マネジメント基礎②

の続きです。

「企業とは何か?」

という問いは、正しく問われることが少ない。

顧客の創造が企業の役割であるならば、その顧客をベースとした戦略が必要なはず。つまり、顧客のニーズに応えることが求められる。

そのために、「顧客は誰か?」が、企業の使命を定める重要なファクター。

その条件として

どこで?

いつ?

何を?

など。ペルソナを設定すること。

そして、それは企業が成功している時こそ問われるべきである。成功は過去の行動を陳腐なものにする。つまり、成果は必ず上書きされる。

すなわち、その事業や企業全体が「何になるか?」という未来志向で考える必要もある。

その客観に必要な要因はが3つある。

1. 人口動向

2. 市場・経済構造の変化に伴う、競争状況の変化。

3. 消費者の「満たされていない欲求」の変化。


また、「何を捨てるか」という、「事業の切り捨て」。

「何であるべきか」という、「役割の再定義」。


このような観点に基づいた、企業定義の「判断・決断」が、マネジメントの役割。

目標の設定

マーケティングとイノベーションのみが、顧客を満足させる。

マーケティングの基本的な目標は以下の通り

・分野の集中

・市場における立ち位置の最適化。

イノベーションにおける目標は以下の通り

物的イノベーション(プロダクトレベルでの革新)

価値イノベーション(思考や価値観レベルでのイノベーション)

流通イノベーション(製品が市場に届くまでの過程レベルのイノベーション)

ただし、その影響度と重要度の測定が、各社によって異なってくるので大変困難。

リソースの利用方法。ヒト、モノ、カネ

特に、ヒトはマーケティング的な、つまり

「こちらが求める行動を自然と行わせる」

ためのアプローチが必要。販売ではなく、マーケティング。

もしかしたら、マーケティングこそ主体的で能動的な行動を促すkey factor?しかもかなり人の行動に対して、適用範囲が広い。

・消費行動のモチベート

・購買行動のモチベート

・労働のモチベート

など、マーケティングは人を動かす。

そして、このリソースの問題は生産性の問題にもつながってくる。つまり、リソースをどのように用いるかで、生産性は上下する。

生産性は、マネジメントの優劣を比較できる尺度である。生産性はマネジメントによってにのみ変化する。(人がマーケティングでモチベートされるように)

社会的な責任も、マネジメントの目標に付け加えられる。現代では、より明確にSDG'sの持続可能な社会を目指すというベクトル付がされているため、わかりやすい。(二酸化炭素の排出削減目標ももちろんその中に入る。)


そして、上記の目標を徹底的に考慮した上で、初めて利益目標を立てることが可能になる。つまり、「必要なお金はどのくらいで、儲けはどのくらい必要なのか」が明らかになる。


これらを行動に移すために、目標は存在する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

土日限定OPENのコーヒー屋オーナー コーヒーと共に生きる・もっと世界に出て行きたい。 ロードバイクが趣味かつ移動手段 洋楽中心に音楽がないと生きていけない 可愛いもの、子どもが好き・バナナが食べられません

ありがとうございます!
10
経歴: 2018 4月〜2019 2月ワーキングホリデー オーストラリア🇦🇺 今の仕事: 大学生、バートリー4丁目(新潟)というコーヒーショップのオーナー、居酒屋店員、英語塾の先生 やりたい事:コーヒーを通したQOLの向上 / コーヒー農園ツアーの一般化 /コーヒーで雇用創出

この記事が入っているマガジン