
とい

もっとみる

再起動

みなさん、こんにちは。

昨日、リタリコの鈴木悠平くんと会いまして、いろいろ情報交換をしたのですが、やはりこれからの時代は「編集」が重要であり、「新しい編集者」が時代をリードしていくのだという認識で一致しました。

ということで、このグループを再活性化させたい。

橘川的には、編集長経験者と、これからの活躍が期待される若手も交えたいと思います。ラフな案としては、以下。

1.主体的に活動できる編集

もっとみる
スキスキスイッチ
7

職業としての「編集長」: 試論

流し流され、思えば遠くへ来たもんだ

いま自分が編集長を務めるサービス「LITALICO発達ナビ」が出来てもうすぐ2年になる。サービス立ち上げ期を経て、対内的にも対外的にも「編集長」を名乗るようになってからは、もう一年半ぐらい経ったか。

あっという間だった気がするけど、ふと年末に振り返ってみると、色々な仕事をやってきたし、今現在も、去年の自分では想像もしなかったことをしているなぁという感覚がする

もっとみる

橘川幸夫・イベント情報

インターネットの普及が世界の隅々まで広がっていく時、それらの新しい大地(インフラ)の上に、新しい文明と文化が誕生します。それがライブです。さまざまなテーマ、さまざまな領域、さまざまな方法でライブを追求していきます。

ゲーム40年の潮流の中から、未来のゲームの可能性を探るトークライブ

2017/8/22(火)
開演日時 19:00  終演日時 21:00
会 場
東京都 / 東京ネットウェイブ

もっとみる
僕もスキ。
2

編集長が調整業務に追われるとエッジが立たなくなるって話

たとえばある案件があって、そこにクライアント企業がいて、掲載するメディアがあって、そのメディアに来てくれる読者がいて

企業の側には担当営業がいて、メディアの側には企画担当編集がいて、案件進めましょーかとなったときに

「お互い配慮しましょうや」と、最初から1:1:1の落とし所を目指して調整していくと、だいたいパッとしないアウトプットになる。

それぞれがそれぞれの信念から10の提案をしてぶつけ合

もっとみる

6月12日、CBサロンやります。

CBサロン・2017年6月例会

本日、コンセプト・バンクのサロンやります。

高円寺で19時からです。

AEFAの谷川さんも参加の予定。橘川の企画の紹介もします。

お時間ある方、どなたでも参加出来ますので、どうぞ。

明日、天気になあれ!
1

端境期の編集事情(2)メタチャット考・もっと編集で遊ぼうぜ!○橘川幸夫

ネットの世界は、まずは米ソの核戦争の危機があり、米国本土に核爆弾が投下されると、スター型のホストコンピュータのシステムでは、ホストサーバーが打撃を食らうと通信システム全体がダウンしてしまう恐れがあった。そのために、分散型システムの開発をアーパーネットが進めた。それで、まずは、アメリカの大学や研究所が回線でつながっていくのだが、そのインフラの上で始まったのが、コミュニケーション。データベースにアクセ

もっとみる
スキスキスイッチ
5