見出し画像

「Daily UI」とは?登録方法や準備するものまとめ

本記事は、2018.12.24に個人ブログで公開したものを移行・2020年1月現在の情報を加筆したものです

個人的に、デザインの勉強方法の一つに「良いデザインを見て取り入れる」ことがあると思っている。天才ではないのでポンポンと思いつかないし、良いデザインであればどんどん取り入れていきたい。

そして、重要視しているのは、インプットとアウトプットのバランス。インプットしたものを適切な時にアウトプットできるように練習が必要。せっかく取り込んだのに出すべき時に出せないことほど勿体無いことはない。

そんな練習になるのは「Daily UI(デイリーUI)」というチャレンジ。「Daily UI」の登録方法や必要な準備するものをまとめておく!

「Daily UI」とは

Daily UI」とは、土日を除く100日間の間メールでデザインのお題を送ってくれるというサービス。

画像1

メールはこちらから購読できるが、購読した時間に每日メールが送られてくる仕様。つまり日付ギリギリに購読してしまうと大変なので、早起きした朝などに購読しておくと安心だ。僕はまさに購読時間で失敗したので、TwitterやDribbbleでお題を調べている。

「Daily UI」のために必要なもの

「Daily UI」を始めるために準備するものは、まずはメールを購読すること。そして、デザインツールを揃える必要がある。

おすすめのデザインツール

1つ目は「Figma」。ブラウザベースで使えるデザインツールで、近年メキメキと成長、UIデザイン業界でシェアを広めている。しかも、個人利用は無料で大体の機能を使える。最強!

2つ目は「Sketch」で、AppleやFacebookも御用達のツール。「Figma」に移行する前は大変お世話になっていた。お値段は1ライセンスあたり年間99ドル。そして、Macしか対応してないので注意が必要。

3つ目に紹介するのは「Adobe XD」だ。なんと2018年5月から無料でも使えるようになった。こちらは気軽に始められる上に、Adobeの他アプリと親和性が高いのが魅力的。

【学生の方は必見】SketchとFigmaには学割あり!活用しましょう

これらのツールは、どれも機能としては同じレベルで完成度が高い。迷ったら無料のFigmaかAdobe XDからはじめてみるのがおすすめ!

まとめ

僕は、記事執筆時点で「Daily UI」をはじめてから25日が経過した。隙間時間にインプットをiPhoneで行い、アウトプットをしている生活も馴染んできた。100日間はとても短いようで長い。いかに時間がない中で、続けるかが勝負そう。

個人で頑張るのもよし、仲間と一緒に始めるのもよし、励まし合いながらがんばりましょう!インプットもアウトプットは楽しいし、自信もスキルもつく素晴らしいチャレンジだと思う。興味がある人は始めやすい環境は揃っているので「Daily UI」を思い切って始めてみてはいかがでしょうか。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし、サポートいただけたら勉強用の書籍の購入にいたします!ぜひ、よろしくお願いいたします😎

17
20歳 / デザイナー / 登録者1万人のYouTubeで「テクノロジーで賢い暮らしをデザインする」をコンセプトにMac, iPad活用術を発信 / 月10万人が読むブログ「YoutaChannel」 / Design College 代表 / Design Chill MC