見出し画像

ストーリー(物語)の力を使って、必死にセールスせずとも、ファンを次々と増やして自然と商品やサービスが売れ続ける起業家をたくさん排出したい私の「#自己紹介」記事

はじめまして。佐藤洋介と申します。

私の自己紹介も兼ねて、
私自身の以前のお話を書かせていただければと思います。

少しだけお付き合いください。

私は実を言うと、重度のうつ病患者でした。

サラリーマン時代に過重労働などが原因でうつ病を発症し、それが深刻化。

10年近くに及び、まともに働く事ができない日々を送っていました。

その間に、7度の失業、働けなくて全財産800円の極貧暮らしで、離婚して最愛の息子と引き離され、ローンが払えなくてマンションを没収されて、2回ほど首を吊り死にかけました。

体調の良い時に知人の、知人の、また知人、という形で転職相談に乗って、ちょっとだけお金をもらったりしていたのですが、

大した収入にはならず、離婚した元奥さんからもらった結納返しの時計などを質屋に売ったり、お気に入りだったDVDをメルカリで売ったりなどして、ギリギリの状態で暮らしていました。

これが私の「日常」だったのです。

「もう自分の人生は終わりだ・・・。」

そんなことを考えている中で、その時に、当時のメンターのWEBサイトをたまたま見つけました。

何でも、その人は、それこそ重度のうつ病患者で、何度も自殺未遂したそうですが、そこから這い上がり、当時で年商数億円を稼がれているということでした。

その方が、インターネットマーケティングとコンサルビジネスを教えるセミナーを開催するとのことで、とても興味を持ったのです。

もう貯金もほとんどなく、その日の食事代すらあるかどうか疑わしいほどお金がなかった私は、そのセミナーに行こうか悩みました。

でも、どうせ私はうつ病で働くことのできない身だし、

「行っても参加費や交通費がムダになるだけなのではないか」

とか、

「騙されたりしたらどうしよう」

などと不安になり、申込を止めました。

しかしながら、どうしても気になるのです。

その人が自分と同じような過去を持つ人だったこともあり、

もしかしたらすでに終わりかけている自分の人生が変わるかもしれない、もう失うものは何もないのだから、

と考え直し、最終的にそのセミナーに行くことにしました。

といっても、参加費がないので、うつで重たい身体を引きずって、商社の巨大冷凍庫で荷物を運ぶ日雇いのバイトをして6千円稼ぎ、そのお金で参加することにしました。

そして初めて、メンターとの出会いがあったわけですが、セミナーは本当に面白く、

インターネットマーケティングって面白いんだなあ、

夢のある世界だなあ、と感激しました。

そしてセミナー終了後、勇気を持ってメンターに個別に話しかけに行って、

自分がうつ病で、もう10年近くも、ろくに働くことができていないこと、

もうこのまま自分の人生は終わってしまうのではないかと絶望していることを話しました。

そうするとメンターは、

「あー、俺もそうだったなあ」と言いながら、

「本当に人生を変えたいなら俺のコンサル生になるか?どうせお金ないんだろ?本当のところ、コンサル料はかなり高いんだけど、特別に成果が出たらでいいよ。いつか楽勝に稼げるようになったら返してくれ。その代わり、うつ病で働けないとか言って、途中で諦めることは絶対にするなよ」

と言いました。

私は2つ返事で、

「ぜひやります!やらせてください!」

と答え、メンターからビジネスを教わることになったのです。

そして、ひとり起業家として、マーケティングコンサルタントとして、独立することになりました。

(失業者だったので「独立」という言葉があっているかわかりませんが)

そこから私は、うつ病がまるでどこかに行ってしまったかのように、猛烈に学び、猛烈に仕事をしました。

自分の人生を何とか変えたい、そんな想いで一杯だったのです。

でも、コンサルティングのやり方は会社員時代にやっていたのである程度分かりましたが、

インターネットマーケティングの世界は難しく、何度も壁にぶつかりました。

知識も経験もほとんどないので、壁にぶつかった時に、どうやっていいかが、まるでわからないのです。

メンターは

「考える事を諦めるな」

と言い、答えは教えてくれませんでしたが、私が壁にぶつかるたびに話をじっくりと聞いてくれて、ちょっとしたヒントを出してくれました。

そのヒントを手掛かりに、少しずつ、前に進むことができました。

また、メンターの元コンサル生で、すでに成功している方も応援してくれて、食事に連れ出してくれたりしながら、相談に乗ってくれたりしました。

しかしここで当時の最大の試練が待っていました。

独立・起業したい人向けにコンサル商品を作ったのですが、実績0で、知名度も0の私に、コンサルをお願いする人間など皆無でした。

それはそうですよね。

いわゆる「ファーストキャッシュ(初売上)の壁」です。

どんなにブログを書いて、少しだけいたメルマガ読者にメールをしても、うんともすんとも言わないのです。

本当にこの期間は辛くて、悔しくて仕方ありませんでした。

セミナーを開催しようと思い、ほとんどないお金から捻出して、時には日雇いのバイトをして小さなセミナールームを借りるのですが、誰も来てくれないのです。

「やはり自分には無理なのか・・・。自分は人生の落伍者なのか・・・。」

そんな考えがよぎり、またうつ病で寝込む日々が待っているのか、

と考えましたが、そこでメンターから、ある一言を言われました。

それは、

「商品を売ろうとするな、ストーリー(物語)で集めて、ストーリー(物語)で売るんだ」

という言葉でした。

何のことか最初はさっぱりわからず手探り状態でしたが、思いついたままに、

自分の半生や、なぜひとり起業家になったのか、

どんな想いでやっているのか、これからどうしていきたいのか、顧客にはどんなふうになって欲しいと考えているのか、

などを情報発信するようにしたのです。

そして、しばらくするとある日、セミナーの申込が2名、入ったのです。

本当に信じられませんでした。

そして、セミナー開催の日、参加してくれたのは会社員の方2名でしたが、その2名に、

・インターネットマーケティングとは何か、
・コンサルビジネスとは何か、
・この商品をどんな想いで作ったのか、
・作るまでにどんなプロセスがあったか、
・今、まさに自分が独立に挑戦している最中である

ことを正直に話しました。

そうしたところ、何と1名の方が、

「わかりました。自分はどちらかというと、ずっと先を行っている有名な先生から教わるよりも、少しだけ先を進んでいる人から近い距離で教わりたい。コンサルタントとして独立したいから、あなたにぜひ教えて欲しい

と言っていただき、初契約を結ぶことができたのです。

この時の嬉しさは一生忘れられないくらいのものでした。

それから私は、「ストーリー(物語)の力」に魅せられて、研究をはじめました。

そして、

「商品やサービスを売らずに、ストーリーで売る」

という独自のストーリブランディング戦略を確立し、やがて人にそれをひとり起業家さんやフリーランスの方々に教えていくようになりました。

その蓄積を、このnoteで発信していければと思います。

ちなみに私には。大きな夢があります。

それは、

「日本一の物語マーケッター&コピーライター(ストーリーブランディング・ライター)になり、起業家の方々のビジネスに物語の力を導入し、売上UPへの貢献ができるようになること」

そしてもう1つの大きな夢は、

「うつ病で一度人生が崩壊してしまっても、必ずまたやり直せるということを自分の身をもって証明すること」

です。

実を言うと、今でも時折ですが、うつ的な気分になり、調子が悪くなる時があります。

だいぶ軽くなってきているので、少しゆっくり休めば復活できるようになりました。

仕事に支障をきたすようなことはございません。

このうつ病とは一生付き合っていかなければならないようです。

でも、そんなハンデを背負った人間でも、しっかりと輝いて生きていけるんだということを、身をもって証明していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ようすけ@ストーリーブランディング・コピーライター
「人の心を魅了する”ストーリーライティング”の力」で消費者から応援される企業や起業家を増やす、をミッションとして活動しています。物語ライティングで起業家や経営者のストーリー型プロフィールを作る事業と、物語ライティングのスキルを養うためのコンテンツ制作や講座事業を行っています。