歌詞を書いてみよう…の、前に

最初に(読み飛ばしOKです)

シンガーソングライターを軸に、作曲やアレンジ、最近では映像の仕事もいただいています。

昔からモノを作るという行為が大好きで、特に音楽を通じて世界と繋がることが好きです。

昨今では、レコード・CDと続いてきた”物としての作品文化”が廃れてきて、ダウンロード配信ですら過去のものとなってきていますね。

楽曲だけでは売れなくなってきている。音楽業界は苦しい時代だと思います。

だけど、その反面でYouTubeだったり、その他のSNSといわれる場で、プロアマ問わず様々な方がオリジナルの作品を発表できる時代にもなりました。

僕はそれはとても良い流れだと感じています。端的に言えば「誰でもがクリエイターになれるようになった」という事ですよね。はしょりすぎかな…?

僕は歌が好きなので音楽の話をしますが、歌ってとても素晴らしいなって思います。

歌には歌詞があるから、純粋な音以外にも、言葉を使って表現できる。

音と言葉で作り上げる世界って、独特の魅力がありますよね。

東京に出てきて、色々な場所で歌わせて頂いていると、多くのミュージシャンと出会います。

プロとして活動している方、プロを目指している方

そして、仕事とは違うライフワークとしてライブ活動をしている方。

お一人お一人が、素敵なオリジナル曲を持っていて、いつもワクワクしますが、その中で気づいた事があるんです。

歌って、作り手の立ち位置や状況によって、歌詞の方向性が変わってくるんだと。

例えばメジャーを意識するという事は、イコール”売れる曲を作る”という事になると思いますし、特に最近はその傾向が強くなってきていると思っています。

多くの人が共感する作品だったり、エンターテイメント性が重視される傾向がありますよね。

翻ってビジネスとは別で歌われている方のオリジナル曲は、共感やエンタメ性よりは、もっと個人的な内容だったり、所謂”キレイゴト”ではない感情を生々しく表現した楽曲だったり、売れることよりも表現することや、自身の肌に合う歌を歌われる傾向があるように感じます。

そして、僕は後者の楽曲も結構好きなのです。

数年前に、作詞未経験の友人に作詞のレクチャーをした事がきっかけで、書くだけでなく教える事の楽しさにも気が付きました。

”売り物としての歌”ではなく、より日記のような存在というか、自由な感覚で書いた歌って、僕はとても良いなと思います。


まずは遊びの感覚で、書き始めてみてはいかがでしょうか。


長くなってしまったので、具体的な書き方は次回書きます。


ではでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
島根県松江市出身のシンガーソングライター、アレンジャー。ボーカル講師、番組ディレクター、CM監督などもしています。クリエイターとして世の中と関わっていく事が好きみたいです。 しばらくは読み専です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。