見出し画像

ギフトマスクができるまで。

あなたの大切な人へ、あなたのやさしさが届くマスク
「売りよし、買いよし、世間よし」
近江商人の有名な言葉三方よしです。

私達は売りよし、買いよし、世間よしとなるマスクを売ろうと決め、
全力で走り始めました。

企画の内容についてはこちらの記事を見て下さい。


少し説明が続きますが、このマスクの発売の経緯、そして今の日本の現状を知って頂くためにも、しっかりと内容をお伝えしたいと思い、少し長い文章になりましたが最後まで読んで頂けると幸いです。



・全ては衝撃の一言から始まりました

「仕事がなくて、会社を休ませようと思っているんです」

この言葉からこのマスクの企画はスタートしました。
場所は繊維の街、広島県福山市にある縫製業を営む会社の一室。

この世情の中、どの業種でも大打撃を受けており、縫製業も例外ではありませんでした。

4月1日の午後、私は藍染の工房として使える空き家を探しており、以前からお世話になっている福山市駅家町で縫製業を営む株式会社ボヴィスさんへ近所に空き家がないか聞きに行きました。
特に連絡して行ったわけではなく、ふらっと訪れたのです。


片岡 : 「どうですか、最近は?」


田中 : 「片岡さん、仕事がなくて、会社を休ませようと思っているんです」


この言葉を聞き、本当に衝撃を受けました。

「会社を休ませる」

決してテレビの中のニュースではなく、目の前の事なのです。
咄嗟に私は、

「マスク作りませんか?」

そう話しました。


私にできることはプロダクトデザイン。
ボヴィスさんは布製品についての製造。

今、日本でマスクが無くて困っている人が沢山いる。
今、自分達ができる事を、圧倒的なスピードでやろう。
その日の内に、この2社でマスクを作ることが決まりました。




・三方よしのマスクを作ろう

売りよし、買いよし、世間よし。

近江商人の言葉「三方よし」です。
私が好きな言葉です。
このマスクを企画する上で、この言葉を全ての中心において企画を考えていきました。


売り良し
工場さんに仕事をお願いでき、仕事が埋まる、会社を休ませずに雇用も守る事ができる

買い良し
お客様が買うだけでなく、買うという行為が誰かの役に立つようにしたい
皆が笑顔になれる仕組みを作りたい

世間良し
地元の困っている施設、学校などの団体に寄付をする
地域に支えられてこそ、私達は存続できている
今こそ地域の為に何か行動したい



どうやったら、その仕組みが作れるだろうか。
ひたすら考えました。
考えたのが、「ギフトマスク」のアイデアでした。




・ギフトマスクとは?

もし、僕が両親とは別々に暮らしていて、母親がマスクが無いと言っていたら、買って送ってあげたい。
逆も然り。
そう思うのです。

皆さんそれぞれに大切な人がいると思います。
親、子供、友人、恋人、同僚、そんな大切な人が困っていたら、助けたいと思うのは自然な考えではないでしょうか。

そんな皆さんのやさしさを形にしたいと考え、

マスクを買う事で、誰かが喜んでくれる仕組みができたら、すごく素敵だなと思ったのです。

そこからアイデアを磨き上げ、最終的に辿り着いたのが、

1件の注文に付き、1枚のマスクを私達が代わりに贈ろう

という企画が出来上がりました。
もちろんマスク代と送料、そして発送作業は弊社が負担を致します。
正直に言うと、2枚送ってしまうと完全に赤字になってしまうので、申し訳ありませんが1件の注文で1枚が限界の枚数でした。

お客様が「ギフトマスク」を誰にも贈らない場合、その1枚は私達が住んでいる福山市でマスクを必要としている方に寄付をします。
今まで沢山地域に支えられてきました。
今こそ協力し合い、地域に貢献をしたいと考えたのです。
販売数が増えれば、日本のマスクを必要としている方にもお送りしたいと考えています。

このマスクを買う事で、大切な人や日本のどこかの人が笑顔になる。
人の役に立つ事ができる。
今、日本に必要なのは皆で支え合う事だと思いました。




・仕事を創るという事

株式会社ボヴィスさんはマスクの製造を担います。
私の会社、株式会社KCPは販売管理を担います。
発送業務は仕事が薄い仕事仲間にお願いする手配が整いました。

まずは顔が見える人に仕事を分配し、皆で支え合い、なんとか生き延びよう。
自分達の未来を他者に委ねるのではなく、自分達が今できる事を精一杯やろう。


仕事を創ろう。

プロダクトデザインの株式会社KCP、縫製のプロの株式会社ボヴィス。
私達は、互いの強みを活かし、皆で支え合える仕組みを考え、本気でこのマスクに取り組みました。



・製品について

製造工程については株式会社ボヴィスさんに協力頂き生産性の良い設計に仕上げる事ができました。

株式会社ボヴィスさんの社内の皆様に本当に協力頂きました。
私一人ではこの仕様や生産工程は思いつけません、考えつく事もできませんでした。
株式会社ボヴィスさんの従業員の方には心から感謝申し上げます。




・マスクの形状と機能面について


・表面

画像1

見た目は不織布のマスクと同じような見た目にデザインしています。

画像2

画像3




・内側

鼻の部分はプリーツの形状を使い顔の形にフィットするようになっています。

画像5

画像6

画像7


この形状により鼻部分の隙間が少なくなりました。


・表面と内側の間

画像8

横からフィルターを入れれるようにしています。
今後、抗菌ガーゼやウィルスの侵入を防ぐフィルター等も市場に供給され始めますので、その際にも対応できる形状にしております。



・着用している画像

大きさについては、男女兼用サイズに仕上げており、
・男女兼用
17cm×13.5cm(プリーツを広げた状態の長さ)
です。

画像9

画像10



子ども用と顔が小さい女性用としてのサイズもご用意致しました。
・子ども用、顔が小さい女性用
14cm×10.5cm(プリーツを広げた状態の長さ)

画像11


・生地について
素材は綿100%の生地を使用しております。
ガーゼ生地より目が詰まっており、適度な張りと通気性によりマスクに向いた生地です。


・生産体制について
現在、生産体制を日々強化中です。
このマスクは、工場さんからほぼ毎日仕上ってきます。
よって日々仕上ってくる在庫をウェブショップに随時追加できるという点が特徴です。

来週中(4/13 - 4/17)は発売スタートの慣れない状況があり、在庫の追加は難しいと思いますが、
4/20(月)からはほぼ毎日在庫を追加できる体制になっています。
在庫の追加の情報を皆様にお伝えする手段は下記に記載しております。

さらに安定した生産体制を確保すべく、資材の安定調達や日々生産性を上上げる努力を行っております。


・注文スタートと発送時期について
注文はこちらのサイトから、本日4/10(金)から受け付けております。
初回のみ4/16(木)から発送予定。発送まで少し時間がかかり、申し訳ございません。
最初の在庫が完売しても、随時在庫は増えていきますのでご安心ください。
その後の追加生産分については、注文からお届けまで3日~5日営業日程度を予定しております。
(土日祝日を除く)


・商品の受け取りについて
配達員さんからの受け取りの必要は無く、ポストに投函されます。


・販売について
販売方法についてはこちらのウェブサイトのみで販売を行います。

仕上がった在庫4/20(月)からほぼ毎日販売サイトに追加する仕組みにしております。
またこちらのTwitterアカウントにて在庫状況や在庫の追加のタイミングの情報を随時更新し、お伝え致します。


今は在庫切れの場合でも、随時在庫は追加されますのでご安心ください。


・私達について
・株式会社ボヴィス(広島県福山市駅家町)
生地の裁断から縫製まで一貫して生産が可能。
現在は子供服からメンズレディースのカジュアルウエアまで幅広く生産を行っております。
・株式会社KCP(広島県福山市加茂町)
プロダクトデザインの会社。布を使ったプロダクトデザインが主。
昨年1年間藍染めの仕事に携わり、藍染めに魅了され、今年から藍染めを行いたく、藍の染料の基になる植物「蓼藍」を育てている。

・メディアの方、弊社へ問い合わせしたい方へ
お問い合わせ等の窓口は株式会社KCPが窓口となっております。
こちらの問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
また、このnoteの記事に使っているテキストと画像はライセンスフリーです。ご自由に使用して頂いて問題ありません。


・最後に

この国難をどう乗り切るか。
1人1人の行動にかかっていると思います。

今は、医療現場を最優先し、医療用のマスクが現場へ十分共有するまで資源を集中させないといけないと思います。

その為にも、そして地域の経済活動の為にも、このマスクを売ることは使命だと感じております。

皆さんの優しさ、思いやりをマスクという形に代えて、大切な人に届き、1人でも多くの方に笑顔になってもらえたら最高の仕事だと思っております。

株式会社KCP
片岡陽介

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
Yosuke Kataoka Design プロダクトデザイナー 布製品専門のプロダクトデザイン。 https://www.yosukekataoka.com/ instagram→https://www.instagram.com/yosuke_kataoka_design/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。