Yuko Ichiba

ぷろぴのひろば

プロティアン研究会(https://sig-protean.org/)のメンバーが、プロティアンにまつわるエッセイを、指名リレー方式で緩く楽しく繋げていく共同運営マガジンです。

すべて見る
  • 54本

増刊号「今年取り組むこと」

オフ会ご参加ありがとうございました。今年取り組むことについて、あらためて言語化してみましょう。どんなことに取り組みますか、どのような意味がありますか、ゴールの先にはどんな景色が広がっていますか、何からはじめますか?、皆様のご回答を集約し増刊号として発刊させていただきます。どうぞよろしくお願いします。(1/26、ぷろぴのオフ会参加者アンケートより) ということで、こちら、出来上がりました~、どぞっ! 事業仕分けと設備投資 ・意味すること:挑戦を意味します。 ・その先の景色:健

スキ
6

未来に繋げたい「運が良かった私のキャリア」

第39号(2022.1.26) 第38号の三井さんからバトンを受け取りました市場です。最近では、womanプロティアン広報、越境キャリアカフェなどに携わってます。本日は自己紹介含め、「運が良かったと思う私のキャリア」について書いてみたいと思います。 私のキャリア 私のキャリアは理系研究職として始まりました。大学時代、恩師の言葉『全ての発展は、その実態を分析することから始まる』に感動して、『化学分析』を専門に選択。メーカーに就職し、配属も分析技術を使う研究所。一人暮らししな

スキ
39

プロティアン実践で、ロールモデルを目指しています

第38号(2022.1.19) 第37号(2022.1.12)「長所は良く笑っていること、短所は笑いすぎること」という笹本勝之さんからバトンを受けました三井宏文と申します。 今年の3月で63歳になります。2019年9月末で38年間のサラリーマン生活に別れを告げ、新たに個人事業主として独立し2年3か月が経過しました。「プロティアン」という単語は、キャリコン養成講座の中で初めて知りました。そして、 今は、ご縁があって「プロティアン株式会社」代表の金澤美冬さんとお仕事をさせて

スキ
42

第37号いつも爽やかな笑顔いっぱいな三橋さんからバトンを受け、私、笹本勝之が投稿させて頂きます😊

<自己紹介…弱虫・泣き虫幼少期>   地球の中には様々な国がある。日本には1都1道2府43県ある。 私は生まれてから現在の地から離れて生活をした事がない。 そんな「世間知らず」な私は両親、祖父母、他多くの家族に囲まれ3人兄弟の次男坊として生まれた。 幼児期は4歳上の兄、兄の友人等、目上と遊ぶ事が多く何をやっても敵わない為… 「自信」がなく幼稚園位迄は弱虫で泣き虫だった… <敵わない環境で得たもの>   敵わない目上の人と遊ぶ事で得たものは「身体機能」だった。 気づけば同

スキ
35