見出し画像

YouTubeステップアップ講座 - YouTubeグループ共同運営の罠

どうも、齋藤やんじぇです。
YouTube回です。

YouTuberの中にはグループで活動している形態も多く、コミュニティでは一緒にYouTuberやりませんか?という募集も数多く見受けられます。

今回のテーマはコチラ。

YouTubeチャンネルをグループで共同運営する場合の注意点

グループでYouTubeチャンネルを運営するメリットとして、各々のメンバーに影響力がついてくると相乗効果で伸びていく可能性があるということがあげられます。
百人力という言葉があるように、協力することで単体以上の力を得るケースも。

しかし、それはあくまでも上手くいった場合の話。
チャンネルの共同運営は往々にしてデメリットの方が多いということを覚えておいてください。

注意点①収益も分配
まずこれが一番大きい。殆どの人は収益狙いでYouTubeのチャンネルを運営していると思いますが、2人でやれば半分3人でやれば3等分になります。言い換えると、50%、66%持って行かれることになります。

例えば、5人グループで当たって人気チャンネルになったとします。
月に100万円収益があったとして、1人当たりの分配は20万円になります。
月100万稼ぐチャンネルというのはトップレベルになりますが、それでも分配するとそれくらいになります。

なので、収益のためにYouTubeを運営するのであれば単独運営が一番です。単独で複数のチャンネルを運営すれば更に収益額も増えていきます。

注意点②経費はn倍
収益は1/nになりますがかかる経費はn倍になることも注意しておかなければなりません。
私も台湾嫁と2人で運営しているチャンネルを持っていますが、交通費や全ての経費が増えると収益率がガクッと落ちます。
2人でこれですから3人、5人と人数が増えるほど収入-経費の額が減って結果的に収入も減ります。

注意点③スケジュール調整
人数が増えれば増えるほど、スケジュール調整や連絡事項が増えます。何をするにも全員の足並みを揃えなくてはいけなくなるためスピードも落ちていきます。同居している夫婦運営ですらそのことを感じているので、別居の他人だとここがネックポイントになるでしょう。

注意点④人間関係
人間関係も人数が増えるほどややこしくなってきます。合う合わないから始まり、熱量の違い、方向性の乖離、気分の問題、これも頭数が増えれば増えるほど纏まりがなくなっていきます。
カチッといなせるリーダーが居たとして、それはそれで上下関係がうまれてしまいます。
そうすると、十中八九収益の分配率で揉めることになります。

注意点⑤作業効率の低下
人数が増えると作業効率が上がると思いがちですが、実際には下がります。これはやってみるとわかりますがオールインワンで1人でやるのが最も速い。動画というコンテンツを扱うため、データを複数間でオンラインで共有するのにはアップダウンのタイムロスが大きく立ちはだかります。
単独運営で一部外注に出した場合でも、この作業効率の低下は顕著で深刻です。

以上のことを踏まえると、YouTubeのチャンネル共同運営で収益をあげるのは難しいということがわかります。もちろん、純粋にプロモーションや宣伝として動画共有を主軸にもってくるのであれば、共同運営は効果的かもしれません。

逆に単純に事業として収入手段とするならば、一緒にやりましょうという誘いには応じないことです。

投稿した動画は資産となりますが、複数人だとその権利の所在も曖昧です。最悪喧嘩別れした際に、必ずいざこざへと発展してしまいます。
というわけで、個人的にはYouTube運営は単独運営一択になります。

現在私は10以上のチャンネルを単独で運営しています。
台湾嫁のチャンネルも、実質的には台湾嫁はキャストとして起用するかたちで運営は私が行っています。

運営チャンネルの1つの2019年3月の収益データです。

25万円。1人ならこれだけで十分生活していけるでしょう。2人なら12万円、3人なら8万円になります。一方複数チャンネルを1人でやるとチャンネルの数だけ+加算されていきます。

3月は年度末の関係で単価が上がりますが、全チャンネル合わせると90万円ちょっとの収益が上がってきました。チャンネルの運営経費は全チャンネル合わせて7万円前後。

これくらいの収益感でも、3人でやると1人30万円前後の分配になってしまいます。

ということで、事業としてやるならワンマンの単独運営でやりましょう。

以上、齋藤やんじぇでした。
踏み込んだYouTubeコンサルティングもやっています。

info@star-produtions.com

お問い合わせはこちらまで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはうまいもの食べて原動力へ

励みになります
4
フリーなフリーワーカー 趣味を楽しみつつ仕事に繋げていくことが楽しみ。 noteではごちゃっとした頭の中を整理しつつ、自身で学び考え試行錯誤したことを失敗談なんかも交えながら発信していければ。 カスタムカーメディア『J-AutoShow』台湾インバウンドメディア『台灣.京都』運営

こちらでもピックアップされています

やんじぇのYouTubeで稼ぐ情報マガジン
やんじぇのYouTubeで稼ぐ情報マガジン
  • 39本

YouTubeで稼ぐためのノウハウを配信しています。シルバーアワード受賞チャンネル含む14チャンネルを運営しています。Noteでは運営チャンネルの実データを公開してノウハウを伝えていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。