見出し画像

自己中な生き方

3月半ば、北米では、マーチブレイク(春休み)が終わるころ、コロナ悪化のため、自宅自粛になりました。

子供たちの送り迎えをしなくてもよくなり、本格的に起業するのに絶好のチャンス!と思ったのです。

最低限の家事(食事の支度・後片付けなど)と末っ子のオンラインクラスのサポートだけをこなし、残りの時間は全部起業するための作業にあてました。

正常な日常生活に戻る前に軌道に乗せることが目標で、毎日時間との競争だった6か月間。YouTube チャンネルも始め、テクサビーではないおばさんがなんとかYouTubeに投稿できる動画をコツコツを作っていくわけですが…

なんだか逆風の中、必死に前に進もうとする自分と闘っていたような…

ゆく方向が分からなかったり、前が霧に覆われたように一歩先すら見えない状態だったり、交差点でどの道を行くべきか迷っている自分だったり、やることがありすぎて、一日すくなくとも48時間あってほしいと願う毎日。

もがけばもがくほど、苦しく感じ、「アラフォーのおばさんが起業すること自体が無茶なのだ」、と心の中で弱音を吐いたり…

今まで守ってきたものを犠牲にまでして、自分は一体何をしているのだろう… 何をしたいのだろう…

でも、と同時に、

「アラフォーであろうが、何歳になろうが、やりたいことをやる権利はある!」

はずだよね?と思う自分が引き下がらない。


そんな葛藤の中、先週やっと気づいたのです。

私がやりたい、達成したいと強く願っているこの思いは、すごく自己中な考えから発端しているんだなって。

例えば…

ずっと主婦をしてきた自分でも、叶えそうもない夢を実現することができる。
ずっと主婦をしてきた自分にも、「自分のもの」と呼べるものがほしい。
ずっと主婦をしてきた自分だから、ちゃんと報酬の形で返ってくる仕事がしたい。

こういう願いがいけないとかじゃないけど、でもこんな願いしかなかったら、前に進んでも中身が空っぽのままかもしれない。

何が欠けているか… それは、「貢献する心」なんだと思う。

「報酬がなくてもずっとやっていけること、それが自分の使命でもあり、自分が本当にやりたいことなのだ。」

と色んな人が色んな場で言っているのを何度も耳にしている。

報酬がなくても…

「報酬がなくとも、ずっとやっていけることはこれだ!」
というもの、なんだろう…?

あなたにありますか?

周りのこと、周りの人をほとんどほったらかしにしてきた6か月間の日々にブレーキをかけ、スピードを落とし、アラフォーの真っ只中、改めてこんなことを考えさせられる日々を送っています。

雲の間に太陽がときどき顔をのぞかせる空のように、私の心も曇ったり、晴れたりしているのですが、そんな中、自分探しを続けるアラフォーのおばさんです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
【なれると思う自分になる】それは、毎日後悔なく生きる自分であったり、感謝の心を忘れない自分であったり、失敗を恐れない自分であったり、置かれた場所で美しく咲くことができる自分であったりする。そんな夢実現に向かって歩む私が日々感じるものを書き留めるちょっとした空間です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。