見出し画像

ESGレーティングは投資プロセスの中でどのように使われているか ~サステナリティクスのデータを事例に~

みなさん、こんにちは。
スパークスのサステナブル投資チームのファンドマネージャー、清水裕です。

私は上場企業の経営者やIR担当の方とESG(環境・社会・ガバナンス)を議題に日々対話を行なっています。

ESGへの関心が高まる中で、その評価基準の一つである「ESGレーティング」についても企業経営における重要な要素として扱われるようになってきました。

そこで今回は、サステナリティクス社のレーティングを取り上げ、ESGレーティングの概要を解説し、実際の投資プロセスではどのように使われているのかということを紹介したいと思います。

なお、ESGレーティングとはあくまでも数ある「ESGデータ」の一つです。もう少し幅広い分野に関心のある方は別に解説記事を書いていますのでそちらをご覧ください。

ESGレーティングの概要

最初に、そもそもESGレーティングとは何か、その概要を見てみましょう。

ESGレーティングとはESG評価機関が企業の環境、社会、ガバナンスについての情報を集めて、開示の充実度や対応状況の優劣を判断し、スコアや格付けの形で発表しているデータです。

評価機関は数値情報(温室効果ガス排出量や女性管理職比率)だけではなく、数値では表せない情報も含めて様々な点を見ています。

ここでいう「数値で表せない情報」とは、企業が開示しているESG対応の「ポリシー」やそれを実現するための「制度」、「認証取得」などです。
具体例としては従業員の教育方針、内部通報の仕組み、製品品質の認証などが挙げられます。

ESGレーティングが低いことに悩まれている企業の多くは、ポリシーや制度の開示が評価基準に含まれているということを理解できていません。つまり、開示すべき情報の判断がついていないということになります。
担当の方とお話しすると「社内に方針があっても開示するモノではないと思っていた」という認識のことも多く、非常にもったいないと感じます。

逆に言えば、企業によっては情報の開示のポイントをつかみさえすればESGレーティングを改善できるかもしれないということです。

複数のESG評価機関

ESG評価機関はMSCI、サステナリティクス、S&Pグローバルなど複数存在します。
各機関とも独自の評価手法を用いてレーティングを付与しているため、同じ企業に対しても様々な評価がなされています。

情報収集の方法一つを取ってみても、企業に質問表を送るところから始める機関があれば、ウェブサイトの開示情報の収集から取り掛かる機関もあります。

また、収集した情報の評価プロセスにおいても、開示が充実しているかどうかのみを基準にする機関もあれば、開示内容を通じて各社のリスク管理体制が進んでいるかどうかという点まで掘り下げて評価する機関もあります。

各機関の詳細については日本取引所のウェブサイトに掲載されていますので、詳しく知りたい方はこちらのリンク先をご覧ください。

サステナリティクスのレーティング

ここで、スパークスが現在採用している、サステナリティクス社の「ESGリスクレーティング」をとりあげて、評価手法と情報の透明性という点について、もう少し詳しく見てみましょう。

評価手法
まず評価手法ですが、サステナリティクスはESGリスクの大きさを判定してスコアをつけています。
ESGリスクの高い企業は数値が大きいという仕組みとなっており、10以下はNegligible(リスク僅少)、10~20はLow(低リスク)、20~30はMedium(中リスク)、30~40はHigh(高リスク)、40以上はSevere(リスク重篤)という形で分類されています。

つまり、数値が大きいほど、危機対応が出来ていない企業であるということになります。
参考までにそれぞれの分類に属する日本の上場企業(レーティング付与銘柄のみ)の比率を示すと、以下のようになっています。

出所:サステナリティクスのデータを元にスパークス集計(2021/3/31時点)

各企業のESGリスクはどのように判定されているのでしょうか。
サステナリティクスの考え方をシンプルに表すと以下のようになります。

「ESGリスク」=「潜在ESGリスク」-「対応済ESGリスク」

つまり、まず企業が抱えている潜在的なESGリスクを測定し、そのうち企業が対応できている部分を除いた差分を計測することで、ESGリスクを判定するという仕組みです。
なお、サステナリティクスでは潜在リスクを「Exposure」、対応済リスクは「Managed Risk」という名前で表現していますが、ここでは理解しやすいように日本語に書き換えています。

潜在的なESGリスクは産業によって大きく異なります。
たとえば鉄鋼メーカーや電力会社など環境負荷が大きいとみられる産業や、製薬や食品など不特定多数の顧客が体内に摂取する製品を作っている企業などは、潜在的なリスクが大きくなりがちです。

出所:サステナリティクスのデータを元にスパークス集計(2021/3/31時点、産業分類は東証33業種))

潜在的なリスクが大きい産業に属する企業でも、対応をきちんとしていればESGレーティングを低く抑えられます。
特に、社会に与えるインパクトが大きい産業では政府、業界団体、顧客などからESG関連の情報を求められるため、その結果として開示を充実させていくことが多いです。

なお、潜在リスクを加味しないレーティング方式だと、対応の充実度のみが評価対象になります。

  この方式の場合、「潜在リスクが大きい産業に属しているがゆえに、開示を充実している企業」のレーティングが高くなりがちです。下の図表に潜在リスクと対応済リスクの関係を示しましたが、正の相関関係になっていることが見て取れます。
仮に対応済リスク(縦軸)のみで判断すると、電気・ガス、石油・石炭、非鉄金属などがESGにおいて優れた企業という評価になります。
 

出所:サステナリティクスのデータを元にスパークス集計(2021/3/31時点、産業分類は東証33業種)
 
 
サステナリティクスも以前は対応済リスクを中心とした評価の仕組みを採用していましたが、より実態に即した評価を下すため、潜在的なESGリスクを加味する現在の評価システムに移行したようです。

情報の透明性

情報の透明性という点についても見てみましょう。
 
これはESGレーティングを扱う上で非常に重要な論点となります。
ESGの評価手法は未だ発展途上で、現在は評価機関がトライ&エラーを重ねて改良を進めている段階にあります。それにも関わらず、分析過程がブラックボックス化された評価の最終結果のみが用いられるようになると、ユーザーは認識の違いに気づくことが難しくなります。
 
つまり、レーティングが付与される過程については、ユーザーが事前にしっかりと理解しておく必要があります。また、不備がある場合には評価機関にフィードバックを行い、データの精度を上げることに関与するという役割も求められます。
 
サステナリティクスは顧客向けのウェブサイト上で各企業のレーティングがどのように付与されたのかという分析過程を、元データの出所までさかのぼって開示しています。
先ほど掲載した日本取引所のウェブサイトにもレーティングの仕組みが詳細に記載されており、透明性を高めようという努力を感じることができます。

ファンド運用における活用方法

ここまで説明したESGリスクレーティングはファンド運用の中でどのように使われているのでしょうか。
事例として、わたしが所属するスパークスのサステナブル投資チームの使い方を見てみましょう。
 
調査

まず、調査段階ではミーティング前に評価機関が作成するレポートを読んでリスクを把握し、それをミーティングにおける質問事項に盛り込みます。
特に重要度が高い案件については、ミーティングにおいて深く掘り下げることでリスク状況の把握に努めます。
スパークスでは複数の評価機関のレーティングを参照していますが、詳細情報を調べる際にはサステナリティクスを利用しています。上記の通りレーティング付与の過程を元データレベルまで詳細に見ることができるため、各企業のESGリスクがどこにあるのか客観的に見ることができます。
たとえば、ある項目についてリスクが高いと評価されている場合に、その原因が管理体制の不備なのか、体制は整備されているが開示がなされていないだけなのか、というような点についても考察することが可能です。
 
エンゲージメント

我々はエンゲージメント活動において、ESGレーティングを対話の切り口として活用しています。
ESGレーティングを改善するという共通の目的をもって、投資家側が企業に対して事業活動や開示内容の修正アイデアを提示することで、企業の改善活動をサポートすることを目指しています。
最近はESGレーティングを改善させたいという企業が増えているので、その点に特化した形のミーティングも実施しています。
 
企業価値計算

我々は投資判断のために企業価値を推計していますが、その際に複数のESGレーティングを合成して割引率の調整に用いることで、より精緻な計測に役立てています。
なお、我々の独自調査の結果、ESGレーティングが実態を反映していないと判断した場合は、個別に割引率を調整し直しています。
エンゲージメントを通じて企業に変化が起きることを察知した場合には、先読みして割引率を調整することもあります。
 
レポーティング

ファンド全体のESGリスクを客観的に把握するために、投資先のESGレーティングを保有ウェイトによる加重平均値として計算し、月次ベースで開示しています。
詳細はこちらをご覧ください。

おわりに

いかがでしたか。
企業経営の場面で関心が高まってきているESGレーティングについて、サステナリティクスを例に挙げてまとめてみました。
 
たかが評価、されど評価。
評価されていると分かれば、それを意識して活動そのものが良くなります。

企業はESG対応を進めることで将来的な経営リスクを低下させることができます。
そして、社会課題を認識するという意識が新たなビジネス機会を生み出します。
 
ESG活動そのものに関心をもつ人が増え、それが経済・社会の活性化につながることを願っています。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
スパークス・アセット・マネジメント(https://note.sparx.co.jp/)のサステナブル投資チームのファンドマネージャーです。IRミーティングをご希望される方は、是非こちらにご連絡ください。https://www.sparx.jp/contact.php