UXに関する知見・本まとめ(随時追加)
見出し画像

UXに関する知見・本まとめ(随時追加)

りゅーそう

自身に向けた備忘録的な意味合いが多めです。

ただメモするのもあれなので、共有します。

読んだ本などもまとめてあるので、興味ある方は読んでみてください。



2019.9.10「ついやってしまう体験の作り方」について記述

UXとは

UXの定義・・・User Experienceの略。様々な意味や解釈があると思いますが、UserのExperience(体験)という略に基づき、「ユーザーがサービスや製品を通じて感じる様々な体験」と定義させていただきます。(Wikipediaより)

よって、UI(ホームページのフォントなどのデザインなど、Userが目にする部品のこと)を通じて、Userが得る体験のこともUXとさせていただきます。


「ついやってしまう体験の作り方」玉城真一郎/ダイヤモンド社/2019年


マンガ投稿サービス「アル」を開発されたけんすうさんがおすすめされていたので、読んでみました。

著者は体験デザインの持つ力を

「ついやりたくさせてしまう」    ・・・直感のデザイン
「つい熱中させてしまう」      ・・・驚きのデザイン
「つい誰かに言いたくなってしまう」 ・・・物語のデザイン

というように定義している。そのデザインをいかにサービスに落とし込むかどうかが重要であるという。

そのサービスにストーリはあるか?ユーザーを成長させているか?

プレイヤー自身の意志を前に向かわせているか?

いかに心が動く体験を作るか」この著者の言葉に強い思いを感じた。

サービスを作る側はこの機能を作りたい!提供したい!ということを考えがちだが、その体験はユーザーを「つい」という気持ちにさせているだろうか?考えさせられた。

ユーザーがそのサービスを受けた後に成長している。

心に響いた。また私の中で、これらのデザインが含まれたゲームに対するイメージも覆った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
りゅーそう

サポートくださると励みになるので、よろしくお願い致します!サポートは全てプログラミングの勉強に使わせていただきます。またアウトプットして還元します^_^

ありがとうございます!また読んでください^_^
りゅーそう
現在は以下のサイトにて情報発信を行なっています。 当ページのnoteをみて気になった方はぜひ覗いていただけるとありがたいです https://ryusou.dev/