Rent-To-Ownモデル住宅購入Divvy/モバイル用プライベートデジタル通貨支払いMobileCoinが資金調達ほかー8/16週注目のFintechニュース
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Rent-To-Ownモデル住宅購入Divvy/モバイル用プライベートデジタル通貨支払いMobileCoinが資金調達ほかー8/16週注目のFintechニュース

ユダマサキ@Z Venture Capital | フィンテック情報

こんにちは。Z Venture Capitalの湯田です。今週もニュースをお届けします!今後もFintechニュースを更新していきますので、チェックしたい方はTwitterフォローマガジン購読をお願いします。また、起業家の方やFintechに興味のある方はお気軽にご連絡ください。

1. Divvy/Rent-To-Ownモデル住宅購入

画像1

設立:2017/米国サンフランシスコ
調達金額:$200M/SeriesD
主要投資家:Andreessen Horowitz、GGV Capital、Tiger GlobalManagement他
URL:
https://www.divvyhomes.com/

新型コロナウイルス感染症の流行によるパンデミックの影響を受け、全国的な住宅購入ブームに続いており、住宅価格を押し上げる状況が続いている。Divvyは自身が望む住宅ローンを組めないユーザーに対してrent-to-own型と呼ばれるサービスを提供し、課題を解決している。ユーザーはDivvyを通して物件を探し、Divvyが物件をユーザーに代わって購入する。ユーザーは物件価格の1%-2%を支払うことで、その物件を賃貸することができる。設定された月々の賃貸料を支払いながら家に住み、その約25%は購入する際の頭金に当てることができる。リース期間は3年であり、その間に貯まった金額(物件価格の10%程度)を利用していつでも家を購入することが可能。これまでのところ、約40%のユーザーが購入するオプションを選択しているようだ。現在米国16都市で展開し、約25,000の不動産業者と連携している。

記事:https://news.crunchbase.com/news/rent-to-own-startup-divvy-homes-raises-fresh-200m-six-months-after-previous-funding/

2. MobileCoin/モバイル用プライベートデジタル通貨支払い

画像2

設立:2017/米国サンフランシスコ
調達金額:$23M/SeriesA
主要投資家:Alameda Research、Berggruen Holdings、BlockTower Capital、Coinbase Ventures、TIMEVentures(MarcBenioff)、Vy Capital、GeneralCatalyst、FutureVentures他
URL:
https://mobilecoin.com/

MobileCoinはモバイルによる支払い内容を保護するために設計されたプライバシーデジタルコインだ。暗号化メッセージアプリ「Signal」の創設者であるMoxieMarlinspikeがテクニカルアドバイザーに名を連ねている。「Signal」はすべての通信内容がエンドツーエンドで暗号化されるため非常に高いセキュリティレベルが確保されるメッセンジャーアプリだ。プライバシー保護と秘匿性を保ちたいユーザーから人気があり、世界で利用が広がっている。その支払い版とも言えるのがMobileCoinだ。実際にSignalはMobileCoinを採用している。Signalを介して自身のセラピストと話す内容だけでなく、セッションの費用を支払う時にも、安全性を感じることができる世界を目指すようだ。MobileCoinはFTXなど一部の取引所で取引することができる。MobileCoinには現在40人の従業員がおり、採用を急いでいるという。

記事:https://techcrunch.com/2021/08/18/mobilecoin-closes-on-66-million-in-equity-in-series-b-round/


<その他資金調達>

Robinfoodモデルの構築を支援するインフラ企業DriveWealthが$2.85Bの評価額で$450Mを調達

カジノのキャッシュレス化PF Sightline Paymentsが評価額$1B超えで$244Mを調達

イスラエルの不動産フィンテックプラットフォームRealiが$250Mを調達

グローバル給与支払いプロバイダーCloudPayが$58Mを調達

米国の給与即時払いプラットフォームBranchがシリーズBで$48Mを調達

中所得世帯向けオールインワンバンキングOneがシリーズBで$40Mを調達

インドの資産運用プラットフォームSmallcaseがシリーズCでAmazon等から$40Mを調達

中小企業向けembedded finance実装サービスjarisがシリーズBで$31Mを調達

インドでrevenue-based financingを提供するKlubが$20Mを調達

アフリカの金融データAPI PngmeがシリーズAで$15Mを調達

シンガポールのrevenue-based financing Jenfiが$6.3Mを調達

“play-to-earn”モデルのNFTゲームAxie Infinityを提供するYield Guild Gamesがa16zらから$4.6Mを調達

DeFiローンプロトコルOndo Financeがシードで$4Mを調達

<M&A>

スタートアップ向けコーポレートカードBrexがeコマースPF用API Weavを$50Mで買収

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ア アラララァ ア アァ!
ユダマサキ@Z Venture Capital | フィンテック情報
Z Venture Capital(ZVC)のフィンテック担当🦄/PayPay Accelerator Programを運営/週刊金融財政事情「Fintech+」にてコラムを連載(第46-51回)/↓noteで毎週Fintechニュースを発信