トガノイバラ#81 -4 悲哀の飛沫…22…
見出し画像

トガノイバラ#81 -4 悲哀の飛沫…22…

高埜夕


 伊生いきはとっさに後退った。しかし実那伊みないの腕はほどけず、縺れるように畳の上にしりもちをついてしまった。開いた膝のあいだには彼女がやはり離れずに収まっている。

「伊生さんのそんな顔、初めて見たわ」

 くすりと笑う。
 なんという狂気的な微笑みか。

「……なにを考えてる、実那伊」

「言ったでしょう。全部捨てて、白紙に戻してやり直すの」

 おそろしく無邪気な声で実那伊はいう。

伊明いめいには死んでもらう。識伊しきいにも由芽伊ゆめいにも死んでもらう。――私の血を、返してもらうの」

 伊生が目を見開いた。
 実那伊は少女のように瞳を輝かせて、

「あの子たちの血を一滴残らず飲みほせば、薄まった血は戻るでしょう? もちろん一度には無理だから、ゆっくりと、時間を掛けてになるけれど」

 シャツの上を這う実那伊の手。心臓をなぞられるようだった。その鼓動を肌で確かめるように実那伊は伊生の胸元に頬を寄せる。

「大丈夫よ、伊生さん。伊明のときと同じ人工授精方法でも、私、構わない。年齢的な不安もあるけれど――それもへいき、一流のお医者様を手配させるから」

「なに、を……」

 ――なにを、言っている。

「そうして立派な子供を産むわ。今度こそ宗家に相応しい子を育てましょう。私とあなたで」

 気づけば実那伊の肩を力任せに掴んでいた。胸元から引きはがす。

「本気で……」

 声が掠れた。

「本気で言ってるのか。お前、本気で――」

「ええ、もちろん」

卦伊けいは、……そんなこと、卦伊が許すはずがないだろう」

「許してくれたわ。それどころか、よろこんで協力すると言ってくれた」

 絶句、した。

「彼も宗家をまもりたいのよ」

 口の中で、まるで呪文でも紡ぐようである。

 あまりにもおぞましい実那伊の言葉に圧倒されて、忘れていた。
 忘れるべきではなかったのに、忘れてしまっていた。

 ――識伊の存在を・・・・・・

 気づいたのは卦伊の部屋である。
 地下室を抜けたときからか、それとも途中からかわからないが、彼は、ずっと後ろをくっついてきた。声を掛けるでもなく、止めるでもなく、報告するでもなく、ただ伊生の行動を見守っていた。だから伊生も放っておいた。

 けれど――。

「……かあ、さま……」

 識伊が、襖の前で立ち尽くしている。青ざめた顔。大きく見開かれた目が、信じられないものでも見るように凝然と実那伊を見つめている。

 実那伊は一瞥をくれただけだった。その眼差しも、我が子を見るものではない。つめたささえ感じられない無機質さ。伊生へ戻ってきてようやく、笑みの形を取りもどす。

「だいじょうぶ。次は失敗しないわ」

「母様!」

 悲痛な叫びだった。堪らずといった様子で駆け寄ってきた識伊は、伊生と実那伊のあいだに体を割り込ませ、母親の肩に両手で縋る。

「いったい……いったいなんですか、今の話は! どうして……なんでッ」

 声がふるえる。背中がふるえる。

「殺すんなら伊明とルリだけでいいじゃないですか。なんでぼくや由芽伊までッ」

 実那伊は煩わしそうに手を払おうとする。識伊は離すまいとする。肩に指が食いこんだ。実那伊が顔をゆがめて小さく身をよじるのに構わず、識伊はなおも縋りつく。

「母様。ねえ母様」

「離して」

「ぼくがなります。ぼくが……宗家の当主として恥じない立派なシンルーに、ぼくがなります。そのために死ぬ気で勉強してきたし、黎光にも入った、成績だっていつも――」

「離して頂戴」

「聞いてください、母様。学校だけじゃない、シンルーやギルワーのことも、御木崎家の歴史についてだって、いろいろぼくは学んできた。ちゃんとやってきた――やってきたんですっ」

 命乞いでは、むろんない。
 この少年が訴えているのは、そんなことではきっとない。

「伊明にもこの人にもぜったい負けない。ぼくが立派な当主になってみせますから、だから」

 識伊の手が緩む。悲しげに、声が濡れる。

「だから……」

 ぱぁんッ――。

 凄烈な音が、響き渡った。

 実那伊が識伊の頬を平手で打ったのだ。

「……あなたが誰を超える、ですって?」

 無機質だった実那伊の瞳に烈しい怒りが宿っている。

 畳の上に倒れこんだ識伊は頬をおさえ、愕然として実那伊を見上げた。かあさま、と掠れた声をこぼす。

 実那伊はまさしく鬼の形相だった。黒々とした目を剥き、わなわなと震える唇をひん曲げて、拳を握る。

「よくもそんなことが――」

 忌々しげに、握った拳を振り上げた。これでもかこれでもかと言わんばかりに、身をよじる少年の肩を、背中を、顔をかばう腕を、遠慮容赦なく無慈悲に何度も打ちすえる。

「わかっているのよ識伊。あなたなんでしょう地下の錠を外したのは。私に黙って。私に隠れて。由芽伊もこの二日で二度も私に逆らった。宗家の意思に逆らった。いらないのよ、そんなもの。いらないの。いらないの!」

 識伊がうめく。女性の細い腕だ、さほどの威力もないだろうけれど――ヒステリックな声が、言葉が、しなる鞭となって識伊の心を痛めつける。

「やめろ、実那伊」

 今度は伊生が二人のあいだに割り込んだ。振り下ろされた左右の拳を、手首を掴んで受け止める。

「やめろ。――お前の子だろう」

 憑物がおちたように、尖りきっていた実那伊の肩がすとんと落ちた。

「……違うわ」

 腕から力が抜ける。

「卦伊さんの子供よ」

「実那伊」

 黒い瞳は焦点をなくし、ただ虚空を見つめている。

「……やはりだめなんだわ……卦伊さんの血では……出来の悪いのしか生まれない」

 後ろで、識伊が起きあがった気配が、した。


―――――――――――――――

*前回のお話はこちらから🦇🦇

*1話めはこちらから🦇🦇


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🌺
高埜夕
ご訪問ありがとうございます。 はじめまして、『たかのゆう』です。 小説家志望。過去作まったりお引っこし&新作執筆中。 ファンタジーみの強いもの、恋愛ものなどをメインに書いています。 よろしくお願いいたします。 2021.07.27