見出し画像

仲を深めるほど 新しい発見がある会社 伊藤大貴~山下PMCのマネジャー紹介 #04

【はじめに】
山下PMCのマネジャーを紹介するコーナー。今回は、2019年4月入社の新入社員を紹介します。先輩社員の話によると、落ち着いた物腰ながらも俊敏に行動するタイプのようです。

画像5

プロジェクトタスク・チーム 伊藤大貴
2019年4月、山下PMCに入社後、先輩社員とともに、スポーツ施設、公立の小中学校、ホテル等、幅広い用途の施設建築プロジェクトを担当している。

学生時代に出会った社長の講義

―まもなく入社から1年が経過しますが、山下PMCのどんなところに興味をもったのですか?

「学生時代に、大学で川原社長の講義を聴講したことがきっかけでした。講義で未来を思い描きながら楽しそうに話す社長の言葉一つひとつにワクワクしたことを、今でも鮮明に覚えています。このとき、山下PMCが将来、日本を牽引する会社になると感じましたし、そのような会社で自分自身も成長したいと考えました」

04_ワインセラーの写真

ワインセラーを衝動買い。基本的に形から入るタイプです!

03_コーヒーメーカーの写真

先日もデロンギのコーヒーメーカーを購入。興味をもったら道具を揃えたい。

―入社後は、どうですか?

「日本、そして世界が注目する革新的な施設建築プロジェクトに触れられることが刺激です。毎日のように、最先端の情報を得る機会が多いので、とても勉強になっています」

―でも、社会人ならではのちょっとした洗礼も受けたそうですね。

「毎朝の通勤電車の混みようには驚きました。私は東京メトロ日比谷線を利用していますが、築地駅で降りてから地上に出るまでも時間がかかります。入社後、出勤初日はいきなり遅れそうになり、焦りました」

仕事への責任感

―1年目から責任ある仕事も経験したということですが、難しい仕事は、どのように乗り越えたのでしょうか?

「先輩・上司が、よく話を聞いてくれ、自分の力だけで乗り越えられないことについては、的確な助言をくれたり、また、ミスをカバーしてくれました。この会社の先輩方は、優秀な方が多いのですが、個性的でユニークな面も見られるので、仲を深めるほど新しい発見があることは、私にとってとても楽しみです」

―大変なこともあるけど生き生きしていますね。伊藤さん自身は5年後、どのようになっていたいと感じていますか?

「やはり、楽しく生きていたいと思います。それと同時に、周りから必要とされる人になりたいです。より充実した知見・技術を身に着け、社会に営みや幸せを届けられる人財になっていたい。これが理想です」

02_旅行の写真

旅も好きです。先日は群馬の草津温泉に行ってきました。

自分自身へのリクエスト

―それを実現するために、会社にリクエストはありますか?

「今は、私にとって十分な環境のもとで働いていると感じています。会社ではなく、自分自身へのリクエストとして、会社がもつ、常に新しいことに挑戦しようとする姿勢を、もっと見習いたいと思っています」

01_ハンバーガーの写真

最近のマイブームはハンバーガー。ハンバーガー百名店巡りに力を注いでいます。

山下PMCでは、「ハイコンセプト・ハイタッチ」をValueに掲げ、PM/CMのパイオニアとして、お客さまのビジョンを叶えるために、最先端・最高品質のサービスを届けています。当社の仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ、エントリーしてみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山下PMCは、日本初のPM(プロジェクトマネジメント)/CM(コンストラクションマネジメント)専業会社。現在、総事業費3兆円以上の施設建築プロジェクトを担当。100名の一級建築士をはじめとする、建築のプロフェッショナル集団です。 https://www.ypmc.co.jp/

こちらでもピックアップされています

私たちのハイコンセプト・ハイタッチ
私たちのハイコンセプト・ハイタッチ
  • 19本

お客さまの「施設参謀」として建築プロジェクトのマネジメントを行う山下PMC。本マガジンでは、プロジェクトマネジャー一人ひとりの仕事への想いや、プライベートで夢中になっていること等をフラットに紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。